東京駅で食べたいカレー7選。やみつきになる個性派カレーを一挙紹介

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

首都の玄関口の一つである東京駅は、いつも多くの人が行き交うターミナル駅です。当然、駅構内や隣接する施設で食事する人も多く、定番メニューのカレーの店もたくさん揃っています。今回は、そんな東京駅の人気カレー店をまとめました。

ドンピエール エクスプレスカレー

銀座のフレンチレストランの流れを組むドンピエールは、東京駅北口1階のキッチンストリート内にあります。店内にはクラシックなシャンデリアや重厚な長テーブルが据えられ、ほどよい高級感が漂います。少しおしゃれな雰囲気でカレーを楽しめるレストランです。

欧風カレーの洗練されたソースと、アジアのパンチの利いたスパイスの良さを合わせたカレーを提供しています。色合いが綺麗なピンクやホワイトカレー、ハラミやカツの載ったカレーなど、オリジナルメニューも多数。激辛好きには三大唐辛子入りのチョモランマカレーがおすすめです。

まろやかでコクのある欧風カレーが美味しい。カレーパンなどテイクアウトメニューもあります。
公式サイトはこちら

ドンピエール エクスプレスカレーの住所・アクセスや営業時間など

店舗名 ドンピエール エクスプレスカレー
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 キッチンストリート
食事の予算 1500円
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スーリヤ 東京八重洲店

東京駅八重洲口を出て、通りを渡ったところにあるスーリヤは、インド料理専門店。雑居ビルの細い入り口を地下へ下りるため、隠れ家的な雰囲気です。店内にはテーブル席が並び、インドの国旗や写真が飾られています。なお、メニューの一部はテイクアウトすることも可能です。

マサラやキーマなど、本格的なインドカレーが揃っています。具材はマトンやチキン、シーフード、野菜など。また、豆カレーやチーズ入りなども人気です。なお、カレーの辛さは4段階から選べ、合わせるのも各種のナンやライスから選択できます。

日本人の口にあったインドカレーが食べられます。2種類のカレーやサラダなどがついてくるセットがお得です。

スーリヤ 東京八重洲店の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 スーリヤ 東京八重洲店
住所 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-6-18 友日ビルB1
営業時間 月~土 ランチ : 11:00~15:00
月~土 ディナー : 17:00~22:30(L.O.22:30)
日・祝日 : 11:00~22:30(L.O.22:30)
食事の予算 2000円
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アルプス

都会の真ん中とは思えない、激安プライスでカレーが食べられるスタンドです。八重洲中央口を出て階段を下りた先の、八重洲地下街の北寄りに位置しています。入り口で食券を買ってから中に入るシステムで、店内にはカウンター席が並んでいます。

人気は大きなカツが載っていながら、手頃な価格のカツカレー。オプションでチーズをトッピングしたり、大盛りにしたりとアレンジもできます。他にはメンチカツやハンバーグ、野菜カレー、さらに期間限定メニューが出ることもあります。

夕方のサービスタイムや、大盛り無料デーなどサービス精神満点のお店。麻婆豆腐カレーはひと味違う一品です。
住所|〒103-0028 東京都中央区八重洲地下街2-1北1号 八重洲地下街 オレンジロード
営業時間|AM10:00-PM9:30(土日祝はPM9:00まで)
定休日|無休
電話|
公式サイトはこちら

エリックサウス 八重洲店

南インドの本場の味を、日本人の舌にあうように再現したカレーが人気のレストラン。八重洲地下街にあり、東京駅の改札から行くと右奥方面にあります。店内はカウンター席がメインのため、一人でも気軽に入れる雰囲気。また、4人がけのテーブルも2卓用意されています。

単品のメニューはバターチキンやマトンカレーなどがあり、それぞれ辛さの目安も表示されています。ランチには複数のカレーやライス、サイドメニューがついてくるセットがお得です。なお、すべて化学調味料不使用の無添加カレーなので、安心して食べられます。

