高倉神社のご縁くぐりで恋愛成就!近くでホタルの鑑賞も

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: elly

出身は福岡。福岡を中心に、九州の記事も書いています。 自然が好きで、山や海に行っては風景を楽しんだり、地元の美味しいお店を探した後は、温泉に入ってリフレッシュ。美術館や博物館めぐりも趣味のひとつで、出会いや発見には毎回ワクワクしています。 近場なら一人旅、県外なら主人とのドライブを楽しんでます。

神功皇后伝説もある高倉神社!!御神木である綾杉からのパワーを感じてみませんか!!

福岡県にある高倉神社は福岡市と北九州の中間にあり、響灘には毎年ウミガメが産卵しにやってくる自然豊かな場所です。旧遠賀郡21か村の総社としても有名な高倉神社の基本情報やアクセス方法まで詳しく解説いたします。

高倉神社とはどんなところ

宗像市から岡垣町へ進むと、山道からは果樹園が広がるとても静かな場所に高倉神社があります。1536年に九州探題大内義隆が社殿造営しましたが、1559年に大友宗麟の兵火で社殿は消失し、豊臣秀吉によって社領も没収されて衰退してしまった高倉神社。江戸期になって福岡藩主・黒田長政、光之によって社殿の修復が行われ、祭儀も復活し現在に至っています。

木々は空を覆いつくすほどに緑の葉を茂らせ、境内の澄んだ空気の中を歩いていくと身も心も引き締まります。春は桜、秋は彼岸花と季節を感じる事も出来るので、境内をゆっくりと散策し、悠久の歴史を感じながら自然に耳を傾けてみるのもいいでしょう。

旧遠賀郡21か村の総社として知られ由緒ある高倉神社は神功皇后伝説があり、古くから信仰を集めており岡垣町民の大切な場所となっています。その神聖な高倉神社の境内には、福岡県の天然記念物に指定されている5本の大楠や、樹齢700年の綾杉をはじめとする巨木が数多くあります。

綾杉またの名を逆さ杉

境内に植えられている樹齢700年の綾杉は、神功皇后が植えられたという言い伝えが残っています。社伝によると神功皇后が三韓征伐のときに自ら植えられたといわれており、その際苗木を逆さまに植えられたので逆杉(さかさすぎ)とも呼ばれ神木として崇められてきました。

昭和45年に原因不明の大火により幹の空洞部分が黒焦げになったといわれています。綾杉は、高さ約10.7m、周囲5.7mと大きく、かなりの存在感があります。

ご縁にも恵まれる場所

境内にある御縁玉をくぐると、恋愛運や結婚運がアップすると言われており、形も五円玉そっくりの石製です。地面からの高さもあり穴も女性の肩幅くらいなので思ったよりも小さく潜るにも一苦労です。

屋根もあったので少々の雨でも濡れずにくぐることが出来ます。また、フクロウの一種であり木々の葉が青葉の頃に飛来して「ホーホー」2声ずつ繰り返し泣くアオバズクは高倉神社にも来ています。境内では、幸福・夫婦円満・不老長寿・交通安全・商売繁盛・学業成就のお守りや塩の販売しています。

高台にある御本殿は神門をくぐり石段を上ると行くことが出来ます。祭神は大倉主命と菟夫羅媛命であり、開運・厄除けの神をお祀りしています。

その広い境内の古木たちは大きく枝を広げ、そこにいるだけでも癒されるスポットです。正月には初詣の参拝客で大いに賑わう場所となっています。

3日間行われるおくんち

海の幸・山の幸の豊饒を感謝し、祝福する氏神様の秋祭りが3日間にわたり行われ、境内には出店が連なり終日多くの人々でにぎわいます。

神社では厳かな神事が行われるほか、提灯を手にした取締役を先頭に旗や御輿などが連なり、舞踏、カラオケ、相撲・剣道・弓道大会、さらには神楽などさまざまな奉納が行われます。境内には夜店なども連なり、祭りの雰囲気をさらにもり上げます。

銅製毘沙門天立像は、須藤駿河守行重を願主とし、筑前芦屋の鋳物師大江貞盛によって1491年に造られたもので、福岡県指定文化財となっています。

邪鬼を含む高さが227.5cmの毘沙門天像は、芦屋鋳造関係の資料としてとても貴重です。境内には藤棚もあり、満開に時期はとても見事な花を咲かせます。

ホタル見学は山田ホタルの里公園

ホタルの里公園は、ふるさとづくりをテーマとして造られ、水辺観察ゾーンや湿地ゾーン、ホタル観察路やホタル館などがあります。

ホタル館はホタルが観察できる時期の夜間のみ開館しており、ホタルの生態を紹介するパネルやゲンジボタルの飼育の様子が見学でき、また自然学習の場としても利用できます。ホタルの館を出て2階に上がると屋根付きの展望所となっており、そこからは公園の遊歩道へとつながる大きな橋があります。

