信仰を守り続ける美しい教会崎津天主堂は和と洋が混ざり合った場所

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

海辺にあるからロマンチックで素敵な景色なんよ

出島があり西洋文化の発信地であったことから、古くからあるモダンな建築物が立っている事も多い長崎県。そんな長崎県の港町にある津崎天主堂はキリスト教迫害の歴史を知る上でとても重要な場所です。また、教会自体の見た目も非常に素敵なので、単純に観光地としても楽しめる場所でオススメ。そんな津崎天主堂について紹介します。

踏み絵が行われた地に立つ教会

津崎天主堂は鉄川与助という長崎の建築家によって設計されたものです。現在の建物は昭和9年のフランス人のハルブ神父の時代に再建されました。

再建場所は吉田庄屋役宅跡。ここはキリスト教弾圧の象徴とも言える絵踏みが行われていた場所であり、現在祭壇が置かれている所では特に厳しい絵踏みが行われていました。現在の天主堂はこの地へ再建をハルブ神父が希望し実現したものです。

独自の信仰を築いたゴシック様式の教会

文化遺産にも登録された

この天主堂を語る上で書かせないキーワードが潜伏キリシタン。潜伏キリシタンとは、禁教時代に表面上は普通の生活を送りながらも信仰を捨てることなく、密かにキリスト教を信じ続けた人々のことを学術的に指す言葉です。

また独自の対象を大切にすることや、信仰をしやすい移住先を選ぶことなどを「潜伏キリシタンの伝統」と呼びます。長崎の天草地方の潜伏キリシタン関連遺産は近年世界遺産に登録されました。

マリア像が見守る

敷地内にはマリア像が240年の弾圧に耐えた信徒を見守るように立っています。また天主堂内にも祈りを捧げる場所が安置されています。

また付近の集落にある海辺に佇むマリア「海上のマリア像」も面白いスポットですが、海に向かって立っているため横からの姿しか見えません。正面から見ようと思えば船のチャーターが必要となります。

畳の上をステンドグラスが煌めく

日本では少ないゴシック様式の建物は、尖塔に十字架が掲げられ窓は美しいステンドグラスになっており、外部から見ても内部から見ても楽しめます。

堂内は珍しいことになんと畳敷き!ゴシック建築と日本文化が混ざりあった地域らしい作りで興味深いものになっています。クリスマスシーズンにはライトアップが行われます。周囲は素朴な漁村のため、他に派手な建物がない分ここのイルミネーションがよく見えて楽しめますよ。

教会をかたどったこんな商品も

天草にある精神障害を抱える人の作業施設「天草きぼうの家」では、天草さをり織りのパッチワークで津崎天主堂を描いたトートバッグが販売されています。

なんと御朱印も授与できる

最近集めている人も多い御朱印ですが、ここではなんとキリスト教の教会である津崎天主堂の御朱印をいただくことが出来るんです。

キリスト教のものはかなり珍しい

これは長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に登録されたことを記念したものです。

崎津集落にある仏教・キリスト教・神教の三宗教の御朱印をいただくことが出来ます。キリスト教の御朱印はなんと世界初!

せっかくならこ御朱印帳も

御朱印は曹洞宗の寺・普應軒で3ヵ所分全て頂くことができ、またここで御朱印帳も授与することが出来ます。デザインもなんと4種類から選べますよ。

潜伏キリシタンたちを守った日本らしい神道と仏教の融和と、禁教時代にキリストだけでなく神や仏にも祈りを捧げていた思いを追体験してほしいという意味が込められています。

港町をモダンな雰囲気にする

周囲には大きな港

外界と隔離させた地域であるため、島原の乱の情報が伝わらずに一揆に参加することなく、荒廃することもなかった津崎地区。

キビナゴ漁が盛んな漁村であり、海辺の景観とゴシックな教会が出島があり、西洋文化が息づく長崎らしさを見せてくれる場所です。

潜伏キリシタンの伝統が伝わる

宗門改や寺請制度の始まりや、鎖国された環境で行われる抜け荷や密航を監視する役人が居るようになったこともあり、潜伏キリシタンは仏教徒を装うようになりました。

そんな中アワビやタイラギの貝の模様をマリア像に見立てて祈りを捧げるという行為や、海路しかなく隠れやすいことからこの場所に住むという行為はまさに「潜伏キリシタンの伝統」と呼ばれる行為です。

