台北101は世界に誇る超高層建築!展望台や見所をご紹介

公開日:2019/5/30 更新日:2019/10/8

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Nana
北海道出身・東京在住で、歴史を感じられる観光名所が大好き。本州をメインに一人旅をする事と、城や寺院など建築物を見る事が好きなので各名所の見どころや魅力を多くの方々にお届けできればと思っています。
展望台からの眺めが最高~ギネス認定された高速エレベーターに乗ってみよう

日本人にも人気の高い国台湾。親日国としても知られる台湾には毎年多くの日本人が観光に訪れています。そんな台湾へ観光で訪れたのなら必ず足を運んでほしいのが台北101。台湾でもっとも知名度が高く有名な観光スポットです。ここでは、台北101の魅力や楽しみ方などを一挙ご紹介しましょう。

台湾で行きたい観光地としても有名な台北101 見所をご紹介

日本人に大人気の観光スポットの1つ 台北101

台湾屈指の観光スポットとして知られる台北101は、高さ509.2mを誇る高層ビルです。その高さたるや世界有数といわれ、2004年に世界一の超高層建築物として竣工しました。建設を手掛けたのは日本のゼネコン熊谷組で、同社を中心とした企業体で建設がスタート。現在ではドバイのブルジュ・ハリーファが世界一高い建造物となりましたが、それまではナンバーワンの座に君臨していました。

エレベーターがギネス記録を持っていた

さまざまな部分に日本製のものが使われているのも大きな特徴。展望台へアクセスするエレベーターが東芝製など、いたるところに日本が感じられます。エレベーターは時速約60kmで上昇し、わずか39秒で展望台まで到着。2016年まで世界最速のエレベーターとして知られていました。

竹の節をイメージしたデザインに注目

台形が逆さになったようなデザインが印象的ですが、これは竹の節をイメージしたのだとか。台湾では8の数字は縁起がよいと考えられており、発展を意味しているそうです。全8節あり、27~90階までのあいだにあります。また、竹は台湾において人の成長、仕事の発展といった意味も持つのだとか。

カウントダウン花火は台北101名物

台北101では、2004年以降大晦日に花火が打ち上げられています。地元ではすっかり名物となっており、観光客からも人気があります。夜空にこれでもかと打ち上げられる花火はとてもキレイで、晴れやかな気分で新年を迎える事ができるでしょう。当日はかなり混雑するので、訪れる場合には注意が必要です。

さっそく台北101の展望台へ 台北市街を一望してみよう

エントランス&チケット売り場は5階

展望台に上るにはチケットが必要です。まずはチケット売り場に行きましょう。5階にチケット売り場があり、台北101觀景台 TAIPEI 101 Observatoryと書かれているエレベーターに乗ればそのまま売り場に直行します。ショッピングエリアにはエスカレーターがありますが、それを使っても5階に行けます。

チケット売り場では日本語も書いてあるので安心

チケットはカウンターでも購入できますが、券売機でも購入可能。親日国らしく、どちらも日本語に対応しているので安心です。現金はもちろん、クレジットカードの利用も可。身長115cm以下の子供はチケットを購入する必要はありません。ただ、大人が1名同伴する必要があります。小中学生以下の子供も成人した同伴者が必要なので覚えておきましょう。



ファストパスが安く購入できるサイトも

人気のスポットだけに、エレベーターの前にはかなりの行列ができてしまう事も。ファストパスがあれば、優先的に搭乗ができるのでスムーズに利用したいのなら手に入れておきましょう。日本人向けの観光サイトでお得にファストパスも手に入れられます。割引価格でチケットを購入できるサイトもあるので、事前に予約したほうがお得になります。

同じフロアにあるエレベーターで展望台へ

チケットを手に入れたらいよいよ展望台に向かいます。エレベーター乗り場は同じフロアにあるので、迷う事もないでしょう。39秒で地上89階まで上昇するスピードは圧巻の一言。文字通り、あっという間に到着してしまいます。

ついに台北101の展望台へ到着 チェックすべき見所をご紹介

どの角度から眺めても絶景 台北市街を一望

室内展望室となっている89階にはお土産を販売しているお店も。台湾土産をここで購入しておくのもよいでしょう。ガラス窓から外を見やると、目の前に台北市街の美しい街並みが飛び込んできます。日中はもちろん、夜になると美しい夜景も楽しめます。夜のほうが観光客で賑わっているので、落ち着いた中で景色を楽しみたいのなら日中がおすすめ。

さらに2階アップ 屋外展望台へ行ってみよう

89階には階段があり、それを上ると屋外展望台にアクセスできます。天候が悪い時には利用できませんが、もし入れるのならぜひ立ち入ってみましょう。ガラスに阻まれる事なく台北の街並みを楽しめるのは魅力的。風を感じながら、開放的な空間の中で景色を楽しんでください。

屋外展望台からシアタールームへ

91階の室内は展示室となり、短い映像を鑑賞できます。イスも設置されているので、のんびりと座って台北101建設時の様子などを見学できます。カウントダウン花火の様子も映像で見る事ができるので、大晦日に来れない方はぜひ鑑賞しておきましょう。

88階にあるウィンドダンパーも必見

吹き抜けになっている部分からはウィンドダンパーを見る事ができます。ウィンドダンパーは制振装置の一種で、風による振動などを抑えるために搭載されています。風力による揺れなどを理論上では40パーセント抑制できるのだとか。



ダンパーをモチーフにした可愛いマスコット

ウィンドダンパーをモチーフにしたマスコットキャラ。どことなく日本でも見た事のあるようなデザインです。ダンパーベイビーと呼ばれており、5つのカラーバリエーションがあります。いろいろなところにいるので、ぜひ記念写真を撮影しておきましょう。

下りエレベーターまでの道のりに高級品がずらり

下りのエレベーターへ向かう途中には、工芸品やジュエリーがたくさん展示されています。ヒスイやサンゴといった、台湾で有名な宝石も勢ぞろい。なんと、日本円にして1億円をこえる工芸品もあるのだとか。見ておくと金運がアップするかもしれません。

台北101へのアクセス

地下鉄でのアクセス

MRT地下鉄を利用するのなら、信義線の台北101/世貿駅で降りてください。

タクシーでのアクセス

台湾は日本に比べてタクシー代がリーズナブルなので、タクシーでアクセスするのもおすすめ。

Address 台北市信義区市府路45号
Hours 日曜日~木曜日 11:00〜21:30、金曜日、土曜日、祝日前 11:00~22:00
Closed 無休
Tel 02-8101-8800
Web https://www.taipei-101.com.tw/jp/index.aspx

まとめ


台湾へ訪れたのなら絶対に行っておきたいスポット、台北101。かつて最速といわれたエレベーターや、展望台から見る景色などさまざまな楽しみがあるスポットです。台湾観光のメインにするにもおすすめですよ。