海外でWiFiを使用する方法は3つ!海外用ポケットWiFiレンタルがオススメ

公開日:2019/5/22 更新日:2020/1/20

海外に出張や旅行で道に迷った場合、目的のお店がある場合などインターネットがあれば簡単に検索ができます。そんな場合に欲しいのがポケットWi-Fi。しかし、日本で契約しているポケットWi-Fiがあったとしても海外では利用できないことがほとんどです。

海外でWi-Fiを利用する方法は以下の3つが挙げられます。

・海外用ポケットWi-Fiを利用する
・現地のフリーWi-Fiを利用する
・現地の格安SIMを利用する

中でも海外用ポケットWi-Fiをレンタルする方法は設定などが簡単でオススメです。ポケットWi-Fiのレンタルをはじめとして、海外でインターネットを利用する方法についてご紹介します。

注意!日本で利用中のポケットWi-Fiは海外では利用できない!

日本でおなじみのWiMAXなどのポケットWiFiは実は海外対応しておらず、持参しても海外では利用できませんのでご注意ください。

一方でドコモのポケットWiFiなど一部のポケットWiFiは海外でもローミングすることで利用できるケースがあります。ローミングとは、現地提携先のISP(インターネットサービスプロバイダー)に接続することで元の事業者と同様のサービスを受けられることをいいます。

しかし、国際ローミングすることで後から高額請求がくる危険性があるのです。理由は、国内のパケット定額の範囲外だから。国際電話が使った分だけ請求されるイメージだと考えればわかりやすいかもしれません。

海外でWi-Fiを利用する方法

では海外でWi-Fiを利用する代表的な3つの方法をみていきましょう。

海外用ポケットWi-Fiを利用する

初めての方でも比較的に簡単に利用できるのが海外用のポケットWi-Fiをレンタルする方法です。海外での滞在期間だけ契約ができますから、料金も事前に把握できて安心できます。

海外のポケットWi-Fiは滞在する国と期間をレンタル業者に申告することでその国で利用できるようにポケットWi-Fiを設定してもらえます。空港でも受け取り・返却ができるため、便利に利用できるでしょう。

現地についたら電源を入れて、Wi-Fi対応機種にパスワードを入力するだけで利用が可能に。オペレーションも簡単ですし、初めての方には海外用のポケットWi-Fiのレンタルをオススメします。

海外用のポケットWi-Fiレンタルでは1日に使えるデータ通信料でプランが分かれています。たとえば、フォートラベルグローバルWiFiで2泊3日の韓国4GLTEプランを申し込んだ際の1日あたりの料金は、申し込むデータ通信量によって以下のように変わってきます。

300MB 600MB 1.1GB 容量無制限
210円 310円 460円 890円

※2019年3月時点の情報です。申し込みの前には各サイトで正確な情報を確認してください。

データ通信料を選ぶ目安として、観光地でマップを調べたりする程度の使い方なら1日500MBもあれば十分といえます。自分がどのくらいの通信量が必要なのか事前にチェックしておきましょう。

海外旅行などでは基本的に海外用ポケットWi-Fiのレンタルをオススメしますが、海外に頻繁に出向く方や滞在期間が長期間に及ぶ方は購入した方が割安になる場合もあります。

海外対応のポケットWi-Fiのレンタル料金はおおよそ1日あたり300円から1,000円で、SIMフリーWi-Fi端末の購入金額は約5,000円から30,000円です。それに加えて、SIMカードが必要になります。プリペイド式のSIMカードもありますから、できるだけ安くあげたい場合にはレンタル料金と比較して海外対応のポケットWi-Fiの購入を検討してみてください。

ただし、海外用のポケットWi-Fiを購入した場合には、設定は全て自分で行うことになりますのでその点だけ注意しましょう。初心者にでもオススメしたい海外対応のポケットWi-Fiが「どんなときもWiFi」です。

SIMカード不要でクラウドSIMの技術を採用しているため、どの国に渡航しても設定が自動で行われます。対応国は全部で107か国。月額料金が2年間固定で3,280円というところも魅力です。

どんなときもWiFiは海外だけではなく国内での利用もできますから普段日本でも利用ができ無駄がありません。国内ではau、NTTdocomo、SoftBankのトリプルキャリア対応です。

現地のフリーWi-Fiを利用する

さほどインターネットを利用しない方には現地のフリーWi-Fiの利用もいいでしょう。

昨今では宿泊先のホテルやレストランなどでもフリーWi-Fiが利用できるケースが少なくはありません。もちろん国によっては普及していない国も存在しますが、日本人観光客が多い海外のエリアでは利用できるケースが多いです。

朝晩インターネットからSNSをチェックできるだけで問題ない方やしっかり目的地の下調べができる方なら現地のフリーWi-Fiの利用で十分といえます。

現地の格安SIMを利用する

現地の格安SIMを購入し、スマホやタブレットにSIMカードを差し込み利用する方法もあります。この場合にはSIMフリー端末が必要ですが、日本でもSIMフリー端末を利用している方なら簡単に設定できるでしょう。

SIMの差し替えやAPN設定ができる自信のある方や上級者なら現地の格安SIMを利用した方が、海外でも安く済みますよ。

海外用レンタルポケットWi-Fi一覧

ではここで初心者にもオススメの海外用レンタルポケットWi-Fiの一覧を見ていきます。

下記の表は海外用レンタルポケットWi-Fiのうち4社をピックアップして、それぞれの公式サイトにて料金をシミュレーションしたものです。(レンタル日数については、各国を旅行する際の目安となる日数にて設定しています)