卓上にはピクルスや調味料、漬物が置いてあります。それぞれのカレーに個性があって、食べ比べるのが楽しい!
公式サイトはこちら

南インドカレー&バル エリックサウスの住所・アクセスや営業時間など

店舗名 南インドカレー&バル エリックサウス
住所 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 中4号 (八重洲地下二番通り)
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マンゴツリーキッチン グランスタ

イートインやテイクアウトで、気軽にタイ料理を楽しめるマンゴツリーキッチン。JR東京駅構内のグランスタに入っており、電車の待ち時間などに手軽に利用できます。位置は丸の内地下中央口と八重洲地下中央口を結ぶ通路のやや丸の内より。店内には小さめのテーブルやカウンター席があります。

メニューの種類は少なめながら、タイカレーやガパオなど、人気のタイ料理を揃えています。「グリーンミルクカレー」は、クリーミィな味の中にもピリッとした辛さが感じられる逸品。ガパオと組み合わせたプレートもあります。なお、テイクアウトの場合は温めてくれるので安心です。

朝からタイ料理が楽しめる店。量はほどほどなので、がっつり食べたい人はサラダなどを組み合わせると良いです。
公式サイトはこちら

mango tree kitchen 東京駅グランスタの住所・アクセスや営業時間など

店舗名 mango tree kitchen 東京駅グランスタ
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内B1F グランスタ
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北海道チューボー グランアージュ

飲食店やサービス施設が集まるグランアージュは東京駅直結で、雨の日でも濡れずに立ち寄れます。北海道の名物料理が食べられる北海道チューボーは、八重洲地下中央口側から入って3番目の左手にあるレストラン。セルフ方式のカジュアルな店のため、一人でも気軽に入れます。

北海道産のラーメンやジンギスカンに加え、名物のスープカレーも揃っています。レンコンやナスなどがゴロゴロ入った「知床鶏のスープカレー」の他、エビや野菜のバージョンも。それぞれご飯がつき、オプションでコーンやチーズなどのトッピングも追加できます。麺好きな人には「カレーつけ麺」もおすすめです。

ありとあらゆる北海道料理が食べられる店。価格がリーズナブルで、気軽に食事できます。
住所|〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー B1F
営業時間|AM11:00-PM11:00(土日祝はPM9:00閉店)
定休日|無休
電話|03-6206-3544
公式サイトはこちら

仙臺 たんや利久 東京駅店

仙台名物の牛タン専門店、たんや利久が東京駅改札内のグランスタに入っています。カウンター席の多いカジュアルな店舗で、気軽に牛タンカレーなどが食べられます。行列ができることも多い人気店のため、店頭の機械で整理券を取って並ぶシステムです。また、持ち帰り用の牛タン弁当も購入できます。

こちらのカレーは、柔らかく煮込んだ牛タンが入って旨みたっぷり。やや辛めな大人の味わいです。カレーまたはシチューと牛タン焼きがセットになった利休セットは、しっかり食べたい時におすすめ。また、ヨーグルトを入れて煮込んだマイルドな朝カレーも人気です。

朝からカレーが食べられるのが嬉しい!夜は、牛タンをつまみに晩酌するのも良いです。
公式サイトはこちら

仙臺 たんや利久 東京駅店の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 仙臺 たんや利久 東京駅店
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅改札内B1 グランスタ
営業時間 月~土 : 7:00~22:30(L.O.22:00)
日 : 7:00~21:30(L.O.21:00)(※日曜日を挟む連休の場合、最終日が日曜日時間営業になります。)
食事の予算 2000円
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

まとめ

東京駅では、乗り換えや通勤途中などで忙しい時でもサクッと食べられるカレーが人気です。さらに、本格カレーが食べたい時も、ぴったりのお店が見つかるのが東京駅のメリット。ぜひ、今回の記事を気分や目的に合ったカレーを選ぶ参考にしてください。