洒水の滝は森の中に突然現れる名水百選にも選ばれた清流

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

山間に突如現れる迫力ある滝の水は全国名水百選に選ばれており、飲用水として持ち帰りができるほどキレイだべ

マイナスイオンに満ち溢れ、静寂に包まれた滝周辺では心身ともにリフレッシュできる場所としてパワースポットになるほど。名水百選に選ばれた水は透明度は高く持ち帰ることができますよ。そんな自然に囲まれた洒水の滝をご紹介させていただきます。

パワースポットとして有名な洒水の滝

駐車場から川沿いの杉林を約5分ほど歩くと到着する洒水の滝(しゃすいのたき)。落差69m、水量、水勢もあり迫力を感じる滝です。滝へ向かう途中には赤い橋があり、現在はそれより先に行くことはできず残念です。

洒水の滝は、かながわの景勝50選、かながわ未来遺産100、日本の滝百選、全国名水百選に選ばれており飲料水として利用できるほどキレイです。

洒水とは、密教用語で清浄を念じてそそぐ香水を指すといいます。雄大なその姿は三段からなり、別名 蛇水の滝と記されているほど。この滝は、鎌倉時代の名僧文覚上人が百日間も滝に打たれる荒行を積んだと言われています。

駐車場から滝までご案内

この看板が目印

左手にでてくる洒水の滝の入口です。この入口の手前と奥に無料駐車場が完備されています。

手前の駐車場は舗装された駐車場で、男女分かれたキレイなトイレが完備されています。滝までの間トイレはないため、ここで済ませておくと安心ですね。そして奥の駐車場は砂利でできており手前の駐車場と比べると滝に近いです。さらに木陰になるため、夏場の車内温度上昇を軽減できますよ。

遊歩道沿いにある農産物直売所

駐車場から滝に向かい徒歩2分歩くと右手には農産物直売所があります。その直売所では地元で採れた新鮮なわらび、タラの芽、甘夏みかん、ふき、ウド、ビワなど旬の食材を購入することができます。

金額もリーズナブルで、スーパーでは購入できない品物が置いてありオススメです。行きで購入すると荷物になるので帰りに購入するといいですよ。

川のせせらぎの中で一息つける休憩所

農産物直売所がある広場には、屋根付きの休憩所があります。この日は地元の人達でにぎわいを見せていました。すぐ側に洒水の滝の水でできた川が流れておりせせらぎを聞きながら休憩を取ることができます。

滝まで片道5分。往復で10分ですが足元が少し不安定なため、運動不足な方には少々堪えます。そのため、帰りにこの休憩所が恋しくなるはず。みんなお弁当を食べたりお水を飲んだり自由に利用することができます。

ところどころある案内看板

遊歩道沿いにはところどころ案内看板があります。洒水の滝は別名 蛇水の滝と言われていました。そこからとって、蛇をモチーフにデザインされた看板です。1本の木から作られた蛇は繊細に作られており、まさにアートです。

アート感溢れる看板が、ところどころあるので楽しみながら歩くことができますよ。

この看板まで舗装された遊歩道ですが、これより先は足場は砂利道となります。つまずかないように気を付けてください。

ハイキング気分で歩ける遊歩道

案内看板を過ぎると急に砂利道へと変わります。大きな石がゴロゴロしており川沿いにはロープがありません。そのため、川沿いを歩かないように注意してください。

人がよく通る場所には石がないため、同じ場所を通行すると歩きやすいですよ。細かい砂利もあり、なだらかな下り坂になっているので滑らないようにゆっくり歩いてください。

木々の間から見える清流

遊歩道沿いには木々が植えられており、木々の間から川を眺めることができます。さすが名水百選にも選ばれているだけあり、透明度は高くキレイです。静かに流れる川の音が疲れを癒してくれます。