. フォートラベルグローバルWiFi
4GLTE 600MB/日
グローバルWiFi
4GLTE 600MB/日
イモトのWiFi
4GLTE 500MB/日
Wi-Ho!
アジア(2泊3日)
韓国 960 2910 1620 3150
台湾 1170 3510 2580 2670
香港 1170 2910 3060 2940
中国 1260 3510 3060 2940
ハワイ、グアム、サイパン(5泊6日)
ハワイ 2040 7620 7560 6300
グアム 2280 7020 7560 7680
サイパン 4140 7020 4680(3Gプランのみ) 7680
北アメリカ(7泊8日)
アメリカ本土 2560 10160 10080 8400
カナダ 4240 7760 10080 9200
ヨーロッパ(7泊8日)
フランス 2880 11760 10080 9200
イギリス 2880 11760 10080 9200
イタリア 2880 11760 10080 9200
スペイン 2880 11760 10080 9200
その他
その他の国々 フォートラベルGLOBAL WiFi
料金一覧
グローバルWiFi
料金一覧
イモトのWiFi
料金一覧
Wi-Ho!
料金一覧
https://wifi.4travel.jp/ https://townwifi.com/ https://www.imotonowifi.jp/ https://www.wi-ho.net/

※2019年3月時点の情報です。申し込みの前には各サイトで正確な情報を確認してください。

公式サイトでの料金シミュレーションでは、フォートラベルGLOBAL WiFiが安いですが、各社価格ドットコム経由で申し込むことで時期によっては大幅値下げされます。グローバル WiFi、Wi-Ho!などはフォートラベルGLOBAL WiFiと同程度の価格にまで割引されることも。渡航時期が決まったなら、料金をしっかりチェックしましょう。

イモトのWiFiは専任日本人スタッフのサポートが充実している他、空港カウンターによっては当日申し込みも可能な点がとても便利です。

上記調査の限りでは、確実に安く済ませたい方はフォートラベルGLOBAL WiFiがよいといえます。しっかり調査をしてより安くレンタルしたい方には、グローバルWiFiや、Wi-Ho!なども選択肢の一つになるでしょう。

そして、はじめて海外用ポケットWi-Fiをレンタルする方などでサポートや便利さ重視ならばイモトのWiFiがオススメです。

海外用ポケットWi-Fiをレンタルしてから返却するまでの方法

では、海外用のポケットWi-Fiをレンタルしてから返却までの流れを見ていきましょう。

各社で多少の違いがありますので、詳細は各社でチェックしてくださいね。

ネットで予約

出発日から逆算した申し込み期限までにインターネット上のWebサイトで予約を行います。申し込み期限は都道府県によって異なっています。

たとえば、沖縄の場合には、海外に渡る4日前までの申し込みが必要ですが、都内なら2日前までで予約ができるなど各社によって違いますのでチェックしておきましょう。

空港、宅配などで受け取る

予約が完了したなら、次は受け取りです。自宅に配送してもらうパターンや、空港での受け取りなどレンタル業者によって受け渡し方法が数種類設定されていますので、希望の受け取り方法を指定して受け取ってください。

自宅で受け取る場合には、配送日を指定できる可能性もあります。忙しい方ならこの日にしか受け取れないなどの事情もあるはず。レンタル業者に事前受け取りの日付指定ができるか確認してみてください。ただし、事前受け取りを指定した場合には有料になる可能性もあります。

特に配送日に指定がない場合には、自宅に郵送を選べば海外に渡る1日〜2日前に受け取ることになります。

空港を指定したなら端末を受け取るのは渡航当日です。たとえばフォートラベルGLOBAL WiFiやグローバルWiFiの場合には、空港での受け取りのほか、限られた国ではありますが海外現地のホテルでの受取りが可能です。その他業者によっては店頭で海外用のポケットWi-Fiを受け取れるケースもあります。

イモトのWiFiはレンタル日の2日前までに申し込むことで、空港での受け取りのほか、東京本社での店頭受け取りが可能です。ポケットWi-Fiをレンタルする際は、自分にあった受取りができるレンタル業者を選ぶというのもいいですね。

機器を返却する

海外でポケットWi-Fiの利用が終了したなら、返却期限までにポケットWi-Fiを返却しましょう。返却方法は業者によって異なります。

郵送を選んでいる場合には返却期日までに忘れずに郵送してください。もしも空港での受け渡し・返却を選んでいたなら、帰着時にそのまま空港のカウンターで返却すればOKです。

郵送などの手間や返却忘れがないため、特に理由のない方は空港での受け取りと返却が便利ですね。空港のカウンターには営業時間がありますので、フライトの時間によっては返却が難しいケースもあるでしょう。

しかしほとんどのレンタル業者は空港に返却BOXを設置していますので、帰国時間を気にせずに返却できますので大丈夫です。事前に返却BOXの場所や存在を確認するようにしてくださいね。

もしも返却が遅れてしまった場合には延滞料金が発生してしまいます。万が一返却ミスがあった場合には、すぐにレンタル業者に連絡してくださいね。適切な対処法を指示してもらえます。

まとめ

海外でWi-Fiを使用する方法は、海外用ポケットWi-Fi、現地のフリーWi-Fi、現地の格安SIMの3つの方法があります。初心者には海外用のポケットWi-Fiをレンタルする方法がオススメです。電源を入れるだけで利用できますし、海外にいてもいつでもインターネットにつなぐことができます。海外用ポケットWi-Fiはネットで予約後、空港などで受取り、返却するという簡単なステップでレンタルできます。

海外旅行の際はぜひ、海外用ポケットWi-Fiを利用して快適にインターネットを利用しましょう。