トレド大聖堂!スペインに一日だけ行くならトレドへ行け!

トラベルパートナー: Miya

千葉県出身のMiyaです。一人旅が大好きで、東南アジアやオーストラリアなどによくバックパッカー旅行をしていました。特にきれいな海でのんびりするのが好きです。旅行会社で添乗員をしていた時期もあるので、国内バスツアーに添乗したり、世界各地を飛び回って添乗していました。また旅に出たいです。

トレド大聖堂は、大航海時代のスペインの勢力を感じられる、豪華絢爛すぎるカテドラルです。

・ここに序文を記載してください

トレド大聖堂(カテドラル)ってどんなところ?

・街全体が世界遺産に登録されてる、トレドの街のシンボル。スペイン・カトリックの総本山。13世紀から15世紀にかけて、約270年に渡って作られた。

・正式名称を、サンタマリア・デ・トレド大聖堂といい、カテドラルとも呼ぶ

・「もし、スペインに一日しかいられないなら、迷わずトレドへ行け」という言葉がある。

正面にある免罪の門は閉じられている

・正面の門は通常閉じられていて、大司教や一国の元首などが訪れる場合だけ開かれる

・この門から入ると罪が許されたと言われる。最後の晩餐のキリストと、12使徒の像が並んでいて美しい

・観光客は右横にある、獅子の門から中に入る

アユンタミエント広場から見る大聖堂正面

・小道を歩いていると、突然大聖堂が現れる感じ

・広場が思ったより狭く、大聖堂全体を写真に収めるのが結構難しい

・広場にはお土産屋さんや、絵描きさんなどがいて賑やか

大聖堂内部に入ってみると

View this post on Instagram

. 【Toledo, Spain🇪🇸】 . Santa Iglecia Cathedral Primade de Toledo🇪🇸 . スペインカトリックの総本山、トレド大聖堂。 . 13世紀に建設が始まり、約270年かけて15世紀に完成したゴシック様式の大聖堂。 . バチカンのサンピエトロ大聖堂、イギリスのセントポール大聖堂、スペインのセビリア大聖堂に次ぐ4番目に大きいカトリック聖堂。 . 入場料が10€で、オイっ!高っ!となるけど、 入るとスケールの大きさに圧倒され、見所が多すぎて、 10€も取りやがってというけち臭い考えは綺麗に吹っ飛びます。 🤠🤠🤠 . . . . . . #spain #Toledo #トレド #トレド大聖堂 #海外一人旅 #スペイン旅行 #旅写真 #旅したくなるフォト #海外旅行好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #今だからできる旅 #旅スタグラム #けしからん風景 #travel #travelphotography #photo_travelers #travelgram #jaldiscova #anaタビキブン #retrip_global #LW3月の旅 #mytrip #sonyalpha #sonyworldclub #TopSpainPhoto #VisitSpain #spain_vacations #cathedralgram #passionpassport #the_daily_traveller

A post shared by u-33🇯🇵Traveler (@u33_capsuletrip) on

・とても広く、天井も高く、圧倒される。カメラのファインダーに収まらないスケール

・サン・ピエトロ寺院(バチカン市国)、セントポール寺院(イギリス)、セビリアの大聖堂(スペイン)についで、世界で4番目に大きい教会

・当時のスペインの勢力を感じられる、豪華絢爛な装飾に圧倒される大聖堂

トレドの守護神!神々しいマリア様

https://www.instagram.com/p/BtmDlaIF1-U/

・トレド大聖堂を見守っている白い聖母マリア様

・周りには聖歌隊席があり、上にはパイプオルガンがある。席一つ一つにも美しい彫刻が施され、とても美しい

・ミサの際には、実際に聖歌隊やパイプオルガンによって演奏が行われる

珍しい形のパイプオルガン

・金で装飾され、天使が舞っている、立派なパイプオルガンがある。

・パイプが前に突き出している、イベリア式の特徴的な形

・今でも実際に演奏される。運が良ければミサのリハーサルなどで演奏を聞ける場合もある。

トレド大聖堂の見どころの主祭壇

スケールの大きいキラッキラの主祭壇

View this post on Instagram

. The main altar of Cathedral Toledo🇪🇸 . トレド大聖堂の主祭壇。 . カトリック大聖堂でよく見られるタイプの主祭壇で、キリストと聖母子像の周囲に聖書の物語が彫像されています。 🤠🤠🤠 . . . . . . . #spain #Toledo #トレド #トレド大聖堂 #海外一人旅 #スペイン旅行 #旅写真 #旅したくなるフォト #海外旅行好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #今だからできる旅 #旅スタグラム #けしからん風景 #travel #travelphotography #photo_travelers #travelgram #jaldiscova #anaタビキブン #retrip_global #LW3月の旅 #mytrip #sonyalpha #sonyworldclub #TopSpainPhoto #VisitSpain #spain_vacations #cathedralgram #passionpassport #the_daily_traveller

A post shared by u-33🇯🇵Traveler (@u33_capsuletrip) on

・高さ30メートル。天井まで豪華な装飾がありとにかく圧倒的

・新約聖書の20場面が描かれている。

・金ピカで、目がチカチカするほど

柵越しに見るのも神々しい主祭壇

https://www.instagram.com/p/BvUWEeogVfp/

・主祭壇は、通常鉄柵で覆われている

・観光客は、鉄柵の間にカメラを突っ込んで、頑張って写真撮影をしている

・30メートルもあり上の方はよく見えないが、とにかくすごくて圧倒される

トラスパレンテはトレド大聖堂の中でも特別な雰囲気!

