梨花洞壁画村は映えの宝庫?芸術も絶景も楽しめる満足スポット

トラベルパートナー: Ayumi

和歌山出身。現在台湾・台北にワーホリ中のアラサーです。かつて韓国・ソウルにもワーホリ経験ありで台湾、韓国をメインに記事を書いてます。台湾ではワーホリ中に短い旅行日程ではなかなか行けない場所に行っておこうと奮闘中です。

親しみやすい芸術に気軽に触れよう

・ここに序文を記載してください

梨花洞壁画村とは

  • 元々街をよくするために地元住民やアーティストが協力して作り上げた壁画村
  • ドラマやバラエティなどのロケ地として使われたことで一気に有名になった
  • 民家の壁や階段などにアートが施されていて、海外からの観光客も多く、画像の羽はいつも撮影の大行列

どんな場所にあるの?

  • 小高い丘のような住宅地にいきなり現れるアートがたくさんある
  • 階段や坂道が多く、体力に自信があまりないとちょっと厳しいかも
  • 近年、観光客が増えすぎて地元住民による反対により消された絵などもあるので、行く時は静かに観覧しよう

映えスポットだらけの梨花洞壁画村

普通の壁がキャンバスに

  • 民家の無機質なパイプもこの通りかわいいアートに
  • パイプを活かして、パイプを握る小人とパイプに座る妖精で童心に返る感じ
  • 白い壁にポップな色が綺麗なアートは写真映えも抜群
  • 赤いドレスが傘になっているのが印象的で、傘の下に入って撮影するのが人気
  • 晴れの空に真っ赤なドレスの女性、下は曇天の灰色と色のコントラストがキレイ
  • 他にも、絵と一体になって撮影できるアートもたくさんあって写真を撮るのも楽しい
  • まるでそこに本当に海の目の前に部屋があるかのようなアート
  • 窓の外に描かれている室内がなんだか不思議な気分になる絵
  • 観光客が増えて落書きされているのが少し残念で、マナーを守って観覧したい
  • 上で載せた羽のアート前は、写真を撮るために行列だが、こちらは比較的空いている穴場スポット
  • 上では正面を向くパターンだが、こちらは横を向いて撮る形でまた違った雰囲気に
  • 横にちらっと写っているのがパンダの絵で、全く違う絵が隣にあるのもまた面白い

  • このネコカフェのお客さんが書いた猫の絵がお店の周りに飾られている
  • いろんな人が書いているので、様々な表情があって見ていて楽しい
  • 建物の上にも猫の人形が屋根を登っているようなデザインでキュンとする

ただの絵だけじゃないアート

  • 立体的な風船がかわいいこちらも人気映えスポット
  • 結構階段を上った先にあるので、見つけたときのうれしさはひとしお
  • 階段に設置されているので、これを掴むと飛んでいけそうな楽しい気分になる
  • 思わず間に入って写真を撮りたくなるような遊び心満載のアート
  • チマチョゴリだけでなく様々な民族衣装を来た人形がつり革を持っている
  • 上には、最寄駅のへファ駅の地下鉄4号線の駅表示デザインを模した水色の線入りで架空の駅が書かれている
  • 壁画だけではなく、オブジェも様々なところで見かけることができる
  • オブジェが多く集まっているエリアは、人もそんなに多くなくておすすめ
  • 丘の上にあるので、景色もよく散歩や軽い運動にもちょうどよくおすすめ

もう少し山を登っていってみよう

  • 城壁跡が残るナクサン公園は数々のドラマのロケ地となった場所
  • 巨大な城壁が続くさまは圧巻でずっと見ていて楽しい
  • 頂上付近には筋トレマシーンなども設置されていて、地元民たちが運動を楽しんでいる

  • らくだの形に似た山であることから「駱山(ナクサン)公園」と名付けられたここからは開放感満点の景色
  • 方角によっては、南山Nソウルタワーも見える
  • ここまで登るのはかなりしんどいが、この景色を見れば一気に気分が解放される

「ジョリー商店」でレトロな学生服ファッションに

  • ジョリー商店では、レトロな制服を借りることが出来る
  • レトロな学生ファッションでどこかレトロな壁画村を散策するのも◎
  • 観光客はもちろん、現地の韓国人の若者にも物珍しく人気
住所| ソウル特別市ジョンノ区ナクサン4ギル46
営業時間|10:00~18:00
定休日|なし
電話|02-747-4497
公式サイトはこちら

おすすめ絶景カフェの「CAFE TRAVEL」

  • テラス席、さらには屋上にも客席があり、窓際も景色がいいため昼も夜も人気
  • コンセプトは「旅行に来た気分になれるカフェ」
  • メニューはドリンクからスイーツ、ピザやサラダまで幅広く、ガッツリご飯から歩き疲れた時の休憩まで利用できるのも◎
住所| ソウル特別市ジョンノ区ナクサン3ギル19-8
営業時間|11:00~23:00
定休日|毎週月曜日
電話|02-747-1056
公式サイトはこちら

小劇場の街・大学路での観劇もおすすめ

  • ヘファ駅1・2番出口方面には小劇場がたくさんあり、ミュージカルや演劇を気軽に見ることができる
  • 小さい劇場ならでは、俳優さんとの距離も近く、劇中で客席と絡むことも
  • オープンランで2005年から続く「パルレ」も大学路で見られる人気公演で、日本語字幕のある日もある

梨花洞壁画村へのアクセス

  • 地下鉄ヘファ駅より2番出口利用の場合、マロニエ公園を抜け、ナクサン公園方向に進んでいくと壁画村に入る
  • 東大門方面から、城壁公園を抜けて行く方法もあるが、どちらも坂道がキツイ
  • 生活している住民もいて、苦情も多く問題になっている部分もあるので、早朝など避け、静かに観覧するように
住所| ソウル特別市ジョンノ区イファ洞一帯
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

まとめ

・ここにまとめを記載してください。