グリコピア神戸で大人気のお菓子の工場見学を楽しもう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

お菓子の世界が待ってるで~

観光人気の高い神戸の街ですが、ぜひ足を運んでほしいスポットの一つがグリコピア神戸。大人気のお菓子工場で、観光客もたくさん足を運ぶ名物スポットになっています。ここでは、グリコピア神戸の魅力や楽しみ方などを包み隠さずご紹介しましょう。

グリコピア神戸の魅力を徹底的にご紹介

大人気のお菓子の工場

グリコといえば、日本を代表するお菓子メーカーの一つ。そのグリコが運営している工場で、天候に関係なく楽しめるスポットとして今注目を集めています。近年では工場見学が人気となっていますが、関西エリアにある数多くの工場の中でも特に人気なのだとか。なかなか見学の予約が取れないことも人気を裏付けています。リニューアル後にはオリジナルのビスコが作れる体験施設なども増え、より魅力がアップしました。

ファミリーにおすすめ

工場見学は無料なので、子供を連れた家族にも大人気。お得に家族で楽しめるスポットとして人気を集めています。普段口にしているお菓子が作られるプロセスを学べるため、子供の食育にもなるでしょう。懐かしいお菓子のパッケージなども展示されているので、大人も十分楽しめます。

グリコワゴンがお出迎え

工場前は駐車場と広場になっていますが、そこでひときわ目を引くのが赤いグリコワゴン。ポッキーやジャイアントコーン、パピコなどグリコ自慢のお菓子がついています。可愛らしい見た目はとてもフォトジェニックなので、写真撮影におすすめ。近くの小さな広場はグリコのハート型で、ポッキーを模した旗が立っているのも注目ポイントです。

大人気の工場に行ってみよう

お菓子が作られている工場

駅からは少々離れているため、ほとんどの方は車で訪れています。駐車場の入口にスタッフがいるので、名前を伝えて入りましょう。館内のエントランスはきちんと掃除が行き届き清潔感のある空間に。ほのかにチョコの香りがただよい、お菓子工場にいることを実感させてくれます。予約開始の20分前に入ることができるので、早めに行ってエントランスでのんびりするのもよいでしょう。

ウェルカムホールで観賞しよう

工場見学はエントランスのウェルカムホールから。グリコが誕生するきっかけやチョコができるまでのプロセスなどを映像で流しています。ソファはゆったりとした造りなので、のんびりとくつろぎながら鑑賞できるでしょう。ギターも展示されていますが、どれもグリコに縁のあるアーティストのサイン入りです。

お菓子を作っているところを見学しよう

トンネルをくぐればいよいよ見学がスタートです。ポッキーとプリッツがどのように作られているかを見学できます。少人数で周ることができるので、じっくりと見学できるのは魅力的。窓ガラスは低く設計されているため、小さなお子さんもしっかり見学できます。知っているお菓子が作られる様子は子供にとっても興味を引くもの。夢中になって見学している子供もたくさんいます。製造ラインの撮影はできないので注意してください。

当時の自動販売機など貴重なものも

創業者である江崎利一氏の像があります。その隣には、レトロな雰囲気満載の自動販売機が。画像付きの自販機で、10銭入れると短い動画が観られます。このタイプの自動販売機は昭和の時代に登場し、大きな注目を集めました。当時は自動販売機で購入するために行列ができたともいわれています。

館内にはユニークな遊びがいっぱい

懐かしのおもちゃが勢ぞろい

3階には歴代のおもちゃや歴史が学べるコーナーがあるので、製造ラインを見学した後はこちらへ。グリコの歴史を年表にしてあるので分かりやすいです。時代ごとのグリコのおもちゃを展示してあるので、子供の頃に持っていたおもちゃが見つかるかもしれません。昔懐かしい気持ちにさせてくれること間違いないでしょう。

