鮮やかな自然に抱かれた養老公園で心も体もリフレッシュ

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

えらかった時は、まめになりに養老へ行こまい!

広大な敷地内でのんびりと過ごせる養老公園。周辺エリアを代表する観光スポットでもある養老の滝を擁しており、迫力ある滝の姿を間近で楽しめます。ゴルフやテニスなどのスポーツのほか、本格的なアウトドアも楽しめるのが魅力的。ここでは、養老公園の魅力や楽しみ方をお伝えしましょう。

養老山麓の大自然を味わえる広大な公園

養老を支える滝と大自然で癒しのひととき

総面積786,000平方メートルを誇る非常に広大な公園です。雄大な姿で知られる養老の滝がメインで、マイナスイオンもたっぷりと浴びられるでしょう。滝まではきちんと遊歩道も整備されているので訪れやすいです。もっとも近い駐車場からは徒歩約5分です。

養老の由来となった菊水泉と不老ヶ池

老いを養う霊水から命名された池と泉の水はたっぷりのミネラルを含んでいます。透明度の高い不老ヶ池はとても美しくフォトジェニック。養老神社では霊水を汲むことが可能なので、空のペットボトルなどを持参して向かいましょう。

季節ごとに姿を変える色鮮やかな景観

それぞれに個性的な七つの橋

滝から流れる川に架かる7つの橋はどれも個性的。デザインはもちろん材質も異なり、自分好みの橋を探してみるのも楽しいです。写真の撮影スポットとしても人気があり、四季折々の風景を楽しめます。ぜひ記念撮影をしておきましょう。

四季折々の楽しみ方

春に行われる花と緑のまつりでは、春ならではの可憐な草花の姿が楽しめます。夜にはライトアップが行われ、日中とは違う幻想的な雰囲気も楽しめるでしょう。夏に行われる納涼滝まつりでは滝開きが見どころ。秋には美しい紅葉を楽しめるもみじまつりが行われます。

子ども連れで遊びに行くならこどもの国

養老公園の入り口にある公園と施設

養老駅から進んでいくとまず目に飛び込んでくる公園。入口の近くには専用の駐車場があるので、マイカーでのアクセスにも便利です。入場無料なので気軽に訪れられるのも魅力的なポイントといえるでしょう。10万平方メートルという広大な敷地内には、子供たちが楽しめるスポットが充実しています。

たくさんのひろばで各々の過ごし方を

目印になるのは小さな養老の滝。親孝行の伝説を語る滝といわれています。広場はピクニックにも最適なので、家族やカップル、友人同士でのびのびと楽しい時間が過ごせます。夏になるとプールが解放されるので、避暑にもおすすめ。2種類のプールは水深が異なり、小学三年生まで利用できます。

太陽の下で思い切り駆け回ろう

18種類のアスレチック遊具が充実しているぼうけんひろば。アクティブなお子さんもきっと大喜びです。さまざまな遊具が設置されているわんぱくひろばにもぜひ足を運んでみましょう。とにかく広いので、追いかけっこやボール遊びなどいろいろな楽しみ方ができます。

雨天でも楽しめるこどもの家

こどもホールには室内遊具を持っていけます。そのため、外で遊ぶのが苦手な子供でも楽しい時間を過ごせるでしょう。絵本や図鑑がたくさんそろっている図書室もあり、読み放題です。楽しい工作イベントも随時開催しているので、家族での思い出作りにもおすすめです。

寺社仏閣で養老の歴史を学ぶ大人の旅

貴重な文化財を所蔵する養老寺

養老の滝伝説で知られる孝子源丞内が開いたといわれるお寺。どこか歴史ロマンが感じられます。不老長寿のご利益があるといわれており、参拝に訪れる方も少なくありません。貴重な指定文化財である仏像は宝物殿に。ぜひ足を運んでみましょう。

菊水泉のほとりにある厳かな養老神社

学問の神様である菅原道真公のほか、菊理媛命など5柱の神様を祀っています。厳かな雰囲気のある神社は素木造りで、いかにも古社といった雰囲気。静けさのただよう朝方に訪れるのがおすすめです。春分の日には若水取りの神事も行われます。

日蓮宗妙見堂で大きな釈迦像とご対面

大自然の中に融合しているお寺で、雨ごい祈願で知られています。釈迦像の大きさは六尺一寸もあり圧巻の迫力。現存する釈迦立像の中では最大の大きさといわれています。拝観したい場合は養老町の教育委員会に連絡しましょう。そうすると、住職にまで取り次いでもらえます。

地元の味を楽しめる休憩スポット楽市楽座・養老

養老の町並みを見渡しながら休憩を

5つの店舗と自販機を設置している休憩施設で、大きなテント張りになっているのが特徴。雨が降っている日でものんびり過ごせます。養老の街並みが一望できる高台にあるので、ぜひ街の眺望を楽しみましょう。平日だと営業していないお店もあるので注意が必要です。

養老の味に舌鼓

軽食や郷土料理を提供しています。旅の思い出に郷土料理をぜひ味わってみましょう。ちょっと小腹が空いたときに気軽に利用できます。地ビール工房もあるので、ビール好きにもたまりません。お土産に地ビールもよいでしょう。岐阜のお米はつしもを練りこんだフランクフルトや、飛騨牛のコロッケなど絶品グルメがそろいます。

みんなでワイワイ楽しみたい方にもオススメ

ゴルフ場やテニスコートを楽しもう

天然芝の本格コースでゴルフも楽しめます。スパックサンドコートを8面設置したテニスコートもあり、気軽にテニスが楽しめます。大自然の開放的な空間の中でいろいろなスポーツが楽しめるのは大きな魅力。爽快な気分になれること間違いありません。

養老の自然と触れ合える養老キャンプセンター

バンガローや家族ハウスなどもあるので、多彩な用途で利用できます。家族はもちろん、カップルや友人同士で訪れるのもよいかもしれません。公式ホームページで休場日情報が更新されるので、事前にチェックしておきましょう。街灯などがないため、夜には美しい星空を堪能できます。

養老公園へのアクセス

公共交通機関

養老鉄道の養老駅が最寄りで、駅から徒歩約10分ほどでアクセスできます。養老駅からは土日祝日に限り、無料のシャトルバスも運行。12月23日から3月6日までは運休なので注意しましょう。JR大垣駅からタクシーを利用する場合だと、養老公園前まで34分ほどの所要時間です。

自家用車

名神高速道路の関ヶ原ICが最寄りで、降りてから南に23分ほど走れば到着します。東海環状自動車道なら養老ICで降り、西に約13分ほど。養老公園管理駐車場は無料で利用できますが、9時から17時までです。養老の滝が目当てなら、民営の養老の滝駐車場が最寄りです。

住所|〒503-1267 岐阜県養老郡養老町高林1298―2番地
営業時間|9:00~17:00
定休日|散策自由 養老公園事務所:年末年始(12月29日から1月3日)・月曜日(祝日の場合はその翌日)
電話|0584-32-0501
公式サイトはこちら

まとめ

自然の中で素敵な時間を過ごすことのできる養老公園。心も体もリフレッシュできるのでおすすめです。岐阜のグルメも味わえ、自然の中でスポーツやアウトドアも楽しめます。家族やカップルでの旅行で訪れるのがおすすめでしょう。ぜひ足を運んでください。