ホタル見学のおすすめスポットは橋の上からで、たくさんのホタルの光を見ることが出来るので眺めは最高です。ゲンジボタルが多く飛び、遊歩道の下へ行くとヒメボタルを見ることが出来ます。

少し遅れてヘイケボタルの数も増えてくるので、見ごろは5月末から6月中旬となります。公園内の遊歩道には菖蒲やカノコユリも咲くので、お花を眺めながらのんびりと散策する事も出来ます。

公園自体に遊具などはありませんが、ゴミもなくとても綺麗に整備されており、普段は静かな場所ですが蛍の時期になると御家族連れやカップルで賑わい駐車場も満車になります。自然に囲まれているので、お天気の日はゆっくりと散歩が楽しめます。

ホタルの里の仲間たち

福岡県の宗像市には、日本でも珍しいカノコユリの自生地でもあり宗像市の花になっています。

カノコユリは希少な花で現在は絶滅危惧種にもなっており、なかなか見ることが出来ませんが、山田ホタルの里に沢山植えられており、毎年7月下旬から8月初旬に薄いピンクや紅色・白の斑点の美しい花びらが一面に咲き誇ります。

また、日本中で見ることが出来る長距離を移動する大型の蝶アサギマダラは、2000kmを旅する途中に山田ホタルの里にも立ち寄り、公園内にあるはフジバカマを吸蜜する姿を10月頃に見ることが出来ます。

住所|〒811-3411 宗像市山田44-1
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0940-36-7471
公式サイトはこちら

ほっこりできるゑほんの蔵

画家として五千点にものぼる原画を描きながら、絵本という舞台で子どもたちに語りかけてきた清水耕蔵氏の絵本館は自然豊かな場所にあります。

ゑほんの蔵・清水耕蔵絵本館でしか味わえない、原画の美しさと宗像の山里美しい風景、きれいな空気を感じることが出来る場所です。

館内ではTシャツやバック・雑貨等の販売、カフェもあり、ミニ映画上映会やミニコンサート、朗読会なども行われます。入場料がかかりますが見学後にはコーヒーのサービス、優しいご夫婦との会話も弾み、そこは癒しの空間となっています。

現在93歳の清水耕蔵氏は横浜に住んでおり、まだまだ現役で絵を書き続けてあります。作品ごとに絵のタッチも異なり、どの絵からも優しさと愛を感じることが出来るものばかりです。

和風の建物を入ると、白を基調にした清潔感あふれる館内は素敵なものばかりが並び、絵本の原画だけでなく実際に手に取って読む事も出来る絵本もあり、どれも懐かしく子供のころにタイムスリップした感じにもなれます。

奥の和室には、お雛様や人形がたくさん並んでおり、お雛様も立ち雛・座り雛だけでなく、三人官女や五人囃子もいて奥様の手作りの作品がずらりと並んでいます。着物の柄を合わせたり帯を結んだりととても細やかな手仕事というのが分かり、じっくりと作品を見ると色使いや帯の結び方、一つ一つに感動です。

お人形がどれひとつとして同じものがなく、着物の柄や色が違うので、お人形の一つ一つから愛情と思いが伝わります。外には蔵ハーブ園があり、ラベンダーやアップルミント・ビワの木やベンチもあり、まさに風景も含めすべてが絵本の中にいるかのような気分を味わうことが出来ます。

住所|〒811-3411 福岡県宗像市山田250番地
営業時間|金曜日(13:00~16:30) 土曜日(10:30~16:30)
定休日|日曜日~木曜日・第1週の金土は休館
電話|080-8380-5717
公式サイトはこちら

高倉神社へのアクセス

・天神から車で約60分、無料駐車場あり

・JR小倉から電車で約50分

・JR海老津駅から、岡垣コミュニティバス高倉バス停下車後、徒歩にて約3分

・JR海老津駅からタクシーで約5分

住所|〒811-4234 福岡県遠賀郡岡垣町大字高倉1113
営業時間|祈願予約受付(8:30~16:30)
定休日|なし
電話|093-282-6581
公式サイトはこちら

まとめ

静かであり歴史ある高倉神社、なかでも境内に植えられている樹齢700年の綾杉は必見です。また、ご縁くぐりで恋愛運アップ、結婚運アップと言われるので女性同士で行ってみてはいかがでしょうか!