荒神谷遺跡で古代出雲の世界へタイムトリップ!

公開日:2019/10/28 更新日:2019/10/28

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Satsu
広島生まれの島根育ち。得意なエリアは島根や福岡、世界遺産がある場所です。そして大好きなヨーロッパ、イギリスを愛してやみません。世界遺産が好きなので、世界遺産のスポットに絡めて歴史を辿る旅が好きです。カメラと共に旅をします。一人旅でも友達との旅も大好きです。
古代出雲の雰囲気を感じてごしない

島根県出雲市にある荒神谷遺跡は、国の史跡に指定されている遺跡です。1983年に発見されて以来、多くの銅剣などが発掘されました。遺跡だけでなく、史跡公園や博物館もありお子様も楽しむことができる観光スポットです。ここでは、荒神谷遺跡の歴史や注目スポット、アクセス方法をご紹介。出雲王国時代の島根県へタイムトリップしましょう!

荒神谷遺跡はいつごろの遺跡なのか

出土品からみえる年代

荒神谷遺跡が発見されるきっかけになったのは、遺跡文武調査を行っていた調査員がある破片を拾ったところから始まります。この破片は須恵器といい、古墳時代の後半から日本でつくられた、陶質の土器です。1983年のことでした。

驚きの大発見の連続

本格的な調査が行われたは、翌年の1984年です。この時には銅剣が358本見つかりました。それまで日本で発見された銅剣の合計は300本余りでしたが、荒神谷遺跡一か所でその数を上回ったことにより、日本の古代史や考古学界を大きく揺るがすことになりました。その他、銅鐸や銅矛も発掘されています。以上のことから、荒神谷遺跡の年代は、弥生時代~古墳時代とされています。画像は発見当時の様子を再現したものです。

二千年の眠りから目を覚ました古代出雲の世界

これまで古事記や日本書紀には、ヤマタノオロチ伝説。オオクニヌシの日本建国神話には、古代出雲の記述がありましたが、荒神谷遺跡が発見されるまで島根県では銅剣などの出土品はなく、あくまで神話上での国とされてきました。しかし、荒神谷遺跡で銅剣などが大量に見つかった結果、神話は現実味を増すこととなりました。

銅剣や銅鐸の謎

銅剣につけられていた×印

荒神谷遺跡で発見された銅剣358本のうち、344本には×印が刻まれていました。荒神谷遺跡から3.4km離れた、加茂岩倉遺跡にも銅剣ではありませんが、同様に×印がつけられた銅鐸が発掘されていました。2つの遺跡の関係性や×印がつけられた理由は未だ謎に包まれています。また、加茂岩倉遺跡も国の指定史跡になっています。

銅鐸はなぜ埋められていたのか

銅鐸は、「神を招く鐘」と言われています。銅鐸のルーツは朝鮮半島にあり、日本に伝来してからは、祭りのための道具として使われました。銅鐸は実際にならすものとして使用されていましたが、徐々に大きくなり遠くから仰ぎ見るだけのものと変わっていきました。以上のことから、祭祀などで使用されていた銅鐸がなぜ埋められていたのか謎に包まれており、こちらも未だ理由が解明できていません。

荒神谷博物館

荒神谷遺跡を楽しく学ぼう

平成17年10月6日に、荒神谷遺跡に隣接した場所に博物館が開館しました。常設展では、荒神谷遺跡発掘の歴史・弥生時代の人々の暮らし・荒神谷遺跡の謎・古代出雲の年表が展示。特別展では、国宝や重要文化財に指定された出土品など、荒神谷博物館でしか見られない貴重なものが展示されます。ミュージアムショップでは、史跡公園内で採れた古代米や青銅器をモチーフにしたオリジナルグッズの販売も行われています。

荒神谷史跡公園



アクティビティも体験できる広い公園

遺跡や博物館の周りには、広大で豊かな公園があります。公園内にある池では毎年たくさんの古代ハスが咲き乱れ、バーベーキューエリア・古代の竪穴式住居・アスレチック(2019年9月30日現在、老朽化により閉鎖中)があり、大人の方もお子様も楽しめる公園です。竪穴式住居に入ってみて、古代の生活の雰囲気を感じ取ってみるのはいかがでしょう。

荒神谷遺跡へのアクセス

電車でのアクセス

東京や大阪(JR新幹線)からお越しの場合、荘原駅下車後、車で5分ほどで到着します。

車でのアクセス

京阪神方面からの場合、山陰自動車道の斐川IC降りた後、出雲ロマン街道を約2分。広島方面からの場合は、国道54号(宍道)からを約2分。山口方面からの場合は、国道9号線 神立橋から約10分です。

飛行機

札幌・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄→出雲空港に到着した後、出雲空港より車で10分ほどで到着します。

Address 〒699-0503 島根県出雲市斐川町神庭873番地8
Hours 3月~10月:午前9時~午後6時まで  11月~2月:午前9時~午後5時まで
Closed 年末年始 12月29日~1月3日は休園
Tel 0853-72-9044
Web http://www.kojindani.jp/index.html