水の城下町と大垣城で歴史浪漫に浸る旅を!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

大垣におりんさったら、真っ白でかがはいーお城を見たらんか!

岐阜県大垣市のシンボルでもある大垣城。かつては国宝にも指定されており、街の発展を見守り続けてきたお城です。このエリアを代表する観光スポットでもあるので、ぜひ訪れてほしい名城。大垣城公園内は四季折々の自然も楽しめ、子供が遊べる遊具もあります。ぜひ家族で足を運んでみましょう。

水都・大垣の発展を見守るシンボル

続100名城に選出された元国宝

続日本100名城にも選ばれています。場内にはスタンプが設置されているので、訪れた記念に押しておきましょう。かつて戦災で焼失した過去がありますが、忠実に天守を再現しています。大垣の発展を支えてきたこの地域のシンボル的な存在でもあります。

商店街から一歩入ると現れる白亜の城

駅前から南に伸びる57号線を進むと東門に到着します。潜った城門の先には白く美しい天守があり、周囲の緑とのコントラストがとてもキレイです。石垣は金生山で採れた石灰岩を野面積にしており、天守台の石垣には貝の化石なども発見できます。

城下町・大垣を訪れたからには訪れたい観光スポット

楽しい旅の思い出を写真に残そう

撮影スポットがいくつかあるので、訪れたときはぜひ記念撮影を。立派な騎馬像は初代城主だった戸田氏鉄で、大垣公園側からは天守と櫓、像を一緒に撮影できます。洗練された造りの天守は落ち着きさえ感じられ、城好きでなくても目を奪われてしまうでしょう。写真撮影は自由なので、お気に入りの写真をたくさん撮影できます。

登城記念の御朱印

登城記念としての御朱印を受付で販売しています。職人による手漉き美濃和紙に印字された御朱印はここでしか手に入らない貴重なもの。ぜひ手に入れておきましょう。歴史好きにたまらない資料や関連グッズも充実しているので、じっくりチェックしてください。

1階は関ヶ原と大垣城の歴史について学べる

体験コーナーで当時の武器の重さを体感

天下分け目の戦いといわれた関ヶ原の合戦。大垣城も戦火に巻き込まれましたが、1階ではそのときの様子について解説しています。歴史ファンから人気の武将が、この城にどのように関わっていたかも知ることができます。槍や名が弓、火縄銃などの体験ができるコーナーがあるので、記念にぜひ体験してみましょう。撮影もできるのできっと盛り上がります。

杭瀬川の戦いをジオラマで再現

杭瀬川の戦いは、関ヶ原合戦の前哨戦ともいわれた戦い。その様子をジオラマで再現しています。土地勘がない方でも位置関係を把握しやすく、シンプルに楽しめます。映像資料なども駆使して解説が行われているため、歴史に詳しくない方でも理解を深めやすいのは魅力的。

数々の主要街道が見渡せる要所の展望台

2階展示室で江戸時代の大垣を知ろう

大垣藩になってからどのような歩みを続けてきたかを2階で知ることができます。かつては美濃路が通る要所として繁栄した場所だということも理解できるでしょう。江戸時代を生きていた方たちの道具など、珍しいものも展示されています。

時の太鼓と展望エリア

3階には休憩スペースがあるので、歩き疲れたときはここで休憩しましょう。美濃地方の紹介VTRも鑑賞できます。4階の階段上には大垣の古謡にも登場するときの太鼓が。国宝時代と同じ形で復元された窓を設置した展望台からの景色も見ものです。

条件が揃えば岐阜城まで見える天守

岐阜が誇る雄大な山々を天守から見渡せます。伊吹山や岐阜城の姿も眺められるのは魅力的。石垣の砕石場となった金生山や、関ヶ原に思いを馳せながら眺めてみましょう。春先には200本におよぶ桜が咲き乱れる大垣公園や、城下町の様子も一望できます。

子供連れも楽しめる公園設備

桜と城の絢爛豪華な景観を楽しもう

数多くの桜が植えられている大垣城公園。ピンク色をした桜の花びらと白亜の城とのコントラストはまさに絶品です。間近から城を観たときとはまた違った印象を受けること間違いありません。大垣名物でもある水堀沿いにもたくさんの桜が咲き乱れるので、市内の散策は春がおすすめ。

子供たちが楽しめる遊具も

砂場やアスレチックなどもあるので、小さなお子さんも楽しめます。街中にある公園ではあるものの、広大な園内は隅々まで整備が行き届いているため安心。噴水が多いのも公園の特徴で、噴水池は水深も浅いため小さなお子さんも安全に遊べます。

隣接している郷土館で大垣をもっと知ろう

もっと詳しく知りたい方は郷土館へ行こう

大垣城と郷土館は共通の入館券なので、どちらも足を運んでみましょう。大垣城内よりも充実した展示内容になっているのが特徴。歴代の藩主に関する情報が豊富で、大垣がどのように繁栄してきたかを客観的に学ぶことができます。

10万石の豪壮さを偲ばせる城郭模型

ひときわ目を引く城郭模型は江戸時代の大垣城を再現したもの。細部まで作りこまれた模型は一見の価値があります。今では水堀しかないお城ですが、模型からかつての姿をイメージできます。地元出身の作家の展示会などが開催されることも。

今も残る外堀と四季の路

遊歩道 四季の路

大垣城の遺構でもある水堀は遊歩道として整備されており、散策にピッタリです。奥の細道にちなむ石碑なども設置されているので、のんびりと散策を楽しめるでしょう。俳句が刻まれている石碑をたどれば、住吉燈台が見えてきます。

風光明媚な景観の中で癒しのひととき

朱塗りの住吉橋からは住吉燈台、船町港跡を見下ろせます。おあむ物語にちなむたらい舟下りは水堀を堪能できる人気のアクティビティ。期間限定で、運行時間などは大垣観光協会の公式ホームページで随時更新されています。

住所|〒503-0923 岐阜県大垣市船町1丁目29
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0584-81-4111(大垣市役所商工観光課)
公式サイトはこちら

大垣城へのアクセス

公共交通機関

JR大垣駅が最寄りで、南口から徒歩約7分ほどでアクセスできます。駅前のバスターミナルから大垣多良線、新崎線、稲葉線、海津線、時・牧田・蛇待線に乗車。OKBストリート郭町停留所で下車すればそこから徒歩約2分です。イオンモール大垣行のバスでも同じようにアクセスできます。

自家用車

名神高速道路の大垣ICで降りれば北に約15分ほどの所要時間です。東海環状自動車道なら大垣西ICが最寄りで、約7分ほど。専用駐車場はないため、市営丸の内駐車場や近くのコインパーキングを利用しましょう。

住所|〒503-0887 岐阜県大垣市郭町2丁目52番地
営業時間|9:00~17:00(入館は16:30)
定休日|年末年始(12月29日から1月3日)・火曜日(その日が祝日にあたるときは、その翌日)・祝日の翌日(その日が日曜日または火曜日にあたるときは、その翌日とし、その日が月曜日または土曜日にあたるときは、その翌々日)
電話|0584-74-7875
公式サイトはこちら

まとめ

城好きや歴史好きはもちろんですが、そうでない方でも楽しめるスポットです。特に春先は美しく咲き誇る桜とお城とのコントラストを楽しめます。公園でのんびり過ごしたり、遊歩道を散策したりとさまざまな楽しみ方を見出せるスポットといえるでしょう。岐阜に訪れたときはぜひ足を運んでください。