秩父ミューズパークは老若男女全ての人が楽しめるスポットだった!

トラベルパートナー: Yoshi

出身は山形県、埼玉県に長くいたため、自然溢れた埼玉県の良さを紹介するのが得意です。歴史や原風景が好きで、観光地の人気店のチェックは欠かしません。ヒッチハイクや車中泊等、様々な旅の経験をしてきました。仲間と車中で語りながら楽しく旅先へ行くのが好きです。

変わった自転車にも乗ることができて楽しいよ〜!

ゆっくり1日を過ごせる秩父ミューズパーク

・秩父ミューズパークの名前はギリシャ神話に登場する人間のあらゆる知的活動を司る女神の名ミューズにちなんで名付けられている。

・秩父ミューズパークだよりが発行されていて、一年の行事やその時期の見所が掲載されている。

・広大な敷地に様々な施設があり、散歩にアトラクションと満喫できる。約3㎞ほどあり、一日中楽しめる。

秩父ミューズパークの見所とは?

旅立ちの日が流れる旅立ちの丘

・平成3年に卒業式での定番ソング「旅立ちの日に」が秩父市で生まれ、ここで流れる。秩父市の市街地が一望でき、夜には夜景が広がる。

・生まれた場所は秩父市の影森中学校。秩父市街地を見ながら、希望に満ちた人生の出発点として。また、若き日の思い出を語る広場になるよう作られた場所。

・南京錠や絵馬を手すりにかけることができる。近くのレンタサイクル横のガチャガチャで購入することができる。

巨大ローラー滑り台

・ピクニック広場の横にある巨大ローラー滑り台は、1つの名物となっている。

・二箇所からローラー滑り台が出発できる。途中で合流するというつくりになっている。また、オレンジ色のローラー滑り台が別である。

・最長の滑り台は53メートルあり、地上9メートルから滑り降りると気分爽快だ。大人もぜひ試してもらいたい。

遊具が面白いピクニック広場

・ピクニック広場には、巨大ローラー滑り台の他にもいろいろな遊具がある。通常の公園にはないような魅力的な遊具ばかりだ。

・幼児も遊ぶことができるようになっていて、家族で遊ぶことができる。年の離れた兄弟がいる家族にはもってこいの場所といえる。

・夕方に訪れると、きれいな夕日も眺められる。ここへ訪れたら旅立ちの丘も一緒に行こう。

散策しながら森林浴

・ピクニック広場のもっと奥にいくと、散策する人、ウォーキングする人しか滅多に通らない道になる。人通りも少なくゆっくり散策するのに適している。

・8月は暑いが、この道は異空間のように空気が澄んでいる印象がある。日が木々で遮られ、日陰の中を歩くのが心地よい。

・朝の時間帯は木漏れ日が差し、秩父ミューズパークの神秘的な一面を垣間見られる。

展示会が行われている多目的ハウス

・時期によって、展示されるものが変わる。秩父ミューズパークだよりやHP等で情報を得ることができるようだ。

・向かい側にはトイレ駐車場もあるので、展示会に行く人はここの駐車場に止めると良いだろう。(P10駐車場)

・この駐車場は5月に咲くシャクナゲを見る人も利用する駐車場にもなっている。ついでに両方訪れるとよい。

季節によって咲く花々

・秩父ミューズパークでは、サルスベリ紅葉梅シャクナゲ桜などたくさんの草花の様子が見られる。

・気象条件が合えば、雲海が見られるのもこの秩父ミューズパークの魅力の1つである。

・基本的に一つ一つの場所が遠いため、レンタサイクルか自動車での移動をおすすめしたい。

長細い芝生広場

・長細い芝生広場には、小さい子が遊べる遊具がある。青い回転滑り台は特に人気だ。

・幼い子供や子ども連れの家族におすすめしたい。ゆっくり、お昼ご飯を食べ、遊ぶといい。

・自由に遊ぶことができるが、バトミントンラケットやグローブ等の遊び道具の貸し出しは行っていないため事前に用意しておくとよいだろう。

立派な音楽堂

・建物はギリシャ神殿をモチーフにして作られている。本の中は光が降り注ぐ神秘的な空間。

・アフタヌーンコンサートなどに最適。収容定員は600名と本格的なホールと言える。

・クラシックコンサート、ピアノ発表会、子供映画界、CD録音など多目的に利用されている。

野外ステージ

・建物は円形劇場をイメージして作られている。収容人数は約5000人。申請を出せば貸し出しも可能。

・演劇やコンサートなど様々なイベントに利用されている。イベントがない場合には、芝生席が憩の場として利用されている。

・屋根があるため、雨天でのイベントもできる。災害時は被災者のサポート活動の拠点にもなるという。

ステンドハウス

・建物はギリシャ神殿をモチーフに作られている。休憩施設として軽食屋が入り子供連れを中心に休日は特に賑わっている。

・横には小さい子用の遊具もあり子供飽きずに時間を過ごせるように工夫してある。

・壁面にはステンドグラスが15枚つけられ太陽光七色に変えている。約500人が休憩することができる。

ミューズの泉

・ミューズの泉は、大広場、流れ、小広場からできている。訪れた時には、ぜひ、裏もみてほしい。

・小広場は、ギリシャ神殿をモチーフにステージと円柱で構成された噴水と水辺に浮かぶ9体のミューズ像によりミューズパーク全体のテーマを表現している。

・誰かとの待ち合わせや集合場所などにすれば間違うことはなく、わかりやすいだろう。

広大なテニスコート

・始めて来た人の多くが驚く、テニスコートの数。全部で52面あり、一般の人も利用することができる。(有料)

・クレーコート46面、ハードコート6面の広々したテニスコートは、整備も整っていて、プレーヤーにとっては申し分ない環境と言える。

・近くには、バーベキューの施設や温泉施設もある。テニス終わりに活用してもよいかもしれない。

一通り楽しみたいならサイクルランド

・南口駐車場にある農林産物直売所の裏にあるのがサイクリングの受付である。

・事故防止、対応のために、住所や注意事項の話を終えると、自分で好きな辞典を選んで乗ることができる。

・秩父ミューズパークは広いため、施設を存分に楽しみにたいならサイクリングで回るのもありだろう。心地よい風の吹いている日にはより一層気持ちいい。

秩父ミューズパークへのアクセス

自動車の場合

・関越自動車道花園インターチェンジから国道140号を秩父方面へ約34Km、約50分

・飯能から国道299号を秩父方面へ約40Km、約1時間

・雁坂トンネルから国道140号を秩父方面約33km、約60分

住所|〒368-0102 埼玉県秩父郡 小鹿野町長留2518
営業時間|問い合わせ
定休日|なし
電話|HP参照
公式サイトはこちら

まとめ

・ここには紹介しきれない楽しい施設がたくさんある。詳しくはHPを見てほしい。

・新しい施設や企画もあり、年中楽しめる。また、カフェや地元野菜なども販売している。

・近くには、フォレストアドベンチャーやPICA秩父などの遊びや宿泊施設もある。興味ある人は。調べてみて欲しい。