View this post on Instagram

Catedral de Santa María de Toledo 🕊 . トレド大聖堂 ⛪️ . El transparente✨ . 主祭壇の後ろ側へ回ると、 なんとも神々しい美しい空間が広がっていました♡ . トラスパレンテ(El transparente)と言われる主祭壇の後ろの壁で、天窓から射し込む光がこの壁から入り、主祭壇に後光が射して光り輝くように見せるものなんだそうです♡ . 天窓のドーム天井には色鮮やかなフレスコ画が描かれていて、美しい彫刻も♡ . とにかく凄すぎて😳✨ トレド大聖堂の中で1番圧倒された場所です✨✨ . . 📷olympuspen pl-9 / iPhone . . #スペイン旅行記🇪🇸🥘💃 . . . #スペイン旅行記 #スペイン #トレド #トレド大聖堂 #美しい空間 #旅好き #旅好き女子 #建築のセカイ #タビジョ #写真好き #旅の思い出 #stayway女子旅 #いつも心にスペイン #カメラ女子 #オリンパスペン #建築好き #ファインダー越しの私の世界 #spain #spain🇪🇸 #españa #ig_spain #visitspain #toledo #cathedral #eltransparente #travelgram #travel #instagood #baroque

A post shared by sayu♡ (@sayu_1021) on

・主祭壇の後ろの壁部分をトラスパレンテ(El Transparente)という。天窓から入る光が主祭壇の後ろから入って、後光がさして見えるように設計

・外から自然な光が注ぎ込み、大理石の像やフレスコ画などの表情が変わる。東向きに開口部が開かれているので、午前中に来るとより光が注いで美しい

・ゴシック様式、ルネサンス様式の大聖堂の中で、ここだけバロック様式で作られているので雰囲気が違って見える

イスラムとキリストが融合した聖職者の間も美しい

https://www.instagram.com/p/Bue2scEFHMu/

・聖職者の間。イエス・キリストの生涯がモチーフの美しいフレスコ画がある

・天井はイスラムとキリストが融合した、ムデハル様式

・スペインは、イスラム教徒に征服されていた時代があり、イスラム様式が残っている。イスラム様式と西洋様式が融合した、スペインでしか見られない芸術が見られる

聖具室(香部屋)

貴重な絵画がある美しい聖具室

View this post on Instagram

#toledo #catedraldetoledo

A post shared by Jennifer Mitchell (@jen1longwalk) on

・聖衣や聖具を保管するための部屋

・天井のフレスコ画や、有名な画家による絵画などが展示されている

・天井画は、ルカ・ジョルダーノの「聖イルデフォンソの昇天」。圧倒される。ゴヤ、カラバッジョ、ラファエロなどの作品もあり、小さな美術館のよう。

エル・グレコ「聖衣剥奪」

・トレド大聖堂でいちばん有名な絵画といわれる、エル・グレコの「聖衣剥奪」

・エル・グレコはギリシャ人だが、トレドに渡りトレドでその生涯を終えた画家

・エル・グレコとは「ギリシャ人」という意味。本名はドメニコス・テオトコプーロスという。トレドで宮廷画家を目指していたが、認められなかった。

宝具室(宝物室)はお宝がいっぱい

聖体顕示台

View this post on Instagram

#tesoro #catedraldetoledo

A post shared by Ivo Bomba (@ivobomba) on

・本物の純金、純銀宝石が使われている聖体顕示台。年に一回のお祭りの時に、聖体(キリストの体と言われるパン)を顕示してトレドの街を聖体行列する

・重さ200キロ、高さ2メートルと巨大

・コロンブスが新大陸(アメリカ)を発見した時、持ち帰った金銀財宝で作られたといわれる。当時のスペインの力を感じられる。

女王の王冠はキラキラ

・本物の宝石がふんだんにあしらわれている王冠

・実際に見ると、写真よりもピッカピカに輝いている

・女性はみんな宝石が大好きで、各国の女性が食い入るように見つめている

トレド大聖堂へのアクセス

バスでの行き方

・スペインの首都マドリードから南に70キロの距離にある。バスで約一時間。高速列車(Renfe)で33分。

・バスターミナルまたは電車を下りてから、トレド大聖堂まで歩く(街の中心のソコドベール広場まではバスやタクシーも出ているが、広場から大聖堂へは少し歩く)。結構な登り坂で石畳の道なので、歩きやすいスニーカーで

・道がくねくねしていて迷いやすい。もともと外部の敵が襲ってこないように、迷いやすい道を作ったそう。町並みが博物館と言われ、フォトジェニックな町並みなのでゆっくり楽しんで歩いて。

住所|〒なし C/ CARDENAL CISNEROS, S/N 45002 Toledo, Espana
営業時間|月~土10:00~18:30、日・祝14:00~18:30(販売は閉館30分前まで)
定休日|不定休 宗教行事により閉まることもある
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。