ラッシュモア山はアメリカの大統領が刻まれた有名な山

トラベルパートナー: sato

アメリカ在住13年目の関西人。主にアメリカ中西部や関西エリアのおもしろスポットや絶景スポットを開拓するのが大好き。近年は車でふら~っと行けるアメリカ国内ロードトリップがお気に入り。

一度は是非生で見て欲しい!

ラッシュモア山国立記念公園には大統領の胸像が

・アメリカ サウスダコタ州キーストーンに位置し、1925年に創立されたアメリカで最も有名な国定記念建造物の一つ。

・有名なラッシュモア山のの他にも、近年新しくビジターセンターが建て直されたり博物館がつくられ、公園内は美しく管理されている。

・山に刻まれた4人の大統領を一目見ようと世界中から観光客が集まり、年間の訪問者数は270万人を超える。

大統領が刻まれた有名な山

アメリカ政府に委託されたガットスン・ボーグラムと彼の作業員約400人が、1927年から1941年10月31日まで14年をかけて、巨大な胸像を彫った。

アメリカ建国から150年間の歴史に名を残した4人の大統領、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルト、そしてアブラハム・リンカーンが彫られている。

・胸像は高さ約18メートルで、標高1745mのラッシュモア山の花こう岩の露頭に彫らており、遠くからでもかなりの存在感がある。

・ラッシュモア山の花こう岩は16億年前にできたとても硬質なもであったため、ダイナマイトを用いながらの彫刻作業となった。

・このモニュメントが長期にわたり風化しないよう、硬質な花こう岩の岩盤が選ばれ、推測では10000年経過しても彫刻の原型を保てるであろうとされている。

・完成直後は一般人でもこのモニュメントにロッククライミングすることができたが、現在は、特別な許可を受けたメンテナンスの者のみ可能。

色とりどりで華やかな旗の道(Avenue of Flags)

・ラッシュモア山をバックに、56もの旗(アメリカ50の州の旗と海外領土の旗など)が道の両端から掲げられている。

・観光客からの要望もあり、1976年にアメリカ合衆国の生誕100年を記念して掲げられるようになった。

・カラフルな旗がまるで花道のようになっていて、ラッシュモア山に刻まれた大統領たちをより華やかに飾っている。

山のことならおまかせ!リンカーン・ボーグルム博物館

・「なぜ?どうやって?ラッシュモア山の彫刻が彫られたのか?」などの疑問を全て解決、解説してくれるラッシュモア山国立記念公園内の博物館。

480平米以上ある博物館には、当時実際に使われた工事の予定表や道具、写真などが展示されており、彫刻を施す過程や歴史などが解説されている。

・125席ある映画館もあり、ラッシュモア山の入門的なショートフィルムが無料で上映されているのもありがたい。

甘く歴史的な味を「メモリアルティーム アイスクリーム」

・ラッシュモア山国立記念公園内にあるアイスクリーム屋さんも外してはいけないおすすめスポットである。

・1780年にトーマス・ジェファーソンによって書かれた、アメリカ初のバニラアイスのレシピを忠実に再現た歴史的な味を楽しめる。

バニラアイスは、とってもシンプルなのにどこか懐かしく深い味わい。

レストラン&ギフトショップはサウスダコタがいっぱい!

・ラッシュモア山国立記念公園ビジターセンター内のフードコートでは、バイソンバーガーやバッファローシチューなど地元のを楽しむことができる。

・おすすめはトーマスジェファーソンのアイスクリームが添えられた、甘さと酸味が絶妙なバランスのアップルパイ。

・お土産屋さんも充実しており、ラッシュモア山靴下などのオリジナルグッツなど、ここでしか手に入らないお土産を手に入れることができる。

泊まるならここ!お勧め滞在先

アンダーキャンバス マウントラッシュモア

・最近日本でも大人気のグランピング型の滞在施設で、テントからは息をのむようなラッシュモア山の景色を堪能することができる。

・お天気の良い夜は、プライベートテントから日本ではなかなか見ることのできなくなってしまった美しい満点の星空や天の川を楽しめる。

・澄み切った空気、静けさと大自然に囲まれた空間で、心からリフレッシュすることができる。

住所| 24342 Ranch Rd, Keystone, SD 57751
営業時間|24h
定休日|なし
電話|1‐605-202-8930
公式サイトはこちら

