道の駅さかいは境町の魅力がわかるPR大使。食を満喫しよう

公開日:2019/5/18 更新日:2019/11/6

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Yoshi
出身は山形県、埼玉県に長くいたため、自然溢れた埼玉県の良さを紹介するのが得意です。歴史や原風景が好きで、観光地の人気店のチェックは欠かしません。ヒッチハイクや車中泊等、様々な旅の経験をしてきました。仲間と車中で語りながら楽しく旅先へ行くのが好きです。
境町や茨城県の魅力を感じるならぜひ訪れてみてね〜!

茨城県猿島郡境町にある道の駅さかいは、風情あるたたずまいが魅力的な道の駅。こちらの道の駅は食に注力し、ブルワリーや2019年4月にオープンしたレストラン茶蔵などが注目されています。もちろん、一般的な道の駅に見られる新鮮な野菜などや特産物の販売も行っているので、特にグルメな方は大満足間違いありません。

道の駅さかいで先人が築いてきた町の魅力を感じよう

茨城県境町が位置するのは、県の南西部。近くには利根川が流れ、農業を中心に栄えた町です。江戸時代に幕府は水害から守るために川を整備し、水上交通を発展させて行きました。町の大きなイベントは、7月下旬に開催するさかいふるさと祭りの花火大会です。

道の駅さかいの魅力とは

道の駅で地ビールを醸造

さかい河岸ブルワリーでは、実際にビールの醸造している様子をガラス越しに眺める事ができます。隣接する店内でそれらの商品も販売も行われ、バーベキューやゲームの景品などに持参すると喜ばれるとか。ビールはいくつか種類がありますが、その中でも地元のお茶で作ったご当地ビールが注目を集めています。

風情ある外観のトイレ

トイレの外観はこのように風情あるたたずまい。トイレは洋式と和式の両方があり、さらに子供が座れるスペースも完備されています。トイレの数も十分にあるので、混雑する事はなさそう。しかし、それもタイミング次第。道の駅なので多くの人が利用している場合もあります。

トイレの前にはベンチがあり、こちらに座って待つのもいいですし、店内の休憩スペースを利用してもいいでしょう。

写真映えするサンドイッチ

10時オープンのさかいサンドで販売されているのは、サザコーヒーやホットサンドをはじめ、いちごタルトにやわらかプリン。おしゃれな外観はもちろんですが、今流行の写真映えするサンドイッチはとにかく具だくさん。

種類も豊富なので、どれにしようか迷ってしまうほどです。いくつかのサンドイッチを買って、仲間でシェアしても良さそうです。

さかい河岸レストラン茶蔵

一階はさかいキッチンを構え、二階はさしま茶サロン、さかい鉄板という内容。外観も美しく、店内はガラス張りの造りなので、開放感があります。ビュッフェスタイルで食事を楽しめるので、好きな料理をたくさん食べられるでしょう。

夜の部は予約制で1日1組だけさかい鉄板を利用でき、梅山豚や常陸牛を主軸としたコースを楽しめるというものです。

地域を探索するならレンタサイクルで

View this post on Instagram

🚴ロード×レモン牛乳アイス🚴 今日は2枚目picの道の駅さかいのさかいサンドさんに行くことがお目当てでした😍ボリュームがあって食べごたえのあるサンドでした✨種類がたくさんあるのでまた行ってみたいです😁 一人で洒落たお店に入れない自分なので今日はスコット乗りのTさんを誘って行ってきました✨ #ロードバイク#ロードバイク初心者 #ロードバイクのある生活 #ロードバイク男子 #ジオス #ジオスブルー #ポタリング#クロモリロード #ロードバイクのある風景#自転車の旅 #roadbike #ロードバイク仲間欲しい#チャリでブー#cyclist#cyclingshot#公園 #朝活#gios#ロードバイク仲間募集 #江戸川サイクリングロード #scott #さかいサンド #道の駅さかい

A post shared by ⓜⓘⓚⓐⓝⓟⓐⓟⓐ🍊 (@mikanfamily13) on

境町を楽しめるようにと、レンタサイクルも行われています。近くにある利根川河畔はサイクリングロードもあるため、時間のある時には利用してみるのも良さそう。レンタサイクルは有料ですが、気軽に借りられるお値段なのも魅力です。

