水原華城で朝鮮時代にタイムスリップ!壮大な城跡を歩こう

トラベルパートナー: Ayumi

和歌山出身。現在台湾・台北にワーホリ中のアラサーです。かつて韓国・ソウルにもワーホリ経験ありで台湾、韓国をメインに記事を書いてます。台湾ではワーホリ中に短い旅行日程ではなかなか行けない場所に行っておこうと奮闘中です。

いろんなドラマのロケ地にもなっている場所だよ

・ここに序文を記載してください

水原華城とは

  • ソウルの昌徳宮とともにユネスコ世界文化遺産に登録されている城郭建築遺跡
  • 水原市中心を取り囲むようにして建っていて周囲は約5.7kmもつづく
  • 朝鮮王朝第22代の正祖が父を悼んで作った城で、その後の戦乱や朝鮮戦争で破壊されたが修復された

これは見たい水原華城4大門

道路に突然現れる南側の「八達門」

  • 八達門は、門の周りを甕城が半月型に囲んでいて、右側のレンガには建築関係者の名前が掘られている
  • 修復時、周辺が栄え商店などがあり、城とは繋げて復元できなかったため独立している
  • 4大門の中ではとくに夜景が美しいことが有名で、観光客に人気

水原のシンボル西側の「華西門」

  • 八達門の甕城とは違って、半月型の片側が解放された形になっている
  • 本来の姿のまま残されていることから、宝物第403号に指定されている
  • 水原市のマークは、華西門をモチーフに描かれている

正門の北側の「長安門」

  • 八達門が今は有名だが、実際正門として使われていたのは長安門
  • 王がこの門を通過して水原に入ったため、当時はとくに重視されていた
  • 長安門は首都を意味し、民が平和に暮らせるようにという願いが込められている

美しく復元された東側の「蒼龍門」

  • 朝鮮戦争で一度完全に破壊されたが、1975年、華城城役儀軌の記録に従って復元された
  • すぐ前が広場になっているので、写真撮影もしやすい
  • 門の外側からも、内側にも入ることができるのでじっくり見れて、門の上からは水原市内が見渡せる

4大門だけじゃない見どころ満載の華城

川にまたがる「華虹門」

  • 水原川にまたがって建っていて、7つのアーチのある橋の上に楼閣が建っている
  • 7つの水門から溢れる水しぶきが虹のように見えることから名付けられた
  • かつては、敵の侵入や川の氾濫を守る役割を果たした

韓ドラ好き必見の「華城行宮」

  • 行宮とは、王が地方行幸の際に宿泊した宿のことで、華城の行宮は機能面や規模でも優れていた
  • 華城を設立した正祖は、水原への遷都も計画していたため、御所としての機能も備えていた
  • 「イサン」や「雲が描いた月明かり」などのドラマのロケ地としても有名で観光客も多い

装飾が美しい「訪花随柳亭」

  • 軍事目的だけではなく、周りの景色も楽しみことができる役割を果たしていた
  • ここは華城のほかの施設に比べて、屋根の装飾等が華美でキレイ
  • ここから見える龍池は、蓮が浮かぶきれいな池で反対側の景色も山々がキレイに見える

武将気分を味わえる「東将台」

  • 蒼龍門近くの芝生広場で、韓国弓道の体験ができる
  • 体験しているのは子供が多いが、大人でも十分楽しめるプログラムで人気
  • 9:30~17:30まで(11月~2月の冬季は16:30まで)30分ごとに始まる

願いの叶う「孝園の鐘」

  • 正祖の孝の精神をたたえ、家庭と国の平安を祈願すため建てられた
  • 鐘つきの体験もでき、願い事をしながら3回つくと願いが叶うと言われている
  • 1回目は親の恩恵に感謝、2回目は家族の幸せ、3回目に自分の将来を願いながらつくのがよい

季節で表情を変える水原華城

  • 城壁の周りは春には桜が咲き誇って散歩するにも最適
  • 城跡と桜のコントラストが素晴らしく綺麗で、絵になる
  • 地元の人もたくさん散歩していて憩いの場となっている

  • 周辺の八達山エリアはもみじも多く、秋には山が赤や黄色にキレイに染まる
  • 結構道のアップダウンは激しいが、ハイキングするのもおすすめ
  • 10月くらいの写真だが、日本より寒いので早めに紅葉を楽しむことが出来るのも◎

移動も楽々の華城御車

  • 広い敷地の華城の各スポットを1周することができる華城御車
  • 乗車は錬武台(東将台)からのみで、ほかのスポットは下車のみ可能
  • イヤホンを持参すれば、オーディオシステムを通じて日本語での解説を聞くこともできる

上空からの華城もおすすめ

  • 気球に乗って上空から水原を見下ろすことができる「フライング水原」
  • 出発地は東側の蒼龍門の駐車場からで、最大150mほど上昇する
  • 夜まで運行しているので、華城のライトアップも見ることができる人気のアトラクション
住所| 水原市 八達区 南水洞 3-1, 蒼龍門駐車場
営業時間|平日11:00~21:00、週末,祝日10:30~21:30(気候などで変更の場合有り。訪問前要確認)
定休日|なし
電話|031-247-1300
公式サイトはこちら

「ヨンポカルビ」で水原カルビ堪能

  • 水原といえば水原カルビで、ここは華虹橋から近く行きやすい
  • マッコリとカルビがとても合い、地元の人でにぎわっている
  • 焼肉のカルビもいいけど、カルビタンもあっさりでカルビたっぷりでおすすめ
住所| 水原市八達区北水洞25-4
営業時間|11:00~22:00
定休日|旧正月、秋夕の連休時
電話|031-255-1337
公式サイト|なし

水原華城へのアクセス

  • 八達門へバスでアクセスするのが行きやすい。
  • ソウル市内からなら、地下鉄江南駅より3000番乗車、八達門下車
  • 水原駅からなら、11,13,36,39番で八達門下車
住所| (八達門)水原市八達区正祖路780
営業時間|4大門観覧(3月~10月)9:00~18:00、(11月~2月)9:00~17:00
定休日|なし
電話|031-228-2765
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。