見て楽しめる63ビルディングの楽しみ方を徹底解説!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Shizuka

出身地は宮城県です。メインで書く記事は韓国に住んでいたこともあり、韓国中心になります。好きな旅行スタイルは、写真をたくさん撮って思い出をつくる旅です。

63ビルディングは韓国の代表的なランドマーク

日本から短時間で訪れる事ができる韓国には、たくさんの名所があります。63ビルディングもその一つで、韓国を代表するランドマーク。ドラマのロケ地として利用される事もあるので、韓流ファンにとってはぜひ足を運んでおきたいスポットです。ここでは、63ビルディングの魅力や見どころなどをご紹介しましょう。

63ビルディングは韓国の代表的な建築物

韓国人なら知らない人はいないソウルのランドマーク

韓国を拠点に活躍した建築家、パク・チュンミョンが設計して1985年に完成しました。13516枚にもおよぶ二重反射ガラスは黄金色に輝き、漢江に照らされる風景は何とも言えずキレイです。海抜264mもの高さを誇り、下から見上げると圧倒的な迫力。

外国人にも知名度が高い63ビルディング

韓流ファンなら一度は訪れたい場所

これまでドラマのロケ地として幾度となく使われてきた63ビルディング。韓国ドラマでもよく目にする建物なので、韓流ファンなら必ず訪れておきたいところです。日本人観光客もたくさんいますが、中国人も多くいたるところでさまざまな言語が耳に入ってきます。韓国観光の定番スポットとして紹介される事が多く、まさに韓国のランドマークといった存在。

63ビルディングといえば63アートの展望台

63アートの展望台でソウルの景色を満喫しよう

展望台からはソウルの景色を一望できます。60階に展望台があるので、ぜひ上ってみましょう。天気のよい日と悪い日とでは見える風景も違ってくるので、できれば晴れた日がおすすめ。チケット売り場は地下1階にあるので、そこで購入しましょう。展望台へ直通できる専用エレベーターで上がってください。展望台にはカフェもあるのでちょっと一休みしたい時にもピッタリ。

ソウルの夜景を楽しみたい方におすすめ

日中のソウルはもちろん、夜の闇に浮かぶ夜景も美しいです。デートスポットとしても人気があるので、カップルや夫婦で訪れるのがおすすめでしょう。いつまで見ていても飽きる事のない、美しい風景は一見の価値があります。

63アートの美術館は空から最も近い美術館

美術館でアートを楽しめるのも魅力的。別途料金を支払う必要もないので、ぜひ立ち寄ってみましょう。規模はそこまで大きくないものの、空にもっとも近い美術館で見る芸術作品はまた違った魅力があります。期間によって作品は入れ替えられているので、いつ訪れても楽しめます。

目で見て楽しめるのは63アートだけじゃない

人魚が現れる水族館アクアプラネット63

アクアプラネット63では、なんと人魚のショーを見る事ができます。ほかの水族館とは少々異なる趣で、珍しいショーが見られるのは魅力的。別途チケットが必要ですが、展望台と両方楽しみたいのなら63総合チケットを購入しましょう。

63ビルディングは目で見て楽しむだけじゃない

63ビルディングでは免税店でのショッピングが楽しめる

Red sign at an airport, reading “”Duty Free””.

ギャラリア免税店も入っているので、本格的にショッピングを楽しむ事も可能。本館の地下1階と別館の1~3階にあります。ファッションブランドや海外コスメのショップなども入っているので、お土産を買うのにピッタリ。3階には韓国アイテムだけを販売するスペースもあるので、コリアンアイテムを手に入れたい方は要チェックです。

ブティックフラワーブランドのジスタム

とてもオシャレな雰囲気のフラワーショップブランド。モダンユーロピアンスタイルが印象的です。カップルや夫婦で旅行の際には、ここで購入した花束をプレゼントすると喜ばれるかも。日本の花屋さんとの違いを見つけてみるのも楽しいかもしれません。

63ビルディングのおすすめフードスポット

手軽に利用できるフードコードは地下1階

フードコートがあるので、歩き疲れた時にはこちらで休憩しましょう。思い思いに好きな食べ物をとってきて食べられるのがフードコートの魅力。広々としたスペースなので人数が多くても安心です。韓国料理はもちろん、手軽なファーストフードも。

ソウルの景色を見ながら食事を楽しめるウォーキングオンザクラウド

ユーロピアンスタイルの高級レストランバー。高層階にあるので景色を眺めながら美味しい食事やお酒を楽しめます。デートや記念日にももってこいのお店。プロのシェフが腕によりをかけた料理を味わえ、夜は夜景を楽しみながらお酒が飲めます。11時半から15時、17時から22時までは食事ができ、バーは24時まで営業しています。

中国料理を楽しみたい方は百里香

本格的な中国料理を味わえるお店で、四川地方と広東地方の料理がメイン。こちらも57階にあるので、景色を楽しみながら料理を味わえます。韓国で本格的な中国料理を味わいたくなったらこちらに足を運んでみましょう。11~15時、17時半~22時までの営業。

日本人にはうれしい日本食を楽しめる朱竹

日本人建築家の橋本夕紀夫がインテリアを担当したお店。自然と伝統を融合させた現代的テイストのオシャレなお店で寿司や日本酒を楽しめます。韓国で日本料理が恋しくなった時にぜひ利用したいですね。11時半から15時、17時半から22時までの営業です。

フランスベーカリーで有名なエリックカイザー

世界的に有名なパン屋さんの味を味わってみよう

日本にもお店があるのでご存じの方もいるかもしれません。フランスで活躍しているパン職人、エリックカイザーさんのお店。世界的な知名度があるパン屋さんなので、ぜひ味わってみましょう。座って食べられるスペースも確保しています。

63ビルディングの立派なコンベンションセンター

さまざまな用途で使用されている洗練された空間

結婚式の会場として使用される事も多い場所。実際に足を踏み入れてみると、このような場所で挙式したいと思ってしまう事間違いありません。ほかにもお祝い事や宴会などさまざまな用途で利用されています。韓国の方だけでなく、外国人でも予約さえすれば結婚式会場として使えます。

63ビルディングの便利な施設

子連れでも安心のサービスがあってうれしい

ベビーカーや車椅子が必要なら地下1階でレンタルできます。授乳室も地下の1階にあるので、赤ちゃんを連れて訪れる方も安心。ハナ銀行の両替所は別館の1階にあるので、旅行者にはありがたいですね。両替が必要ならここでしておくとよいでしょう。

63ビルディングへのアクセス

シャトルバスでのアクセス

地下鉄の大方駅6番出口、または汝矣島駅5番出口、汝矣ナル駅4番出口、セッカン駅1番出口などにシャトルバスの停留所があるので、ここから乗車します。平日と週末とで時間帯が異なるため、事前に63ビルの公式ホームページでチェックしておきましょう。ホームページには地図で停留所の詳しい位置についても記載されています。プリントアウト、またはスマホで撮影しておくと現地で便利です。

住所|〒07345 ソウル特別市永登浦区63路50
営業時間|AM 10:00 - PM 22:00 (チケットの販売は21:30まで)
定休日|なし
電話|02-780-6382
公式サイトはこちら

まとめ

韓国にはたくさんの観光名所がありますが、主要な名所をあらかた巡ったのなら63ビルディングにもぜひ足を運んでみましょう。特に、韓流ドラマのファンなら訪れて絶対に損はありません。ドラマのシーンを思い出しながらじっくりと楽しめるでしょう。展望台からの景色やグルメ、ショッピングと何でも楽しめる63ビルディングで韓国旅行をめいっぱい楽しんでくださいね。