神秘的で美しい!リストヴャンカでバイカル湖に沈む夕日を見に行こう

トラベルパートナー: NaitoYuta

神奈川県出身の30代男性です。電車・バス・飛行機で遠くに出かけるのが好きです。基本的に一人旅です。大学院で観光学を研究していました。海外であればロシアとその周辺諸国について、国内であれば北海道・関東・新潟・佐賀・長崎(壱岐・対馬)について書いていこうと思います。

シベリアの真珠と呼ばれるだけの価値はあります

・ここに序文を記載してください

バイカル湖とはどんな湖か

  • 世界で最も深い湖で、世界最大級の淡水湖である。面積は560,000 km2である。
  • 世界の凍っていない水の17%がこの湖にあるとさえ言われている。
  • 対岸が見えない。そのため海と間違うほどだが、なめてみるとまぎれもない淡水である。
  • その透明度はあの摩周湖をしのぐほどだといわれ、世界遺産に指定されている。
  • バイカルアザラシなどの固有な生物種が多く、「シベリアのガラパゴス諸島」の異名もある。
  • ほとりにあるリストヴャンカにはペンションやホテルもあり、バイカル湖拠点の村である。

バイカル湖のほとりのリストヴャンカを訪れてみよう

  • リストヴャンカは東シベリアの中心都市イルクーツクから南東に70km離れた村である。
  • リストヴャンカへはバスや高速船でイルクーツクからアクセスできる。
  • ベストシーズンは5月後半~9月。9月には紅葉が始まる。ただ、凍った冬のバイカル湖も面白い。

バイカル湖岸鉄道は予約必須!

  • バイカル湖岸鉄道もシベリア鉄道のスリュジャンカⅡ駅から出ていて、絶景が美しいが本数はとても少ない。
  • シベリア鉄道はもともとこちら側を通っていたが、アンガラ川のダムの建設で一部が水没することになった。
  • 水没を免れた区間を観光用に残したのがこの鉄道である。
  • バイカル湖岸鉄道はツアー会社の手配がないと乗れないので予約が必須である。
  • 全長89kmの線路をSLが走ることもあり、迫力満点である。手漕ぎのトロッコもある。
  • 終点のポルト・バイカル駅からリストヴャンカまでは渡船が出ている。

リストヴャンカの見どころ

  • バイカル湖には、バイカルアザラシという世界でも珍しい淡水に生息するアザラシがいる。
  • ニェルピナーリーという水族館ではアザラシたちによるショーもみられる。
  • バイカルアザラシは意外と多く生息している。遊覧船に乗れば彼らに会えるかもしれない。

木造建築が美しい街並みだ

  • ロシアは石造りの建物が多いが、このリストヴャンカでは木造の建築物が目立つ。
  • 「タリツィ」という木造建築の博物館があるほどである。
  • 教会も石造りではなく木造の温かみのある建築が多い。意外と歴史ある街である。

日本人墓地は考えさせられる

  • シベリア抑留でこの地に抑留された日本人の墓地である。
  • 彼らは厳しい労働に従事させられ、故郷を見ずに亡くなった人も多い。その事実を知れば思わず考えさせられてしまう。
  • 抑留にあった日本人約60名がリストヴャンカの日本人墓地に埋葬されているという。

バイカル湖の夕日

  • バイカル湖に沈む夕日は死ぬまでに1度は生で味わってほしい光景である。
  • 船のエンジン音だけが静寂の中聞こえてくる。日が沈むまで何時間でも眺められるだろう。
  • 時間に追われないのんびりとした時を味わえるのは格段に贅沢である。

 

バイカル湖のグルメ「オームリ」を堪能する

  • オームリとはマスやサケの一種である。近年は漁獲量が減少傾向にありやや希少になりつつある。
  • 味はさっぱりとしていて、マスに似ている。バイカル湖に来たらやはり食べてほしい。
  • 「マヤーク」ホテルの1Fのレストランがおすすめ。後述する市場でも売られている。

リストヴャンカの市場を覗いてみよう

  • 市場にはバイカル湖でとれた新鮮な魚介類などが売られている。お土産もここでそろう。
  • 1番の名物はオームリの燻製である。アツアツのオームリを食べることができる。
  • 市場は夏はとても賑やか。オームリなどは買ってバイカル湖畔で食べることもできる。
住所|〒なし Gorkogo, 111/3 | Next to Hotel Priboy, Listvyanka 664520, Russia
営業時間|店舗によって異なる
定休日|季節によって異なる。要問合せ
電話|なし
公式サイトはこちら

バイカル湖(リストヴャンカ)に泊まる

  • マヤークホテルの部屋からはバイカル湖が臨める。宿泊費も手ごろである。
  • 1Fのレストランでは先述したオームリをはじめとしたおいしい食事がいただける。
  • 割とシンプルな部屋である。booking.comなどから予約できる。
住所| Ulitsa Gorkogo 85 A, 664520 listvyanka Irkutsk oblast Russia
営業時間|無休
定休日|無休
電話|+7(3952) 496-910
公式サイトはこちら

 

バイカル湖のお土産

バイカル湖のお酒と言ったらこれでしょう

  • お酒好きな人には「バイカル」というウォッカがおすすめである。いくつかバリエーションがある。
  • バイカル湖の深水500mのところからくみ上げた水を使っている。
  • バイカル湖の形がラベルに入っているのですぐにわかるだろう。

バイカルアザラシのぬいぐるみ・バイカルアザラシグッズを入手!

  • バイカルアザラシのぬいぐるみはぜひ入手しておきたいところ。市場で手に入る。
  • かわいくて素通りできない。その目は何かを訴えていそうである。
  • お値段は小さいもので150ルーブルからと手ごろ。部屋に飾っておくとよいと思う。

 

バイカル湖の冬

  • 1月には完全に氷に閉ざされ、歩いて湖上を行けるほどになり、あえてこの時期を選ぶ観光客もいる。
  • とても寒く、ときにはマイナス40度にもなるが、とても美しい。
  • 防寒対策は日本以上にしていかないといけない。現地の毛皮の帽子がおすすめ。

バイカル湖へのアクセス

イルクーツクまでのアクセス

  • 日本の成田空港から玄関口のイルクーツクへは週2便、6月~10月にS7航空の直行便が飛んでいる。
  • 北京経由、ソウル経由もおすすめである。
  • ウラジオストクやハバロフスク、北京、ウランバートルなどから列車もある。

注意事項

  • 日本からイルクーツクへ渡る際はビザの取得が必須。2週間前までに大使館・領事館で申請が必要。
  • 旅程の変更はできないのでしっかり計画は立てておきたい。
  • ただし将来的にはウラジオストクなどと同様に電子ビザになる話もある。

 

まとめ

・ここにまとめを記載してください。