デジタルクッキングで自分だけのお菓子を作ろう

ゲーム感覚で楽しめるデジタルクッキング。画面上でオリジナルのお菓子が作れます。子供から大人まで楽しめるので、家族でトライしてみましょう。なお、撮影は禁止です。グリコかポッキーかを選べ、トッピングや形を好みで決めるとオリジナルのお菓子が画面上で完成します。最後に、みんなの作った作品が正面のスクリーンに映し出されます。

隠れグリコを探してみよう

いたるところにグリコのマークが潜んでいます。見学をしつつグリコのマークも探してみましょう。意外な場所で見つけると思わずうれしくなります。ゴールインした瞬間のポーズがグリコマークのベース。グリコのテーマである健康につながっているのだとか。また、トイレの標識がグリコのマークになっているのもぜひ見ておきたいポイントです。

ビスコ作りにチャレンジしよう

ビスコ作りは見学のあとに体験できます。リニューアルの目玉であり、できたてのビスコを食べられると大人気。ビスコファンにはたまらないでしょう。クッキングスペースという手作り体験用の部屋があり、ここで作ります。部屋はガラス張りになっているので、子供が体験しているあいだ大人は外から見守ることも。10時と13時スタートの工場見学に申し込んだ人しか体験はできないので注意が必要です。

フォトスポットもある

3階のホールには、行列ができるような写真撮影スポットがあります。ポッキーやプリッツの中から顔を出して撮影できるとあり大人気。個性的でインスタ映えする写真もきっと撮れるでしょう。日付も入るので、訪れた記念に撮影してください。見学のあとには自由見学できる時間が設けられており、ガイドさんもいます。そのため、写真撮影をガイドさんにお願いすることも。家族やカップルで訪れている方もガイドさんに写真をお願いしてみましょう。

オリジナルのグッズをゲットしよう

グリコグッズが充実

定番のお菓子が勢ぞろいしているほか、新製品が並ぶこともあります。グリコならではのデザインのグッズが充実しているので、お土産や記念に購入してみましょう。限定グッズもあるので、お土産に買ってあげるときっと喜ばれます。

うれしいお土産も

見学前にもらったストラップカードを渡すと、お土産としてプリッツをもらえます。ここの工場で作られたものなので、何ともいえない特別感も感じられるでしょう。パッケージはオリジナルで、グリコピア神戸の建物がデザインされています。こちらもお土産として喜ばれそうです。

工場見学の後はアウトレットモールもおすすめ

三田アウトレットは車で30分ほどの場所にあります。兵庫県内でも屈指の大きさを誇るアウトレットモールなので、ぜひ訪れてみましょう。まるで海外のような街並みが印象的で、オシャレな建物もたくさん建ち並んでいます。高速道路の出入り口からも近いためアクセスのしやすさも抜群。正月の初売りやセール時には高速の出口から渋滞になっているほどです。

住所|〒651-1515 兵庫県神戸市北区上津台7-3
営業時間|AM10:00-PM20:00
定休日|2月第3木曜日
電話|078-983-3450
公式サイトはこちら

グリコピア神戸へのアクセス

車でのアクセス

山陽自動車道の神戸西ICが最寄りとなります。下りてから車で約15分ほどでアクセスできます。

公共交通機関でのアクセス

神戸市営地下鉄の西神中央駅で下車し、神姫バスに乗車してください。高塚台1丁目停留所で下車すれば、そこから徒歩約1分でアクセスできます。

住所|〒651-2271 兵庫県神戸市西区高塚台7丁目1番
営業時間|AM9:30-PM16:30
定休日|不定休
電話|078-991-3693
公式サイトはこちら

まとめ

数多くの観光スポットがたくさんある神戸ですが、天候に関係なく楽しめるグリコピア神戸もおすすめです。大人はもちろん子供も楽しめ、非日常を味わうこともできるでしょう。ここでしか手に入らないグッズも購入できるので、旅の思い出作りにもピッタリ。ぜひ訪れてみてください。