松山文創園区でクリエイティブに触れよう!タバコ工場が大変身

トラベルパートナー: Ayumi

和歌山出身。現在台湾・台北にワーホリ中のアラサーです。かつて韓国・ソウルにもワーホリ経験ありで台湾、韓国をメインに記事を書いてます。台湾ではワーホリ中に短い旅行日程ではなかなか行けない場所に行っておこうと奮闘中です。

台湾が得意とするリノベーション施設がおしゃれすぎると話題

・ここに序文を記載してください

松山文創園区とは

  • 元々は「台湾総督府専売局松山煙草工場」として1937年に建築されたタバコ工場で、98年まで創業
  • 2001年に台北市政府が第99号市指定旧跡に指定し、2011年、松山文創園区になってオープン
  • 台北市のクリエイティブ発信基地となり、各種ジャンルを超えた展示やパフォーマンスが行われている

市指定旧跡の歴史的建造物たち

格子窓が特徴のタバコ工場

  • 窓が多く、自然光をたくさん取り入れられる建築で、この建物で当時タバコを作ったり包装をしていた
  • 中庭を挟んだ回廊型の建物になっていて、現在はショップが入っていたり展示が行われている
  • 中は学校のようなろうかのつづく空間で、歩いていて歴史が感じられる

  • 中のショップの一角に、工場の看板や作っていたタバコの展示などもされている
  • ショップにはクリエイティブな雑貨や、お土産にぴったりな小物などもたくさん売っている
  • カフェも入っているので、ゆっくり休憩しながら見てまわるのも良い

  • 工場内にはいくつか展示スペースがあり、無料で観覧できるものもある
  • これは南エリアの藝異空間での展示で、日本人アーティスト足立あゆみの作品展示
  • 写真も自由に撮れるので、静かな空間でそれぞれ写真を撮っている人がたくさんいた

趣のある倉庫群

  • 工場と倉庫をつないでいるのはベルトコンベアで、かつて包装したタバコを倉庫に運ぶのに使われていた
  • 最盛期は15棟の倉庫があったが、今は全5棟のみが保存されている
  • 現在は芸術系大学の卒業制作展だったり、アニメやディズニーの展示が行われている

工場の動力の元のボイラー室

  • かつてはここで重油を燃やし工場の動力を生んでいて、ボイラー室の煙突は台北のランドマークであった
  • このポイントでは、今の台北市のランドマーク・台北101と一緒に写真に収めることができる
  • 案内パンフレットでは後ろの建物はないが、2019年現在新しい建物が増えて、ちょっと写真は撮りづらくなっている

他にも趣あるリノベーション建築物

多くの工員を支えた託児所

  • かつての託児所は現在は書店となり、天井の高いゆったりくつろげる空間になっている
  • 全盛期の工場には、2000名以上の工員が働いていて、食堂や宿舎、託児所も完備されていた
  • 隣の敷地に台北ドームが建設されるにあたり、池の前の今の場所に移された経緯がある

工員がチェックを受ける検査室

  • かつてここは検査室で、現在でいう守衛室のような場所だった
  • 工員達は出退勤時、ここで必ずチェックを受けなければならなかった
  • 現在では、規模は小さいがアート展などが行われる空間に生まれ変わっている

屋外の散歩もステキ

  • 駅から向かってまず目にするのがこのカラフルなTAIPEIモニュメント
  • 前にベンチもあってしばし休憩することもできる人気のフォトスポット
  • ベンチの中にもカラフルな飾りが施されていて、デザイン性が高い

  • TAIPEIのモニュメントを後にすると、少し森のような木に囲まれた場所がつづく
  • その場所を抜けると、小規模だがフリマも開かれている日もあって賑やか
  • ただ散歩に来ている感じの地元の人も多く、週末はさらに賑わう

  • タバコ工場と倉庫の間の広場でも、展示が行われている
  • この日は、台湾の人気バンド「五月天」の映画公開前の展示が行われていた
  • タイミングによっては、大道芸などのパフォーマンスをやっている時もある

  • 回廊になっているタバコ工場の中央はバロック式の中庭が広がっていて散歩にも最適
  • 1958年に、かつての工場長が林元朗氏に設計計画を依頼して作られた優雅な庭園
  • 噴水は珍しい3層皿で、水量調節機能と、タバコ工場ならではで消防機能も備えていた
  • 敷地内に広がる大きな池は、工場の消防目的に作られた貯水池だった
  • 現在では、生態池に整備され、多様な指定保護植物も生息している
  • ベンチや様々なモニュメントもあり、市民の憩いの場となって多くの人でにぎわっている

「誠品生活松菸店」も立ち寄ろう

  • 松山文創園区敷地内にあるショッピングセンターの誠品生活松菸店
  • Made In Taiwanの良質な雑貨などが手に入るので、お土産探しにも最適
  • 地下にはフードコートもあるので、歩き疲れたりお腹が減ったらここでちょっと休憩したりご飯も◎
住所| 台北市信義區菸廠路88號1樓
営業時間|11:00~22:00
定休日|なし
電話|02- 6636-5888
公式サイトはこちら

「國父紀念館」の観光も忘れずに

  • 国父とされる孫文生誕100年を記念して建てられた國父紀念館
  • 中国の寺院風の外観になっていて、大きく沿ったカブトムシのような屋根が特徴的
  • 中正記念堂と同じく、こちらでも衛兵交代式が見られ、中正記念堂よりも近い距離で見ることができる
住所| 台北市信義區仁愛路四段505號
営業時間|9:00~18:00
定休日|旧正月の大晦日と当日
電話|02-27584847
公式サイトはこちら

松山文創園区へのアクセス

  • MRT國父紀念館駅5番出口より徒歩5分ほど
  • カラフルなTAIPEIのモニュメントが目印
  • MRT市政府駅1番出口からも池の方からアクセスできる
住所| 台北市信義區光復南路133號
営業時間|室内 9:00~18:00、室外 8:00~22:00、池周辺は24時間開放 ショップなどはそれぞれ異なる
定休日|なし(ショップなどはそれぞれ異なる)
電話|02-2765-1388
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。