遊歩道と川の間はゆるやかな崖になっているので、川に夢中になって落ちないように気を付けてください。とくに落ち葉の上は濡れており滑りやすいので注意が必要です。

見晴しのいい絶景スポット

遊歩道沿いの左手には撮影スポットの高台があります。階段を数段登ると写真のような空間があり、絶景を楽しむことができますが、残念なことに季節のタイミングが悪かったため周囲は木々や木の葉に覆われ、見晴しは良くありませんでした。冬場は木の葉が落ちて遠くまで見ることができますよ。

清流に触れることができる場所

高台を過ぎてすぐ右側に、コンクリートでできた階段があり川辺へ行くことができます。触ると冷たく気持ちがいいですよ。一番下の階段は濡れていて滑りやすいので気を付けてくださいね。

コンコンと湧き出る水汲み場

駐車場から徒歩9分で到着する名水百選の水が湧き出る、水汲み場です。コンコンと湧き出る水は冷たく手や顔など洗うのにピッタリです。飲料水として使用できますが、お腹が弱い人や湧き水に抵抗がある人は飲まない方がいいです。

柄杓が用意されているので、その場で水を飲むこともできますよ。持ち帰りたい方はあらかじめペットボトルを持参することをオススメします。当日も、数人のグループがペットボトルにお水を汲んでいました。

ゴールとなる赤い橋からみる洒水の滝

現在、安全面の問題から赤い橋までしか行くことができません。以前はもっと近くまで行けたようで迫力を感じられたことでしょうね。ただ、この赤い橋からも絶景で森の中に突如現れる滝の印象でキレイです。

赤い橋とのコントラストもキレイで京都のような雰囲気を楽しむことができます。この橋からでも滝の音を感じることができるので満足できますよ。

帰路では生物観察がオススメ

自然がそのまま残された場所で、近くには湧き水が流れているため珍しい生物に出会うことができますよ。赤い羽根をした糸トンボはキレイな水辺でしか生息していません。

トンボ以外にも蝶々やミツバチにも出会えます。カラフルな色をしておりキレイです。

帰路は生物散策をしながら歩いてみると楽しめますよ。

遊歩道沿いになるお寺 丹沢山別院最勝寺

駐車場から徒歩2分で左手にあるお寺。39段の階段を登ると本堂があり300体もの水かけ地蔵尊を見ることができます。

洒水の滝で100日の荒修行をした文覚上人こと遠藤盛遠(えんどうもりとお)と関わりがあり、不動明王と酒水の滝を御神体とする不動明王2体が安置されています。

風車を手に持つ300体もの水かけ地蔵尊

本堂の左右には300体もの水かけ地蔵尊があり、風車を手に持っており可愛いいお地蔵様です。病平癒、身体健全、受験合格など地元では祈願するお地蔵様として知られています。

洒水の滝へのアクセス

お車でのアクセス

東名高速道路 大井松田ICよりR246を御殿場方面へ約15分進み、樋口橋の交差点を左折して左手に現地があります。

無料駐車場を完備。

住所|〒258-0114 神奈川県足柄上郡山北町平山
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0465-75-1122
公式サイトはこちら

まとめ

洒水の滝まで徒歩5分と近場ですが、足元は途中から砂利になります。そのため歩きやすいスニーカーなどオススメします。夏場は暑いためタオルも持参するといいですよ。途中には名水百選の水を汲める場所があるのでペットボトルや水筒はお忘れなく。

川辺のため、季節によってはブヨや蚊など出没します。そのため、気になる方は長袖、長ズボン。もしくは虫よけスプレーなどしてから行くといいです。帽子やハットなどあると日差し除けにもなり熱射病対策になります。

7月下旬には毎年、洒水の滝祭りが開催されます。箒持ちを先頭に馬鈴師や導師、僧侶などが滝への道を掃き清める名瀑おろしの儀式が行われ観光客の安全を祈願します。その他、洒水太鼓、洒水の火祭り、ふれあい大会など開催されるためにぎわいを見てるお祭りでオススメです。