海風を楽しもう

津崎天主堂の近くにある教会の見えるチャペルの鐘展望公園。園内は漁村をイメージした魚のモチーフと、キリスト教をイメージした十字架のモチーフが使われています。

円形ステージの周囲には130人ほど座れるスペースが作られており、結婚式やコンサート・礼拝などに利用することも出来ます。

展望台から周囲を一望

この公園の展望台からは特に夕暮れ時が美しく、天主堂と合わせてみればポストカードのような完成された光景を見ることが出来ます。

東シナ海や羊角湾もよく見えるので晴れた日に津崎天主堂に来た際には、一緒に立ち寄ると楽しめるスポットです。

住所|〒863-1204 熊本県天草市河浦町崎津295
営業時間|なし
定休日|無休
電話|096-333-2537
公式サイトはこちら

キリスト教の町天草

潜伏キリシタンの多かった町

出島があることから、いち早くキリスト教文化が伝わってきた長崎ですが、その中でもキリシタンが多かった土地である天草地方。

禁教時代にもたくさんの人々が信仰を捨てることなく、弾圧に耐えてながら暮らしていた場所です。

地域の文化や歴史を学べる場所

昭和11年に立てられた旅館みなと屋を利用して作られた津崎の文化や歴史を紹介するための施設、﨑津資料館みなと屋。建物の内部は旅館の頃の雰囲気が残る面白い作りになっています。

室内には潜伏キリシタンの信心具はもちろん、漁業により発展してきた﨑津の歴史について知れる資料館です。2階からは崎津天主堂も見ることが出来ますよ。

住所|〒863-1204 熊本県天草市河浦町崎津463
営業時間|9:00~17:00
定休日|12月30日・31日・1月1日
電話|0969-75-9911
公式サイトはこちら

島原城は絶対に外せないスポット

長崎県のキリスト教弾圧の歴史を語る上で欠かせないのが島原の乱の舞台となった島原城。

歴史上最大規模の一揆であった島原の乱は従来は重すぎる年貢が原因であると言われていましたが、近年は宗教的な要素があったとの見方が強まっています。

この事件によりキリスト教徒たちは信仰を隠し、潜伏キリシタンとして振る舞うようになりました。

住所|〒855-0036 長崎県島原市城内1丁目1183−1
営業時間|9:00~17:30
定休日|年中無休
電話|0957-62-4766
公式サイトはこちら

他にも歴史を学べる施設がたくさん

キリスト教の伝来から布教、そして禁教弾圧を経て再び公に信仰されるようになるまでの歴史が丁寧に展示されています。禁教時代の隠れ部屋が再現されたコーナーはリアリティがあり考えさせられることでしょう。

またキリスト教関連だけでなく天草の歴史や自然などについて学べるコーナーや、併設されている天草市立天草玩具資料館では天草に伝わる玩具のバラモン凧をはじめとした全国の民族玩具などが3000点以上展示されています。中には歴史的にも価値があるものも含まれていて一見の価値ありですよ。

住所|〒863-2801 熊本県天草市天草町大江1749
営業時間|8:30~17:00
定休日|12/30~1/1
電話|0969425259
公式サイトはこちら

崎津天主堂へのアクセス

公共交通機関の場合

JR熊本駅から行く場合はすぐ近くにある熊本駅前のバス停の2番乗り場から九州産交バス快速あまくさ号に乗車して約2時間20分。その後本渡バスセンターで降り牛深市民病院行きに乗り換え約50分進みます。一町田中央下車後は下田温泉行きに乗り換え20分で最寄バス停につきます。最寄バス停は教会入口です。

車の場合

熊本市から行く場合は車で2時間40分、国道266号線を利用します。九州自動車道松橋ICからは車で2時間10分程度、天草空港から車で45分と比較的近距離です。

また津崎天主堂には駐車場はありません。近隣の駐車場を利用してください。下町南ら駐車場は9台と他より多目の台数を収容でき、車イス用の駐車スペースもあるので便利です。

住所|〒863-1204 熊本県天草市河浦町崎津539
営業時間|9:00~17:00
定休日|臨時休館日あり
電話|0969-78-6000
公式サイト|なし