本牧市民公園は風変わりな穴場公園だ!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Yoshi

出身は山形県、埼玉県に長くいたため、自然溢れた埼玉県の良さを紹介するのが得意です。歴史や原風景が好きで、観光地の人気店のチェックは欠かしません。ヒッチハイクや車中泊等、様々な旅の経験をしてきました。仲間と車中で語りながら楽しく旅先へ行くのが好きです。

親子揃って体験できるイベントが数多くあるよ!

大人から子供まで楽しめる風変わりな穴場公園、それが本牧市民公園です。親子で参加できるさまざまなイベントも開催されており、親子で楽しめる公園としても大人気。ここでは、本牧市民公園の楽しみ方やできること、魅力などを一挙ご紹介しましょう。

本牧市民公園は歴史を伝える公園

本牧市民公園は、今と昔の本牧市をつなぐ公園です。これまでの街の歴史を伝える公園でもあり、敷地内には蒸気機関車のD51や八聖殿なども展示されています。たくさんのイベントが開催されることでも知られており、子供から大人まで楽しめる工夫に満ちた公園といえるでしょう。

遊んで動けるスポット

テニスコートは予約が取りやすい

公園のテニスコートはなかなか予約がとれないこともありますが、こちらの公園のコートはとりやすいのだとか。テニスが好きな方はぜひ利用してみましょう。のびのびとテニスを楽しめるオムニコートを用意。フリースペース近くにあるので、運動して疲れたら室内で休憩することもできます。

無料でテニスの練習ができる

無料でテニスの練習がしたいのなら、芝生広場の横のスペースがおすすめ。個人練習向きのコートがあるので、ここでテニスの腕を上達させましょう。いつも誰かが練習しているような人気コートでもあるので、使えないこともあります。空いていたら積極的に利用しましょう。

野球場は広くて利用しやすい

大人数でワイワイとスポーツを楽しむのに適した施設です。仲間内や職場の草野球チームでの試合なども可能。ナイター設備も整っているのため、遅い時間の利用もできます。飲食喫煙などは禁止で、硬式野球のプレーは不可などルールがあるので、事前に確認しておきましょう。

住宅街の横にある小さな遊具スペース

かつては漁場が広がっていた歴史のあるエリアなので、遊具もそれにちなんでいます。船をモチーフにした遊具もあり、まさに街の歴史を伝える公園といった様相です。生糸貿易商として活躍していた小野光景氏の別荘地だったことなども紹介。芝生の上にレジャーシートを敷いてのんびりしたり、ベンチで座ってくつろいだりとさまざまな時間の過ごし方ができます。

小さい子供が大喜びの遊具広場

駐車場からほど近い遊具広場。小さなお子さんが大喜びする遊具が充実しています。フリースペースが近くにあるので、疲れたときにはそこで一休みしましょう。海がモチーフの遊具はとても可愛らしく、3~6歳の子供が利用できます。それほどたくさんあるわけではありませんが、ちょっと遊ぶのにちょうどいい数です。

芝生広場で思いっきり遊ぶ

広々とした芝生広場では、思いっきり駆け回ったりボール遊びをしたりと自由に遊べます。フリスビーやバトミントンもおすすめ。寝転がってお昼寝をする、ピクニックをするのもよいでしょう。公園のおすすめスポットでもあり、思い思いの利用ができます。

陶芸センターで1日体験教室

陶芸の体験イベントも開催しています。電動ろくろや絵付、手ひねりなど陶芸を趣味とする方にはたまらないイベント。夏休みには親子陶芸教室や、団体教室チャレンジ講座なども開かれます。観光客の誘致に力を入れており、外国語案内も充実。日本ならではのアートを世界に発信できる貴重な場所です。興味がある方は公式ホームページで情報をチェックしてみましょう。

他にもこんな場所がある

機関車好きなら見て欲しいD51

蒸気機関車の中でも高い人気を誇るD51。無料で機関室を見学できるので、電車好きな方はぜひ見学してみましょう。旧国鉄を代表する車両で、平成31年に塗り直しもされました。かつてデゴイチの愛称で親しまれ、日本各地の路線で活躍したD51の生の姿が見られるのはとても貴重です。記念撮影もぜひしてほしいですね。

フリースペースで休もう

Wi-Fiを無料で利用できるフリースペースは公園の中央にあります。軽食やドリンクの注文もでき、運動後に体を休めたいときにも重宝します。日差しが強くない時期にはテーブルやイスが外に設置されるので、風を感じながらのんびりすることも可能。

藤棚のある展望台

展望台からの景色もぜひ眺めておきたいところ。昭和30年ごろまでは根岸湾を一望できたのですが、埋め立てが行われてからは見えなくなりました。藤棚の下は風の通りもよいので、のんびりくつろげます。日陰になっているので、暑い時期はここで暑さをしのぐのもよいでしょう。

トンボ池で自然と親しむ

ザリガニをはじめとする生き物がたくさん生息しているトンボ池。肉眼でも確認できるので、小さなお子さんもきっと大喜びです。トンボ採りや稲刈りなど、親子で楽しめるイベントも企画されています。子供の環境教育の一環としてさまざまな取り組みが行われているのも特徴といえるでしょう。

上海横浜友好園で上海にいる気分

平成元年に上海市から寄贈されました。友好都市提携15周年を記念して寄贈されたもので、横浜市西100周年開港130周年も祝したものです。まるで上海にいるような雰囲気になれるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。フォトジェニックなスポットなので写真撮影にもおすすめ。

市民公園に隣接する八聖殿

世界的に知られる八聖像が観られます。釈迦像やキリスト像、孔子像、ソクラテス像、聖徳太子像、親鸞像、弘法大師像、日蓮像が建ち並ぶ姿は圧巻。いにしえの道具も揃えられており、まるで博物館にいるような雰囲気です。タイミングがよければスタッフによる説明も聴けます。知る人ぞ知る穴場のスポットで、著名な彫刻家の作品なのだとか。

本牧市民公園へのアクセス

JR根岸駅が最寄りの鉄道駅となります。駅から市営バスの54、91、97系統に乗車しましょう。下りるのは本牧市民公園前停留所で、下車してすぐ目的地に到着します。公園北西側が出入り口になります。駐車場も完備されており、250台まで収容可能。十分な収容スペースがあるので、停められないことはまずないでしょう。

住所|〒231-0824 横浜市中区本牧三之谷59
営業時間|なし
定休日|なし
電話|045-623-8747
公式サイトはこちら

まとめ

いろいろな楽しみ方ができる公園なので、近くに来た際にはぜひ立ち寄ってみましょう。電車好きな方は蒸気機関車と一緒に記念撮影をするのも忘れないでください。スポーツや散策もでき、ピクニック気分でのんびり過ごすこともできる貴重なスポットです。家族や友人と、ぜひ一緒に足を運んでみましょう。