万葉公園は足湯と滝が楽しめる自然に囲まれた緑地公園

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

ホタルが舞う清流が流れ、下流では絹のような滝が流れる公園には足湯スポットがありリラックスできる素敵な公園だべ~

万葉植物に囲まれた散策路を歩きながら体を動かし、足湯や日帰り風呂で疲れを癒す。そんな公園は湯河原でもここだけです。そんな万葉公園のオススメスポットや施設をご紹介させていただきます。

数多くの万葉植物が楽しめる公園

万葉公園とは湯河原温泉街の中心部にある自然に満ち溢れた公園。万葉集に登場する草花が植えられ、公園内を流れる清流にはホタルが舞うほど自然がそのまま楽しめる場所となっております。

日本の歴史公園100選に選ばれた万葉公園には、万葉時代の古代建築を模した万葉亭、万葉集の中でただ一つの出湯を詠った歌碑、国木田独歩碑等があり来園客は歴史に触れながら散策を楽しんでいます。

公園をめいっぱい楽しむ方法

温泉にまつわる神社巡り

万葉公園には2つの神社があり、どちらも温泉にまつわる神社となります。写真の神社は熊野神社といい、湯の守護神、健康の守護神とされ別称湯権現と呼ばれています。5月の第4土、日曜日には熊野神社例大祭が開催され、湯かけまつりを楽しむことができますよ。

熊野神社は、こごめの湯から徒歩1分の場所にあります。狸福神社は、ホタルが舞う清流 千歳川の周辺にあり赤い鳥居が目印です。

リラックス効果がある渓流散策

公園内を流れる渓流周辺を散策できる渓流散策路。足場は舗装され周囲は木々や野草に囲まれウォーキングするのにピッタリな道です。夏場はとても涼しく空気が澄んでいるため歩いていて気持ちがよく、遠くから鳥のさえずりが聞こえてきます。

自然がそのまま残る渓流では、6月上旬から中旬にかけてゲンジボタルが舞い飛びます。イベント「ほたるの宴」が開催され夜店も出店されるため、お祭り気分を楽しむことができてとてもオススメです。

歴史を楽しみながら散策する文学の小径

万葉公園内には、渓流散策路と文学の小径コースと2つあります。文学の小径では万葉歌碑、国木田独歩の碑など見ることができます。

所要時間は約40分で登り坂や下り坂がある道です。ウォーキングにはとても最適ですよ。

下流で見られる迫力ある滝

公園内を流れる下流では、迫力ある滝を楽しむことができます。散策路から見る滝は全体像が楽しめ、まるでジブリにも出てきそうな雰囲気を感じることができます。

散策路から階段を下りると川辺へと出ることができます。そこから見る滝は迫力満点で、水流と音を楽しむことができます。多くの写真家がその迫力ある滝を撮影していました。

間近から見る滝は、迫力があり水しぶきを感じられるほどで、とても見ごたえはありますが、足場が悪いためスニーカーなど動きやすい靴で行くことをオススメします。

絹のように流れる滝

近くにはもう一つの滝があり、その滝は迫力は少ないものの絹のように流れる滝となります。

岩肌には苔が生い茂り、カエデなどの草木が滝の美しさを引き立たせてくれています。とてもキレイな滝です。

四季折々の花々を楽しむ

散策路周辺には四季折々の花々が咲きハイキング客を楽しませてくれます。白い花や紫の花、ピンクや赤といった花が咲き散策路は花のいい香りに包まれています。

足湯に入って疲れを癒す独歩の湯

公園内の西側にある足湯スポット、独歩の湯。9つの足湯を楽しむことができる施設となります。肝目、腎耳など人間の臓器の名前が付けられておりその臓器に効果があると言われています

