WiMAXをレンタルしたい!一番安くレンタルする方法と受取から返却まで

公開日:2019/5/22 更新日:2019/5/22

Wi-Fiのレンタルサービスをお探しですか?

実はWi-Fiのレンタルサービスは「WiMAX」がオススメなんです。

なぜならWiMAXをレンタルすると、自宅に限らず国内の旅行先や出張先でも、快適に無制限でインターネットが楽しめるからです。

実はWiMAXのレンタルは利用期間によってオススメの業者が異なります。

結論をいうと、

一ヶ月以内の短期レンタル・・・「楽天」か「Yahoo!ショッピング」
一ヶ月より長くレンタルしたい・・・「縛りなしWiFi」

が利用料金が安く設定されています。

今回はWiMAXのレンタルを検討している方に向けて以下の4点を解説していきますよ。

・レンタルするならどの業者がお得なのか
・WiMAXをレンタルする前に知っておきたいポイント
・レンタルから返却までの流れ
・WiMAXを無料でお試しできるサービス

利用用途に合わせたWiMAXをレンタルしてみてくださいね。

※掲載内容は2019年3月時点の独自調査に基づくものです。

一番安いWiMAXのレンタル業者早見表!期間によってオススメが変わる

WiMAXはレンタル期間によってオススメが変わります。具体的にみていきましょう。とくに機種の記載のないものは最新機種のW06です。

送料・その他費用 2泊3日 4泊5日 6泊7日(一週間) 9泊10日 13泊14日(二週間) 30泊31日(一ヶ月間) 59泊60日(二ヶ月間) 89泊90日(三ヶ月間)
縛りなしWiFi
(WX05,W04)
送料無料/返却時の送料は別途必要 3,300円※ 6,600円 9,900円
FujiWiFi
(W05)
送料:500円/返却時の送料は別途必要/※別途初期費用:2,000円 3,200円 6,400円 9,600円
楽天市場 往復送料無料 1,800円 2,800円 3,400円 3,800円 5,400円 10,000円 14,000円
Yahoo!ショッピング 往復送料無料 1,800円 2,800円 3,400円 3,800円 5,400円 10,000円 14,000円
e-ca 送料:540円/返却時の送料は別途必要 1,620円 2,700円 3,780円 5,400円 7,560円 7,560円 14,850円 22140円
DMM
(W05)
往復送料無料 3,290円 3,840円 4,660円 5,760円 5,300円 7,880円 10,460円
Wi-Fiレンタルどっとこむ 受取手数料:500円/返送送料:500円 2,220円 3,060円 3,900円 5,160円 6,420円 6,420円 13,525円 18840円
ワイマックスレンタル.com 往復送料:890~990円 1,990円 3,980円 6,990円 13,980円 20,970円
WiFiレンタルJP
(W05)
往復送料:990円 2,250円 4,500円 5,570円(15日間) 6,990円 13,960円 20,950円
WiFiRentalJapan
(W05)
往復送料/関東:990円/関東以外:1,080円 3,360円 4,800円 6,720円 7,200円 14,400円 21600円
WiFiレンタル屋さん
(W03)
往復送料:1,080円 1,650円 2,750円 3,850円 5,500円 7,700円 8,250円 14,650円 20,500円

※1:2019年3月時点の情報です。申し込みの前には各サイトで正確な情報を確認することをオススメします。
※2:記載のレンタル日数は業者によっては多少前後する可能性があります。
※3:離島や一部地域によっては記載されている送料と異なることがあります。

一ヶ月までのレンタルなら「楽天市場」か「Yahoo!ショッピング」が安い

上記の表を見てもわかるように一ヶ月までのレンタルなら、楽天市場かYahoo!ショッピングが格安です。4泊5日で1,800円と割安。さらに往復送料も無料です。

どちらも出店者は同一ですから、普段よく利用するサイトからレンタルをするといいでしょう。それぞれのサイトのポイントが付きますし、保有しているポイントでレンタルすれば更に安く利用できますよ。

