ゴールデンゲートブリッジの美しい姿をさまざまな角度から見てみよう!

トラベルパートナー: YUKI

青森県出身のYUKIです。世界遺産が大好きで、以前はよく一人で旅に出ていました。今まで訪れた国は約30ヵ国。現在は海外に住んでいて、時間がある時は夫と一緒に旅に出ています。メインで書いている記事は出身地の青森県、アメリカ、それと世界遺産を有する国々です。

霧がかかった日や、夕日に映える赤いゴールデンゲートブリッジも要チェックです!

世界一美しいと言われるゴールデンゲートブリッジは、サンフランシスコの北西に位置し、サンフランシスコとその北に広がるマリン群を結んでいる橋です。常に観光客を魅了する橋。ゴールデンゲートブリッジの絶景ポイントや、徒歩で渡る際の注目点などを解説していきます。

サンフランシスコ観光のハイライトスポット

サンフランシスコの観光と言えば、一番最初に名前が挙がるほど有名なゴールデンゲートブリッジ。映画やテレビ番組などを通して、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。サンフランシスコを訪れた際は、是非立ち寄りたいおすすめの場所です。

サンフランシスコのシンボル的存在

ゴールデンゲートブリッジは、ゴールデンゲート海峡に架かる橋で、サンフランシスコとその北に広がるマリン群を結んでいます。サンフランシスコのアイコン的存在で、世界的にも有名な定番観光スポット。全長2737m、水面までの高さはなんと67mもあります。

基点となるウェルカムセンター

観光の基点となるのは、橋のサンフランシスコ側入り口付近にあるウェルカムセンターです。目の前にはバスの停留所もあり、定番のお土産やオリジナルグッズも手に入れることが可能。向かいにあるラウンドハウスカフェからは、大きな窓越しに橋を見学することもできるので、おすすめの休憩場所です。

アメリカ西海岸の玄関口

サンフランシスコ湾はアメリカ西海岸の玄関口とも言われるほど、商用や観光用の船が数多く出入りします。巨大なフェリーが橋ギリギリを通り抜ける様は、ハラハラドキドキと見ごたえあり!かの有名なクイーンエリザベス号が、橋との間を約60cmだけ残して通った記録もあります。

眺めるだけではない!ゴールデンゲートブリッジを渡ってみよう

ゴールデンゲートブリッジは、徒歩で対岸岸まで渡れるのはご存知でしょうか。橋から眺めるサンフランシスコ湾の絶景に圧巻!気持ちいい風に吹かれながら、全長2737mの橋をゆっくり渡ってみましょう。

徒歩で対岸まで渡ってみよう!

徒歩で渡る場合、ウェルカムセンターからサンフランシスコの反対岸のサウサリートまで、約40~50分の距離。自転車も同じ場所を共有して渡るので、徒歩の人は海側を通行するように気を付けましょう。バスでサウサリートまで渡り、そこからサンフランシスコを目指して渡ってくることも可能です。

橋の上からサンフランシスコ湾の絶景を独り占め!

橋を徒歩で渡る特権と言えば、美しいサンフランシスコ湾の景色をゆっくり堪能できることです。眼下一面に広がる青い海や、かつて脱獄不可能として知られていたアルカトラズ島、サンフランシスコ市内のビル群などを一望することが可能。SNS映えする写真を取れること間違いなしです。

大きな柱やロープにも注目

橋を支える大きな柱やタワー、ロープなどを間近に見ることができます。近くで見るとそのロープの太さに驚きます。橋を支えるタワーは、上に行くほど先細になるアルファベットのAのような形。これらは遠くで眺めるだけは決して確認できず、徒歩で渡る人のみ間近で見ることができます。

さまざまな絶景ビューポイントを周ってみよう!

サンフランシスコ名物のゴールデンゲートブリッジは、さまざまな角度からその美しい姿をとらえることができます。橋の上、横、下、定番スポットから穴場スポットまで、自分の好きな鑑賞スポットを探してみましょう。

ゴールデンゲート・ビューポイント

橋と街の両方を一度に眺められるスポットが、ここゴールデンゲート・ビューポイントです。サンフランシスコの反対岸に広がる小高い山の上で、ここから一直線に伸びる橋とサンフランシスコの街並みを一望することが可能。サンフランシスコ名物の、霧がかかった幻想的な橋を見ることもできます。

住所| Old Conzelman Rd, Mill Valley, CA 94941
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