浴槽内は、足の裏を刺激する石が入っており足ツボをマッサージすることができ疲労回復や健康促進に役立つ側面をもった足湯となります。

施設内には荷物や靴を保管できるロッカーが完備され、サンダルは自由に利用することができます。タオルも販売されているため手ぶらで足湯を楽しめる場所でオススメです。

源泉を受ける大きな桶がお出迎え

入口までの道のりには源泉を貯める大きな桶があり、多くの源泉が流れ出ています。贅沢に流れる源泉は、水量がすごく贅沢な気持ちにさせてくれます。

近づくと熱さを感じられるほど。みんなここで撮影などして思い出を残している場所です。

色々な効能が楽しめる9つの足湯

足湯に入りながら、第二の心臓と言われる足裏を刺激でる足湯。それぞれに効く9つの足湯が楽しめます。

脾骨の泉は関節と足に効果あり。皮口の泉は肌の若返りに効果あり。平静の泉はイライラや神経系の病に効果あり。腸鼻の泉は蓄膿症・花粉症・便秘などの腹一般に効果あり。思考の泉は心を和らげ幸せな気持ちにする効果あり。脈胃の泉は高血圧や動脈硬化に効果あり。喜の泉は体全体を癒す効果あり。肝目の泉は肝臓と目に効果あり。腎耳の泉は腎臓と耳に効果があります。

それぞれ効果は異なり、浴槽に入っている石の大きさも異なります。入浴して気持ちがいい場所で疲れを癒し効果を実感してください。

その他の施設紹介

ちょっと一息つける休憩処

公園内にはいたるところに休憩処があり、長時間歩いた疲れを癒すことができます。写真は川を見ながら休憩できる場所。川のせせらぎを聞きながら休憩を楽しむことができます。

各休憩処は楽しみがあり、紅色に塗られた休憩処は目の前に池と竹藪があり京都にいるような気持ちへとさせてくれます。

木製の丸い形をしたベンチがある休憩処では、近くに水道があり水分補給ができます。目の前には熊野神社がありゆっくり眺めることができます。

公園内にある日帰り入浴施設こごめの湯

万葉公園内には、足湯以外に日帰り入浴施設が完備されており、四季折々に彩られた旬の湯を楽しむことができます。男湯と女湯で分かれており、それぞれ大浴場、露天風呂を楽しむことができますよ。

お風呂以外にも、無料休憩室や食堂が完備され緑豊かな山々と温泉場の街並みを望めながら食事を楽しむことができる安らぎの場所となっています。

自然を感じることができる露天風呂

凛々と湧き出る源泉が血行を促進させ、溜まった疲れをとり体の芯まで温めてくれる温泉。泉質はナトリウム、カルシウム、塩化物 硫酸塩泉のため硫黄の独特な臭いはなく、誰でもお楽しみいただけます。

自然を眺めながら入るお風呂は、とても気持ちがよくリラックスできますよ。

湯河原温泉ご当地グルメ 坦々やきそば

湯河原温泉に来たら食べないと損をするご当地グルメの坦々やきそば。こごめの湯でも人気があり多くの方がこの坦々やきそばを食べているほど。独特の辛みと旨み、そして麺にコシがあるのが特徴です。

食べたら病みつきになること間違いなし。その他の食事メニューとしては蕎麦やうどん、カレーなど充実した食事が用意されています。飲み物メニューではビールや酒、ジュースなど各種取り揃えています。

万葉公園へのアクセス

お車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道を通行しR1を箱根方面に進行します。その後、箱根峠からR20に乗りR75へ切り替わり右手にある権現橋を渡って左手に現地。

無料駐車場完備。駐車場から左周りに進むことで公園内を一周しやすくなりますよ。

住所|〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0465-62-3761
公式サイトはこちら

まとめ

万葉公園には駐車場が3ヵ所完備されており、1つは観光会館付近、もう1つはこごめの湯付近、もう1つは独歩の湯付近となります。公園内はとても広いためマップで確認をして駐車場を選ぶことですぐ目的地まで行くことができますよ。

季節によって雰囲気が変わる万葉公園は、何度来ても飽きることがない公園です。散策路で体を動かし足湯でリラックスできるため若い方々からお年寄りの方々まで楽しむことができます。

季節によって色々なイベントが開催されているため、ホームページなどで確認することをオススメします。さらにホームページには各施設の割引券があるためお得に万葉公園を楽しむことができます。