宗像大社中津宮までフェリーで行こう!福岡最大の神宿る島

公開日:2019/5/18 更新日:2019/9/30

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Rinka
福岡出身大分在住、得意エリアは九州全域。どこまでも自動車で行っちゃいます。 夫婦で温泉好き、週末はどこかしらの温泉に出没してます。 甘いものとお魚も大好き、現地のグルメスポットは必ずチェックします。 身体を壊して山登りができなくなったのが、今の悩みのタネ。
宗像大社言うたら一つげな思うとらんやろね?いっぺん海の向こうまで行ってみりい

福岡県宗像市にある宗像信仰の総本山・宗像大社。2017年に「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の一部として、世界遺産に登録されました。宗像大社は、宗像三女神を祀った、3つの神社から構成されています。辺津宮・中津宮・沖津宮それぞれの特徴と、周辺のおすすめスポットを紹介します。

道を司る宗像三女神と宗像信仰

宗像大社は宗像信仰の総本山

福岡県宗像市田島にある宗像大社は、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として、2017年に世界遺産に登録されました。宗像大社は、厳島をはじめとした全国各地にある宗像信仰の総本山としても有名です。

宗像大社はちょうど、福岡市と北九州市の中間あたりに位置しています。実は自動車用交通安全ステッカー発祥の地としても知られる宗像大社。福岡は大陸との交易の要所として栄えた背景もあり、交通の安全を司る宗像信仰が普及したと考えられています。

道主貴(ミチヌシノムチ)とも呼ばれる交通の大神

宗像大社には宗像三女神が祀られています。宗像三女神は道主貴という別名があり、道と交通の神として有名です。日本全国の交通の要所には、それぞれ宗像神社が建立されています。

宗像三女神は三姉妹の神様で、田心姫神(タゴリヒメノカミ)・湍津姫神(タギツヒメノカミ)・市杵島姫神(イチキシマヒメノカミ)という三柱の事を指します。

古事記や日本書紀では姉妹の名前が複数出てきたり、順番が異なる事も多く、さまざまな伝説が残っている宗像三女神。神話ではアマテラスオオミカミが十束剣を噛み砕き吐き出した霧の中から産まれたとされ、アマテラスオオミカミとスサノオノミコトの子だと言われています。

宗像三女神を祀る3つの神社

宗像大社は宗像三女神をそれぞれに祀った、辺津宮・中津宮・沖津宮の3つの神社で構成されています。そのうち2つの神社は、九州本島ではなく離島にあるのが特徴です。

宗像三女神は特に航海の安全を司る神とされています。辺津宮・中津宮・沖津宮の3つの神社をつないで行くと、韓国釜山に続いている事から、昔から大陸との交易ルートであった事がわかります。

宗像大社といえば辺津宮

宗像大社辺津宮は、福岡市と北九州市の中間あたりに位置し、交通アクセスも良好。宗像三女神の三女とされる市杵島姫神は、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の養育係であったため、辺津宮で子守の神様として祀られています。

また、周辺は観光地としても整備されているため、辺津宮はいつも参拝客で賑わっています。

船に乗って大島・中津宮まで行ってみよう

福岡県最大の島・大島

福岡県最大の島・大島は、神守る島というキャッチフレーズで知られる有人島です。大島はさまざまな伝説に由来する神秘的な島で、織姫彦星神社や馬蹄岩という伝説の岩などの話が存在します。

大島までは1日7便のフェリーが往復し、片道は15~25分ほどかかります。事前予約は必要ありませんが、自家用車を乗せて島へ上陸したい人に限り、事前予約が必要となるため要注意です。

多岐都姫命を祀る宗像大社中津宮

大島にある宗像大社の一社・中津宮は、多岐都姫命を祀った神社で宗像大社の中で最初に建立されたと言われています。辺津宮に比べると小振りな印象ながら存在感は充分。山頂には御嶽神社がありますが、こちらは中津宮の奥宮にあたります。島の面積に対して山が険しく、参拝に不便だったために現在の位置に移されました。

大島をぐるりと一周



大島は七夕伝説発祥の地

大島は7月7日の七夕伝説発祥の地であるという伝説が残っており、織姫と彦星がそれぞれ祀られた小さな社が向かい合わせに建っています。町の隅を流れる小さな清流は天の川のモデルとも言われ、中津宮にも流れ込んでいます。

海に浮かぶ小島と鳥居・夢の小夜島

かんす海水浴場の少し奥に浮かぶ小島・夢の小夜島は、海の底から伸びる赤い鳥居がフォトジェニックなスポット。干潮なら歩いて渡る事ができるので、潮の満ち引き時間を確認しておくのがおすすめです。

鳥居が奉納された時期は不明ですが、室町時代に宗祇によって歌われた「浜千鳥 声うちそへて おほしまの 波の間もなく 誰を恋らん」という詩が残っています。

海鮮食堂 海宝丸は食べる水族館

View this post on Instagram

今日は家族で大島(宗像)へ 本当は島へ渡る前に昼食を食べようと…順番待ちが次…までいましたが船の時間に間に合わなくなりそうになりなくなく店を出て… 大島に着いてから行ってみたかった海宝丸❣️すんごいボリューム👍サービスいっぱい❣️漁師のおじさん喋りっぱなし(笑) 食べるのも大変でしたが…そんなこんなで大島の滞在がバタバタで(笑)小走りでした💦 まだ行ってみたいところあったのに…また来ないとなぁ😊 #宗像市 #大島 #海宝丸 #漁師 #おじさん #喋りまくり #サービス満点 #おいしかった #宗像大社沖津宮遥拝所 #天気イマイチ #うっすら #沖ノ島 #見えました #まだ #行きたい場所 #あったのに …#また #来ないと