楽天市場でWiMAXをレンタルする
Yahoo!ショッピングでWiMAXをレンタルする

一ヶ月より長くレンタルするなら縛りなしWiFiが安い

一ヶ月よりも長くレンタルするなら縛りなしWiFiがお得です。初期費用がかかりませんし、レンタル時の送料は無料です。初期費用がかからずに一ヶ月間3,300円でWiMAXが利用できます。

ただし、契約期間に縛りのない縛りなしWiFiですが、実は、解約されるタイミングは解約を申し込んだ月の翌月です。つまり、最低2ヶ月分の6,600円の料金が発生してしまうのです。注意してくださいね。

一見料金表で安く見えるFujiWiFiですが、実は、初期費用に2,000円の料金が発生することと、送料が有料な点は覚えておきましょう。

初期費用と送料を考慮しトータルの金額で考えると縛りなしWiFiの方が安く済みます。

ただし、解約は当月の15日まで可能。つまり、最低利用期間のちょうど一ヶ月だけの利用を考えるなら、15日までに解約の申し込みができれば送料500円+初期費用2,000円+月額料金3,200円で合計5,500円(返却時の送料除く)となり、FujiWiFiの方がお得になるでしょう。

しかし、楽天やYahoo!ショッピングにはおよびません。そのため、ちょうど一ヶ月のレンタルなら楽天やYahoo!ショッピングがオススメです。

WiMAXをレンタルする前に知っておきたい4つのポイント

WiMAXをレンタルする前に知っておくべきポイントは下記の4つです。

  • レンタルして利用する場所はWiMAX2+のエリア内かどうか
  • 月間データ通信量は無制限だけど3日で10GB以上利用すると速度制限がかかる
  • スペックの通信速度はあくまでも目安
  • 画面割れや水没、紛失した場合は端末代金を支払う必要がある

ポイントを押さえておかないと後から後悔してしまうこともありますので、しっかりチェックしてくださいね。

レンタルして利用する場所はWiMAX2+のエリア内かどうか

WiMAXは独自の回線を提供している関係で利用できるエリアが限られています。WiMAX2+のエリア内かどうかがキーポイント。それ以外のエリアでは利用できませんから、最初に十分確認するようにしましょう。WiMAX2+のエリアの確認は下記リンクから確認することができます。

WiMAX2+のエリアをチェック

WiMAXのレンタル機器は原則ハイスピードプラスエリアモード(auの4G LTEでの通信)のオプション契約ができません。そのため、WiMAX2+のエリア外でもauのLTE通信網へ切り替えての通信ができませんからご注意ください。

利用したい場所がWiMAX2+のエリア外ならLTEのポケットWi-Fiを検討しよう

もし利用したいエリアがWiMAX2+のエリア外ならLTEの通信が利用できるポケットWiFiを検討するべきです。WiMAX2+のエリアよりも広大で全国をカバーしています。
参考:人口カバー率99%超でつながるエリアが広い│エリア:スマートフォン│au

WiMAXをレンタルしても海外では利用できない

WiMAX2+のサービスエリアは日本国内に限られています。そのため海外では利用できません。
もしも海外に持ち込んだ場合、電波が受信できないため使えないことを覚えておきましょう。海外の通信会社とローミングすることもありません。

