神秘の湖!然別湖で北海道の大自然を遊び倒す

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: aoihana

東京出身。住んだことのある北海道や栃木の記事を中心に、ライティングしています。写真が好きで、絶景を求めて日本各地を旅しています。

美しく澄んだ湖で、冬には氷結した湖上に幻の村が出現します。

然別湖は北海道の中でもっとも高いところにあるといわれる湖です。美しい景観が魅力ですが、さまざまなアクティビティを楽しめるのもうれしいポイント。遊覧船に乗れば湖上からの風景も楽しめます。ここでは、然別湖の楽しみ方や魅力、見どころなどについてご紹介しましょう。

自然とアクティビティが魅力の然別湖

標高810mの場所にある然別湖は、北海道でもっとも高い場所にある湖として知られています。鹿追町と上士幌町にまたがる形で位置しており、周囲を豊かな自然に囲まれた湖です。ミヤベイワナという固有種が生息しており、地球上でもここでしか見られないのだとか。釣りの名所としても知られているので、釣り好きな方にもおすすめのスポットといえるでしょう。カヌーのようなアクティビティも盛んで、冬には凍った湖上に雪と氷の村、しかりべつ湖コタンが出現します。

大自然に抱かれた静かな湖

どこまでも澄んだ水が美しい湖

大雪山国立公園内にある湖で、日本でも有数の透明度を誇る水が自慢です。最大水深は98.5m、周囲は13.8kmととても大きいのも特徴。3万年前に山が噴火し、川がせき止められて誕生しました。9つの湾が湖岸線にあり、それが独特の美しい風景を実現しています。冬になると湖全体が氷結するほどの寒さです。

湖を一望できる展望台

然別湖を一望できる展望台はぜひ足を運んでほしいスポット。山々の景色も一望できます。然別湖のシンボルでもある天望山が湖面に写る姿はまさに絶景。唇のように見えるためくちびる山との呼び名もあります。秋の紅葉シーズンになるとまた違った美しい風景を楽しめます。

然別湖で出会える動植物

寒暖差が60度もある非常に厳しい環境で、冬になるとマイナス30度ほどになります。そのような厳しい環境下にも関わらず、ナキウサギやエゾリス、クマゲラ、シマフクロウ、エゾシカ、キタキツネなどさまざまな動物が生息。数万年にわたり独自の進化を遂げてきたミヤベイワナも代表的な生き物です。

遊覧船で楽しむ湖上の風景

遊覧船から見る然別湖は、地上からとはまた違った風景を楽しめます。約40分かけて周遊し、雄大な自然の姿を堪能できます。モーニングクルーズとナイトクルーズがあるので、好きな時間帯に出発しましょう。朝もやの中で鳥のさえずりも聴けるモーニングクルーズ、美しい星空を眺められるナイトクルーズとそれぞれに魅力があります。

ミヤベイワナも 然別湖は釣りの名所

釣りの名所でもあり、年間を通して多くの方が釣りに訪れています。ワカサギやニジマス、サクラマスのほか、ミヤベイワナを釣ることも可能。手ぶらで参加できるガイドフィッシングツアーが初心者にはおすすめです。道具はすべてレンタルできるので、着の身着のままで参加できます。アドバンスドツアーは経験者、本格的な釣りを楽しみたい方におすすめ。ミヤベイワナを釣りたいのなら、グレートフィッシングin然別湖に参加しましょう。

然別湖を遊び尽せるアクティビティ

水を遊ぶアクティビティ

さまざまな水辺のアクティビティが楽しめるのも然別湖の魅力です。シーカヤックやカナディアンカヌーなど、非日常の体験ができるでしょう。陸上であらかじめ練習してからスタートするので、初心者でも安心。湖は透明度がとても高いので、のぞき込むと湖底が見えるほどです。箱眼鏡でミヤベイワナなどを観察できるリバーウォッチングも人気のアクティビティなので、ぜひ参加してみましょう。

森を遊ぶアクティビティ

生き物の目線になって楽しめるエア・トリップも大人気。最長250m、最速時速40kmの空中移動は爽快の一言です。針葉樹林をガイドさんと一緒に歩く原生林ウォーク、苔好きにうれしい苔の森ウォークなどのアクティビティも充実。