ラ・キンタ・イン&スイーツBYウィンドハム ラピッドシティー

・ラッシュモア山から車で約30分程のラピッドシティーにある朝食も無料のホテル。

・ここのホテルの目玉は、何といってもホテルに隣接したサウスダコタ最大のインドアウォーターパーク、WaTiki。

・穏やかに流れるプールやスリリングな滑り台などがあり、サウスダコタにいながら一年中南国気分が味わえる。

住所| 1416 N. Elk Vale Road Rapid City, South Dakota 57703
営業時間|24h
定休日|なし
電話|1-605-718-7000
公式サイトはこちら

ラッシュモア山周辺のおすすめスポット

クレージーホース記念碑

・ラッシュモア山から約27㎞のところにある、ラッシュモア山よりもさらに巨大な岩山彫刻で、コルチャック・ジオルコウスキーによって1948年に始まり今なお続いているプロジェクト。

・彫られているのはクレージーホースと呼ばれたネイティブアメリカン、スー族の戦士。

・完成すると高さ約172m、長さは195mにもなると言われており、今現在の段階でもその大きさと存在感は圧巻。

住所| 12151 Avenue of the Chiefs, Crazy Horse, SD 57730-8900
営業時間|時期によって異なる
定休日|なし
電話|1‐605‐673‐4681
公式サイトはこちら

バッドランズ国立公園

・バッドランズとは、ネイティブアメリカンスー族の言葉「コマシカ」を英訳したもので、「荒地」を意味しする。

・バッドランド国立公園は地質学や化石の宝箱のような場所で、特に化石に関しては北米大陸で化石の層が最も多く存在していると言われている貴重な地域。

・約50万年の歳月をかけて浸食作用でできたいくつもの崖や渓谷、角のように尖った岬などがあるユニークな地形に思わず目を奪われる。

住所| 25216 Ben Reifel Pl, Interior, SD 57750
営業時間|24h
定休日|年中無休だが、悪天候の際は閉まることもある。
電話|1‐605‐433-5361
公式サイトはこちら

カスター州立公園

・1300頭以上のバイソンやエルク、プロングホーン、バッファローや山ヤギの暮らす、約287平方キロメートルの広大な敷地の州立公園。

・アメリカ国内でも少なくなってきた、手を加えられていない真の野生の土地の姿が見ることができる。

・バイクトレイルや美しいドライブコース、日本では見慣れない動物を探して回るサファリツアーもある。

住所| 13329 US Highway 16A, Custer, SD 57730
営業時間|24h
定休日|なし
電話| 1‐605‐255-4515
公式サイトはこちら

キーストーン~ラッシュモア山のある街について

・ラッシュモア山国立記念公園のあるキーストーンという町は、サウスダコタ州の西部、ブラックヒルズ地区にある。

・1883年に鉱山の町としてできたが、今ではラッシュモア山に訪れる観光客で賑わう町と変わった。

・2017年時点のキーストーンの人口は僅か339人とかなり小さな街だが、お土産物を探しながらブラブラするのに丁度よい。

サウスダコタ州ってこんなとこ!

・グレートプレーンズにあり、ラッシュモア山のある南西部はハイプレーンズと呼ばれる標高の高い平原地帯である。

・面積ではアメリカ国内50州中17位だが、人口では46位と人口が少く、カリフォルニアなどの大都会とは正反対で日本人にもなかなか馴染みがない。

・州内の東側は土壌がよく州内住民の大半が暮らしており、州南西部はネイティブアメリカン、スー族の聖地である。

ラッシュモア山国立記念公園へのアクセス

日本からラピッドシティーまで

・飛行機で日本からアメリカ国内の主要都市へ飛び、そこからサウスダコタ州のラピッドシティー空港まで飛ぶ。

ラピッドシティーからラッシュモア国立記念公園まで

・ラピッドシティー空港でレンタカーを借りて行くのが一番簡単。ラッシュモア’国立記念公園までは’約40分、距離にして約50㎞程。

住所| 13000 Sd Highway 244 Bldg 31 Ste 1, Keystone, SD 57751 1‐605‐574-2523 公式サイトはこちら
営業時間|時期により異なる
定休日|なし
電話|1‐605‐574-2523 若しくは 1-605-574-2515
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。