海外でWi-Fiを利用したいなら海外でも利用できるポケットWi-Fiの契約やレンタルが必要です。

国内外問わずWi-Fiに接続したいならどんなときもWiFiというモバイルルーターもオススメですよ。

どんなときもWiFiは自動的に一番快適なLTE電波を探して接続してくれることと、データ量無制限でシンプルな料金体系が魅力です。

海外用ポケットWiFiレンタルについて

月間データ通信量は無制限だけど3日で10GB以上利用すると速度制限がかかる

レンタルできるWiMAXは月間の通信量が無制限に利用できるプランが主流です。

通常WiMAXを購入した場合には、無制限に利用できるギガ放題プランか、月間7GB利用できるプランの2種類があります。

レンタルの場合には、ギガ放題プランでレンタルされますよ。

しかし、たとえ無制限に利用できるギガ放題プランでも、直近の3日間で10GB以上の通信をすることで速度制限がかかります。

速度制限にかかってしまうと速度はおおむね1Mbpsに制限されてしまいます。

速度制限の時間帯は、18時から翌日2時の8時間です。直近の3日間で通信量が10GB以下になるまで速度制限が続きます。注意して利用するようにしましょう。

しかし、1Mbpsの速度とは、スマホの通信制限である128Kbpsの状態とは約10倍ほど異なります。YouTubeの標準画質レベルでの視聴にはなんら問題ありませんので安心してくださいね。

スペックの通信速度はあくまでも目安

WiMAXの最新機種W06のスペックは下り最大1.2Gbpsを誇っています。しかし、このスペックはあくまでも目安です。

あくまで理想的な環境下での最大速度ですので、実際の通信速度を示すものではないことにご注意くださいね。

WiMAXは機種によって最大の通信速度が異なります。一番速度が速いのは最新機種のW06。しかし、WiMAXのレンタルサービスではau 4G LTEの機能は利用できないため、最大速度は下りで440Mbpsです。

少しでも通信速度を向上させたいと考えている方は、WiMAXのハイパワー搭載機種を選んでくださいね。

ハイパワー搭載機種では約20%の速度向上が見込めます。WiMAXハイパワー搭載の機種はW06とWX05ですよ。

またWiMAXは利用する地域によって最大速度に違いがあります。

下り最大440Mbpsのエリアと下り最大220Mbpsのエリア、下り最大110Mbpsのエリアがあります。レンタル前に自分の利用地域をチェックすることをお忘れなく。

その他、ビル内やビルの陰、トンネル、山間部などでは電波が届きにくく通信が途切れる可能性があります。

室内で電波の受信状況が悪い場合には、窓際にルーターを置くことで改善されることもありますよ。

画面割れや水没、紛失した場合は端末代金を支払う必要がある

万が一WiMAXのレンタル中に端末の画面割れや水没、紛失した場合には端末代金を支払う必要があります。

たとえば縛りなしWiFiで故障・紛失した場合は39,800円(税抜)を支払うことに。

各業者にて端末の補償オプションプランを用意してありますから、万が一の端末トラブルが気になる方はオプションへの加入をオススメします。

たとえば、縛りなしWiFiの場合には、安心サポートプランに加入しておくことで、万が一の端末紛失時には39,800円(税抜)が10,000円(税抜)の支払いで済みます。

※3月時点の補償金の金額

WiMAXをレンタルしてから返却するまでの手続き方法

ではWiMAXをレンタルしてから返却するまでの一般的な手続き方法を見ていきましょう。どの業者であっても共通する事項を紹介していきます。

WebサイトからレンタルWiMAXを予約申し込みする

まずはWebサイトからレンタルWiMAXの予約を申し込んでください。

ただし、春先や夏休みなどの時期は混雑が予想されるため、できるだけ早めの予約が必要です。混雑している時期の場合には、希望する機種がレンタルできない可能性もあるでしょう。

また、レンタル業者によっては機種が選べないケースや支払い方法が限られているケースもあります。

たとえば、縛りなしWiFiならWiMAX機種はWX05かW04の選択ですし、支払い方法はクレジットカードのみです。事前に機種が選べるのかや支払い方法をチェックしてから申し込みをしましょう。

東京なら実店舗でWiMAXを即日レンタルできる!