A post shared by Masae Harada (@chibimasa16) on

大島は観光客のほか釣り人も多く訪れるため、民宿や食堂が数多く営業します。フェリー乗り場からすぐの場所にある海鮮食堂海宝丸は、刺身定食一品のメニューのみにも関わらず大人気。定食はその日獲れた魚によって、日替わりで内容が変わります。新鮮な魚を味わえる刺身以外にも煮魚やフライも楽しめるので、お得感があります。

Address 〒811-3701 福岡県宗像市大島1651
Hours AM11:00~PM3:00
Closed なし
Tel 090-4776-2217
Web なし

世界遺産沖ノ島の沖津宮が神秘的

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

世界遺産としても知られる大島ですが、正確には「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群という、世界遺産の一部に属しています。中心となる沖ノ島は女神が嫉妬するという理由で、古くから女人禁制とされています。

世界遺産に登録されてからは、一般人の立入が禁止され、10日交代で神職者が滞在するだけという孤島です。そのほか、一部の研究者が時折上陸する事はありますが、木や草・石など何一つ持ち帰ってはいけないという、厳重に守られた神秘的な島なのです。

田心姫神を祀る沖津宮

沖ノ島には、田心姫神を祀った沖津宮が建立されています。国宝級の宝が10万点以上収められており、別名・海の正倉院と呼ばれています。そのうちの3割ほどが現在は辺津宮にて所蔵されていて、誰でも閲覧する事が可能です。

大島から沖ノ島を眺める神秘スポット沖津宮遥拝所

世界遺産に登録された沖ノ島、現在上陸する事ができませんが、沖ノ島の方に向けて建てられたという参拝所に訪れる事はできます。参拝所は大島にあり、天気が良ければ沖ノ島を眺める事もでき、景色は抜群です。

沖津宮遥拝所の公式サイトからは、VRパノラマを使用して沖ノ島を空から眺める事ができます。

Address 〒811-3701 福岡県宗像市
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web https://www.okinoshima-heritage.jp/

宗像観光におすすめの道の駅むなかた



辺津宮にほど近い場所にある道の駅

宗像大社辺津宮周辺で買い物をするなら、道の駅むなかたがおすすめです。辺津宮周辺からは車で約5分の距離にあり、近隣地域の名産品や魚介類が豊富に取り扱っています。

大島の特産品であるアカモクや天然サザエを買う事もでき、お土産選びにも最適です。お目当ての品がある場合など、事前に公式サイトを見れば入荷情報を確認する事もできるため便利です。

近隣の名産品をたっぷり買える人気スポット

道の駅むなかたでは、福岡の定番土産めんべいも購入可能。ご当地限定の宗像バージョンである「わかめんべい」や「あなごめんべい」といった、その土地でしか買えない独自のお土産も並びます。

お土産のほかにも、グルメスポットも要チェック。おふくろ食堂はまゆうでは、玄界灘で捕れた魚を使ったボリューミーな料理が楽しめます。新鮮なお刺身を使った玄海茶漬けセットはおすすめの一品です。

また、道の駅むなかた近隣にあるクロマツ林にも注目。さつき松原というクロマツ林は、散歩やドライブにおすすめのスポットとなっています。

宗像大社中津宮へのアクセス

車でのアクセス

大島まではフェリーに乗船するため、まずは神湊渡船ターミナルを目指します。車で行く場合、福岡市から国道3号線を通り、約1時間で神湊渡船ターミナルに到着します。また、北九州市からは国道495号線を通り約1時間で神湊渡船ターミナルに到着です。

電車でのアクセス

大島からのフェリーに乗船するために、神湊渡船ターミナルまで電車で行く場合、まず最寄り駅の東郷駅を目指します。博多駅からは鹿児島本線を利用し約30分、小倉駅からは鹿児島本線を利用し、約40分で東郷駅となります。東郷駅からはバスに乗車し、約20分で神湊渡船ターミナルに到着です。

フェリーでのアクセス

宗像大社中津宮へ向かうため、神湊渡船ターミナルから大島までフェリーに乗船します。フェリーは1日7往復で、事前予約は不可。自家用車をフェリーに乗せる場合は予約が必要となります。大島港ターミナルから宗像大社中津宮までは、徒歩約5分で到着します。

Address 〒811-3505 福岡県宗像市田島2331
Hours なし
Closed なし
Tel 0940-62-1311
Web http://www.munakata-taisha.or.jp/index.html

まとめ

宗像大社は初詣の定番や、観光スポットとしても人気ですが、実は辺津宮・中津宮・沖津宮の3つの宮から構成されている事は意外と知られていません。離島に建立された2つの神社のうち、1つは足を踏み入れる事が叶いませんが、宗像大社中津宮にはフェリーで向かう事ができます。

中津宮への参拝はもちろん、観光やグルメも楽しめる大島まで、足を伸ばしてみるのがおすすめです。