下から見上げるゴールデンゲートブリッジ

橋は上や横からだけではなく、下から見上げることもできます!サンフランシスコ湾の観光用クルーズの中には、ゴールデンゲートブリッジの真下を通過するものもあり、下から見上げるとその橋の高さと迫力に圧巻。他とはちょっと違った鑑賞方法として、おすすめのひとつです。

ビーチ越しに見るゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコの西に広がるベイカービーチからは、ビーチ越しに橋を眺めることができます。付近には海岸に沿ったトレイルもあり、散歩がてら橋を鑑賞するのがおすすめ。橋と岸壁のコントラストが美しく、他の鑑賞スポットに比べ比較的空いている穴場スポットです。

住所| Gibson Rd, San Francisco, CA 94129
営業時間|なし
定休日|なし
電話|415-561-4323
公式サイトはこちら

橋のふもと、フォートポイント

橋の南側のふもとには、かつて要塞として使われていたフォートポイント国立歴史地区があります。ここからは波の音を聞きながら、海岸越しに橋を見ることが可能。ウェルカムセンターからも近く交通のアクセスも良いので、どこで見るか迷ったら、まずはここを訪れるのがおすすめです。

住所| Long Ave & Marine Dr, San Francisco, CA 94129
営業時間|なし
定休日|なし
電話|415-556-1693
公式サイトはこちら

まるで中世のヨーロッパ!パレス・オブ・ファインアーツ

ゴールデンゲートブリッジからバスで20分ほど進んだ場所に、サンフランシスコ市民に親しまれる広場があります。美しい中世風の建物や庭園、水鳥やカメが生息する池。どこをとっても絵になる場所なので、軽食片手にゆっくり散歩してみましょう。

古代ローマ風の大きな建物が目印

ゴールデンゲートブリッジから東へ約3km、バスで20分ほどの距離に、ひときわ大きな古代ローマ風の建物が建っています。ここは、1915年に行われたサンフランシスコ万博の目玉のひとつとして建てられた、パレス・オブ・ファインアーツ。映画撮影や、結婚式の写真撮影などによく使われている場所です。

サンフランシスコ市民憩いの広場

敷地内には大きな池と美しい庭園が広がっており、晴れた日には、地元の人たちが散歩やジョギング、ピクニックなどを楽しんでいます。魚やカメが生息し、水鳥も羽を休める情緒溢れる池。近くのカフェなどで軽食を用意し、芝生やベンチに腰掛け、ゆっくりランチ休憩がとれるおすすめの場所です。

R2D2のモデルとなった建物

映画「スター・ウォーズ」に登場する名キャラクター、R2D2をご存知でしょうか。実はこのR2D2、パレス・オブ・ファインアーツから発想を得て造られたキャラクターです。丸みを帯びたフォルムが、たしかにR2D2によく似ているのかもしれません。

古代ローマやギリシャ建築に影響を受けている

目玉となる丸みを帯びた建物の中に足を入れると、その柱の大きさや見事な装飾に目を奪われます。気分はまるで、中世ヨーロッパへタイムスリップしたかのよう!大きな太い柱や美しい彫刻が立ち並び、SNS映えする写真を撮るなら、断然おすすめの建物です。

住所| 3601 Lyon St, San Francisco, CA 94123
営業時間|AM6:00-PM9:00
定休日|なし
電話|415-376-1704
公式サイトはこちら

 

ゴールデンゲートブリッジへのアクセス

サンフランシスコとその北に広がるマリン群を結ぶ、ゴールデンゲート・トランジットバスや、サンフランシスコ市内を網羅するMUNIが橋まで運行しています。ゴールデンゲート・トランジットバスは、10番、70番、80番、101番で行くことが可能。徒歩で渡る際は無料ですが、車の場合は電子決済が導入されているため、レンタカーの場合はレンタカー会社に事前に確認してください。

住所| Golden Gate Bridge, San Francisco, CA 94129
営業時間|24時間、徒歩の場合AM5:00-PM9:00(夏期)、AM5:00-PM6:30(冬期)
定休日|なし
電話|415-921-5858
公式サイトはこちら

まとめ

さまざまな場所から見ることができるゴールデンゲートブリッジですが、どこから見てもその美しい姿をとらえることができます。実際に橋を渡ってみると、遠くからでは気付けない新しい発見も。訪れるたびに違う場所から鑑賞してみるのも、サンフランシスコ観光の醍醐味です。