東京都内なら実店舗でWiMAXを即日レンタルすることも可能です。もしも予約を忘れてしまった場合や、急にレンタルの必要がある場合には店舗に出向いてみるといいでしょう。

都内にはWiFiレンタル本舗Wi-Fiレンタル屋さんなどの実店舗があります。いずれも東京都千代田区神田須田町の店舗です。

急なレンタルだとしても、Web上で事前に申し込みを行った上で店舗に出向く必要があります。端末受け取りには身分証明が必要ですよ。

 

WiFiレンタル本舗 Wi-Fiレンタル屋さん
住所 東京都千代田区神田須田町1丁目2-3 山房ビル 東京都千代田区神田須田町1-5 KSビル2F
TEL 03-6206-9955 03-3525-8351
営業時間 平日:11:00-19:00

土日祝日:11:00-18:00

平日:9:30-19:00

土日祝日:11:00-18:00

定休日 なし なし
webサイト https://wifi-honpo.com/ https://www.rental-store.jp/

届いたらすぐにWiMAXを使える!何かトラブルがあったら業者に連絡しよう

届いたらすぐにWiMAXを利用できます。箱から取り出し、電源を入れて端末にパスワードを入力するだけで利用可能に。

しかし、中には届いたWiMAXが故障していたりうまく動作しないケースもあるでしょう。電源を入れても動作しない場合には、レンタル業者に連絡し、対処を促してください。

返却日は忘れずに!指定の方法でWiMAXを返送しよう

レンタル期間の定義はレンタル業者によって違います。

返却日は忘れないようにしてください。返却日が迫ったなら速やかに梱包し返却を行います。

返却が手元に届くまでをレンタル期間と謳っている業者もあれば、ポストの投函までをレンタル期間と謳っている業者もあります。レンタル期間の定義は事前にきちんと確認しておきましょう。

もしも端末が手元に届くまでがレンタル期間の業者の場合には、郵送する日数を考えて返却する必要がありますよ。

返却方法は業者によって異なります。場合によっては返却先が借りた場所とは違う都道府県のケースもあるでしょう。郵送期間が思いの外かかるケースも存在します。

きちんとレンタルする際には返却方法も確認してくださいね。

もしも返却を忘れてしまった場合には延滞料金が発生してしまいます。WiMAXの延滞料金は、業者によってはレンタル料金の倍額以上などと高額になりがちです。

たとえば、Wi-Fiレンタル本舗の場合には、1日のレンタル料金が430円ですが、1日の延滞金は1,080円。1日延滞するなら、1日レンタルの延長を申し入れた方が得策です。

業者によってはWiMAXのレンタルの延長ができますので確認してみてくださいね。

万が一郵送が間に合わずに数日機器の到着が遅れそうな場合には、あらかじめ業者のサポートセンターに連絡を入れるようにしてください。

ほとんどのレンタル業者では無断での延滞に対して延滞料を科すと規約に記載されています。

WiMAXを契約する前にお試しで使ってみたい人は「Try WiMAX」を利用しよう

WiMAXの契約を迷っている場合には、Try WiMAXの15日間お試し利用をオススメします。

Try WiMAXとはWiMAXの契約を検討している人に向けた無料お試しサービスです。

15日間通信料や、契約料、レンタル料、配送料など一切かからずにWiMAXが試せます。エリアが心配、利用目的に適した通信速度が保てるのか?など気になる方はいることでしょう。

試してみてエリアなどの心配がないなら本契約ができるというわけです。今後WiMAXを契約したいと考えている方は、まずTry WiMAXを試してみるといいでしょう。

Try WiMAXのレンタルは、20歳以上でクレジットカードを持っている方しか利用できません。もしも20歳未満の学生なら保護者にレンタルをお願いする必要がありますよ。

まとめ

WiMAXのレンタルを短期間だけ行いたいなら楽天かYahoo!ショッピングがオススメ。1ヶ月よりも長くレンタルするなら縛りなしWiFiがお得です。

できるだけ安くレンタルを行い、お得にWiMAXを利用してみませんか?レンタルする前には確認ポイントをしっかり押さえて損をしないようにしてくださいね。

長期休暇での旅行などではWiMAXがあると便利です。利用する期間が決まったなら早めに予約をしておきましょう。