地域との連携を感じる店内

情報収集できる場所

道の駅の店内に入ってすぐ右にあるのは、町の観光パンフレットやイベントのパンフレットなどです。休憩所にはテレビも付いているので、お年寄りの人がちょっと休憩するのに最適な印象。そのほかには茨城県のPRもあるので、時間のある時はこの機会を利用して情報収集してみるのもいいでしょう。



お茶も一つの特産品

境町で有名なのはお茶という事もあり、お茶コーナーが設置され、さまざまなお茶のPRや販売も。ほかにも米菓や特産コーナーもあり、境町の魅力が凝縮された商品を紹介しています。立ち寄る際にはひとつお土産を買って行くといいでしょう。

新鮮な野菜の販売

観光物産館とお土産売り場の間で売られているのは、野菜の苗や種子をはじめ、地域の人々が生産した野菜など。キャベツやカブ、ニンジンなどがあり、どれも新鮮そのもの。一方で、ちょっと傷のあるベジタブルアウトレットというコーナーもあり、格安で手に入るため、近隣の地元住民も立ち寄る事が多いようです。

観光物産館の種類の豊富さに脱帽

種類豊富な醤油・ポン酢

驚くほどの品ぞろえがある醤油やポン酢が用意されており、中にはドレッシングも。小さい容器に入っているものが主流なので、いくつか購入して食べ比べもしやすくなっています。初心者にも分かりやすいように解説もされており、醤油にこだわる人はぜひ訪れて欲しいです。

冷蔵品・冷凍品も充実

冷凍品や冷蔵品などの品揃えも豊富で、魚はもちろんですが、イカや釜揚げしらす、さらに餃子やジェラートまであります。中には特産品を使ったものもあるので、茨城県のPRには欠かせない存在。いちおしはジェラート、暑い夏の時期には欠かせないデザートです。

野菜は豊富な品ぞろえ

新鮮野菜は30種類もありますし、卵だけでも種類が豊富。朝から多くの人が訪れる理由も納得できます。さらに、お値段も手頃なのは生産者と近い道の駅だからこそ。購入する側も、道の駅を信頼している事が伺えます。

レストラン道の駅さかいの台所

奥にはレストランも完備。10時から営業しており、蕎麦やうどんをはじめ、ラーメンなどがあります。中でもおすすめは、ちたけ蕎麦セット。近くには高速道路や国道があるので、休憩を兼ねて訪れる人も多いとか。席も十分に準備されているので、座れないという事はあまりなさそうです。

あわせて訪れたい施設、天然温泉御老公の湯

道路挟んだそこには温泉があり、ドンキホーテや、ダイソーといった商業施設が併設されています。館内は広々としており、カラオケやゲームコーナー、さらに宿泊所まで完備。大浴場のフロアは設備が充実しているので、温泉好きにはたまらない内容となっています。

平日の夜8時以降の入館限定の割引もあるため、仕事帰りに気軽に立ち寄ってもいいでしょう。

Address 〒306-0433 茨城県猿島郡境町1327-1
Hours AM10:00~翌日AM9:00(入浴・宿泊等、それぞれ時間が異なるため確認)
Closed なし
Tel 0280-33-4126
Web http://5650-sakai.jp/index.html

道の駅さかいへのアクセス



バスでのアクセス

バスの場合は、東武伊勢崎線東武動物公園駅・朝日自動車バスで約40分掛かります。境車庫行きに乗り、役場入口で下車し、徒歩すぐ。

車でのアクセス

車の場合は、常磐自動車道谷和原ICから国道294号線、国道354号線経由で約40分です。駐車場は無料で、112台駐車可能です。

Address 〒306-0400 猿島郡境町1341-1
Hours AM9:00〜PM6:00
Closed なし
Tel 0280-87-5011
Web https://www.sakaimachi.co.jp/michinoeki/

まとめ

新鮮野菜をはじめ、醤油などの調味料の多さには驚きました。地域の特産品をしっかりPRしている道の駅です。食事をする箇所もいくつかあり、気軽に入りやすい軽食メインの食堂から写真映えするサンドイッチの販売まであり、どの年齢層が訪れても満足できるでしょう。

まさに食に関する充実度の高い道の駅ではないでしょうか。また、近くに温泉がある点もポイントが高いです。