夜の森へナイトウォッチング

然別湖の周辺には人工の灯りがありません。そのため、美しい星空を眺めるには最適なスポットといえるでしょう。晴れた日には空一面に広がる星空を堪能できます。都会ではまず体験できない非日常空間なので、夜の森でのナイトウォッチングにぜひ参加してみましょう。ここまでで紹介してきたアクティビティは、すべて湖畔の然別湖ネイチャーセンターで申し込みができます。

住所|〒081-0344 北海道河東郡鹿追町北瓜幕
営業時間|AM9:00-PM6:00
定休日|なし
電話|0156-69-8181
公式サイトはこちら

湖上に出現 幻の村“しかりべつ湖コタン”に遊ぶ

厳冬期、完全氷結する湖

標高が高く冬になるとマイナス30度にもなる然別湖。それゆえ、冬になると湖の水は完全に凍ってしまいます。しかりべつ湖コタンは凍った湖の上に出現する期間限定の村。観光客が少なくなる時期に人を呼び込むために工夫されたイベントで、寒い冬こそ楽しむをテーマにしています。

雪と氷だけでできた村

1~3月にかけて60日のあいだだけ出現します。暖かくなるころにはすべて溶けてなくなるため、幻の村といわれています。圧雪したブロックをいくつも積み重ねたイグルーはかまくらのようなアイスロッジ。もちろん宿泊もできます。イグルーの中は比較的温かいので、旅の思い出としてぜひ泊まってみましょう。

アイスバーで非日常体験

氷でできたアイスバーは、まるでアナと雪の女王の世界に紛れ込んだよう。オシャレな氷のグラスでお酒が飲めるのはここだけです。グラス作り体験も日中にできるので、興味がある方は参加してみましょう。アイスバー内部はとてもフォトジェニックなので、写真撮影もおすすめ。夜はバーですが、昼にはカフェとして利用できます。非日常な空間をぜひ楽しんでください。

寒いけど温かい 氷上露天風呂

氷上露天風呂は無料で入れるので、ぜひ入っておきたいところ。凍った湖の上で露天風呂に入るというのは、まさにここでしか体験できないことです。夜には美しい星空を独り占めしながら温泉に漬かれます。スノーモービルや氷の彫刻体験など、雪と氷のアクティビティで冷えた体を芯まで温めてくれます。

幻想的なアイスチャペル

幻想的なキャンドルナイトが楽しめるアイスチャペルはイグルーでできています。実際に結婚式を挙げるカップルも少なくありません。人とは違う変わった挙式をしたい方におすすめでしょう。青く透き通る氷の壁やキャンドルの灯りがとても魅力的なので、写真を撮るなら夜がおすすめです。インスタ映えする写真もきっと撮れるでしょう。

湖畔の温泉で過ごす癒しの時間

然別湖畔温泉のホテル風水。宿泊せずとも日帰り温泉、足湯などが楽しめます。ただ、1日で遊びつくすのは難しいので、ゆっくり宿泊することをおすすめします。展望露天風呂からは然別湖の風景を一望できるため大人気。満点の星空を楽しみながら温泉に漬かりましょう。すべての客室から湖が見え、鹿追そばやオショロコマ料理などの郷土料理も楽しめます。

然別湖へのアクセス

車での行き方

道東自動車道の十勝清水IC、もしくは芽室ICで下りればそこから約40分ほどの道のりです。また、道東自動車道の帯広音更ICからだと約50分ほどの所要時間となります。

バスでの行き方

JR帯広駅から拓殖バスに乗車しましょう。下車するバス停は然別湖停留所。およそ1時間20分ほどの道のりです。

住所|〒なし 北海道河東郡鹿追町然別湖畔
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0156-69-8181
公式サイトはこちら

まとめ

美しい湖の風景を楽しめるのはもちろん、さまざまなアクティビティも体験できる魅力あるスポットです。家族で旅行に訪れるのはもちろん、気の合う仲間やカップルで訪れるにもおすすめでしょう。期間限定で現れる幻の村にも注目してください。ご紹介したホテルではこの地域ならではの郷土料理も味わえるのでおすすめですよ。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