黄金崎不老ふ死温泉の魅力!絶景温泉と絶品グルメに癒やされよう

公開日:2019/5/30 更新日:2019/9/27

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Mion
出身地は東京。得意なエリアは東北と在住経験のあるアメリカ。 暇さえあれば車で旅に出るほどドライブが好きです。友達と旅行することもありますが、一人旅も割と多めです。
ここの景色さ一回見ねえと後悔するべ

黄金崎不老ふ死温泉は、最高の開放感を味わえる温泉として人気があります。素晴らしい景色を堪能しながら温泉に浸かるだけでなく、美味しい絶品グルメにもありつけるスポット。宿泊はもちろん、日帰り温泉も楽しめるので気軽に訪れられるのも魅力的です。ここでは、黄金崎不老ふ死温泉の魅力を一挙ご紹介したいと思います。

海が望める天然温泉

開放感抜群の露天風呂

露天風呂があるのは、普通の温泉を抜けた先です。衣類入れのカゴを受け取り、2~3分ほど歩くと開放感抜群の露天風呂が。通路は見通しもよく、駐車場などもよく見えるため外から見られてしまうのでは、というスリルも味わえます。混浴と女湯に分かれていますが、仕切りは少々薄いので注意しましょう。すぐ目の前には海が広がり、迫力ある潮騒を感じられるのは魅力的。

おすすめは露天風呂から見る日没

沈みゆく太陽の姿を見ながら温泉に浸かれるのも魅力的なポイントです。夕日の赤と海の青さが生み出すコントラストは絶景。露天風呂は日の出から日没までしか利用できないため、夕陽が沈むのを見たらすぐに出ましょう。同じような考えの方がたくさんいて、日没前は混雑します。できるだけ早めに利用したほうがよいでしょう。

中の温泉からも海は一望できる

本館には黄金の湯が、新館には不老ふ死の湯があるので、内風呂は二ヶ所という事になります。内湯からも海は眺められるので、露天風呂に抵抗がある方も安心です。露天風呂の利用時間が終わっても内湯から日没の景色が楽しめるので、混雑している時は中から見るのがおすすめ。一般的な温泉よりも温度がやや高めで、高い保湿効果も期待できるでしょう。女性にうれしい美肌効果も期待できます。

地元食材をふんだんに使った料理に舌つづみ

地元おすすめグルメ

深浦町名産の深浦マグロがおすすめグルメの一つ。青森県でもナンバーワンのマグロ水揚げ量を誇るため、マグロを使ったさまざまなグルメが楽しめます。ご当地グルメの深浦マグロステーキ丼が特におすすめで、こちらの温泉のほか七か所で食べられます。フルーティな甘みが特徴的な雪人参も特産の一つ。雪の下でたっぷりと甘みを蓄えた人参はやみつきになる事間違いなしです。

オリジナル地酒・不老ふ死温泉

米どころであり水もキレイな青森は日本屈指の酒どころとしても知られています。地酒の不老ふ死は白神山地の伏流水を使用した純米酒で、辛口の口当たりが印象的。地元の魚介料理との相性も抜群なので、ぜひ一緒に味わってみましょう。

豪華フルコース夕食

青森の食材をこれでもかと盛り込んだフルコースも楽しめます。季節ごとに内容が異なるので、いつ来ても新鮮さを感じられるでしょう。特定の地域でとれた食材を使った料理など、期間限定のコースもあります。美味しい地酒もその場で注文できるのでぜひ味わってください。



ビュッフェ形式の朝食

朝食は海が見える専用の会場で。ビュッフェ形式で、さまざまな料理が味わえます。青森県産のリンゴジュースが飲み放題なのもうれしいポイント。朝食だというのにお刺身がついてくるのは何とも豪華。朝から贅沢な気分を味わえます。

ホテル内には楽しめる工夫がたくさん

家族でも友達でもカップルでもきっと楽しめる

館内の星空デッキからは美しい星空を堪能できます。マットの貸出もあるので、日本一星空がキレイといわれる深浦の夜空を満喫してください。また、毎週土曜日には津軽三味線のパフォーマンスがホテルのロビーで行われています。好みの浴衣も選べるので、好きな浴衣を着て素晴らしい三味線の演奏を楽しんでください。

地元に少し詳しくなれる

分かりにくいとよくいわれる青森県の方言ですが、客室前の廊下にイラスト付きで紹介されています。気になる方言をマスターしてぜひ旅行中に使ってみましょう。また、地元を舞台にした温泉オリジナルのミステリー小説が客室に用意されています。読書好きな方にはたまりません。ホテルのスタッフさんは観光のアドバイスもくれるので、おすすめのスポットなどを聞いてみましょう。

自分に合う宿泊プランを見つけられる

料理をグレードアップできるプランもあるので、グルメな方におすすめです。地酒つきのプランもあるので、お酒が好きな方はこちらをチョイスしましょう。近くの十二湖を送迎、ガイド付きで楽しめるトレッキングプランもあるので、自然のアクティビティに興味がある方はぜひチャレンジを。

日帰りでも十分に満喫できる

気軽に温泉を満喫できる日帰り入浴

内風呂も露天風呂も日帰り入浴ができます。ただ、入浴可能な時間が温泉により変わるので注意が必要。海辺の露天風呂は日帰りだと8時から16時、15時30分が最終受付となります。浴衣やバスタオルなどをレンタルできるので、手ぶらで利用できるのも魅力的なポイント。

食事付きの日帰りプランもあり

11時から14時までの間なら食事つきの日帰りプランを利用できます。仲間や家族たちと温泉と食事が楽しめるプラン。新年会や忘年会にもぴったりです。少人数の時には個室で楽しめるプランもあるので、事前に相談してみましょう。

合わせて楽しめる近くの観光名所



世界遺産の白神山地

世界遺産として有名な白神山地からホテルまでは車で約1時間30分ほどです。秋になると美しい紅葉も目にする事ができ、多くの方が足を運びます。トレッキングコースも複数あるので、トレッキングが好きな方もきっと満足できるでしょう。

Address 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web https://www.shirakami-visitor.jp/

ハイセンスなリゾート施設 ウェスパ椿山

ホテルから車で約5分ほどで、電車を利用した場合でも20分程度です。滞在型のリゾート施設で、おしゃれな外観はインスタ映えする事間違いなし。ぜひ写真を撮っておきましょう。家族や子供たちと一緒に楽しめるバーベキュー場、昆虫館などがあります。

展望台には展望モノレールを利用して登れます。白神山地と日本海の姿を同時に眺められるので、ぜひこの素晴らしい景観を見ておきましょう。展望温泉もあるので、不老ふ死温泉とはまた違ったシチュエーションでの温泉を楽しんでください。

Address 青森県西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1
Hours なし
Closed なし
Tel 0173-75-2261
Web http://www.wespa.jp/

黄金崎不老ふ死温泉へのアクセス

車での行き方

青森市から車で向かうのなら約2時間30分で、弘前市からだと約2時間です。秋田市からは約2時間30分ほどの所要時間となるでしょう。県道28号線、別名白神ラインは山地の中を通るルートですが、起伏が激しい道のためあまりおすすめできません。ホテルが推奨しているのは国道101号線の海沿いルートです。危険を避けるためにもできるだけこちらのルートを利用しましょう。

電車での行き方

電車だと、東京駅から新青森駅、ウェスパ椿山駅まで約7時間です。東京駅から秋田駅、ウェスパ椿山駅までも同じくらいの時間。ウェスパ椿山駅からは送迎バスがあるので、利用すると便利です。リゾートしらかみ号を利用する場合は予約が不要で、普通列車利用の場合に関しては要予約となります。

Address 青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
Hours なし
Closed なし
Tel 0173-74-3500
Web http://www.furofushi.com/

まとめ

壮大な自然の中で温泉に浸かる事ができ、しかも美味しい料理まで楽しめる施設です。沈みゆく夕陽を眺めながら入る露天風呂は格別。この地域でとれた新鮮な魚介も楽しめ、美味しい地酒も味わえるのでグルメな方もきっと満足できるでしょう。