ヴェッキオ宮殿!ダヴィンチコードシリーズの舞台にもなっている

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: hide

出身地:東京 海外20数か国を旅した経験から海外、特にヨーロッパ記事を書いていきます。国内も全都道府県の主な観光地を旅したので、いずれこちらも記事にできればと考えています。

ヴェッキオ宮殿の外観はシンプルですが、内部は広い500人広間を中心に、絵画、彫刻等の芸術作品で豪華絢爛かつ不思議がいっぱいです。

イタリア・フィレンツェにあるヴェッキオ宮殿は、美しい500人広間が有名で、宮殿内では絢爛豪華な壁画や彫刻などをいたるところで見学できます。また、有名映画さながらの仕掛けや絵画に秘密が隠されているなど、そちらも魅力的です。それでは、ヴェッキオ宮殿の魅力について見ていきましょう。

まずヴェッキオ宮殿の概要を大まかに理解しよう

ヴェッキオ宮殿とは

ヴェッキオ宮殿はイタリアのフィレンツェにあり、シニョリーア広場に面している事からシニョリーア宮殿とも呼ばれています。宮殿の隣にはルネサンス絵画が有名なウフィツィ美術館もあるので、合わせて楽しんでいってください。現在も内部は公開されているため、有名な500人広間をはじめとするさまざまな部屋、階段や壁画、天井画や彫刻などを見学する事ができます。

外観的な特徴はこんな感じ 高い塔がありすぐ見つかる

ヴェッキオ宮殿はフィレンツェのシンボル的建物として知られていますが、その外観は宮殿というよりも何かの大きな建物のようです。こちらはかつて、フィレンツェ共和国の中央省庁が置かれた宮殿だったため、現在もフィレンツェ市役所として使用されています。屋根の上にはやたらと目立つ大きな時計塔がありますが、それ以外は比較的地味な印象の宮殿です。

あのメディチ家も使った 建物に刻まれた歴史

ヴェッキオ宮殿は、アルノルフォ・ディ・カンビオのよって建造され、1299年に起工、1314年に完成しました。かの有名なメディチ家が、ピッティ宮殿へと移るまでの間に住居として使用していたという過去を持ちます。そののち、1550年から1565年にかけ、ジョルジョ・ヴァザーリによって一部が改築されました。

建物の構造上はどんな特徴が

宮殿の建物はゴシック様式となっており、上部には多くの貴族らの家紋が掲げられています。粗い石積みで作られていて、非常に簡素な外観といえるでしょう。3層構造で上部にはゴシック様式の2連窓が見られ、2段に並んでいるのが確認できます。

秘密がいっぱい 複雑で不思議に溢れる建物

現在に至るまでの間さまざまな増改築が行われてきたため、建物内部は非常に複雑になっており不思議な雰囲気が溢れています。なんと隠し扉や秘密の通路もあり、塔に登る階段の途中には、牢屋として使用されていた部屋まであります。地下に下りていくとあるのがローマ時代の半円劇場跡です。ローマ時代と同じ場所に劇場があるという、なんともロマンを感じられる場所です。

宮殿内はどうなっているのか

最大の見所はやはり、インフェルノでも出てきた500人広間

500人広間は2階に位置し、こちらはさらに上層にあるバルコニーから見下ろしたものです。ダヴィンチコードシリーズのインフェルノでは、まさにこの広間が登場します。壁面を埋め尽くした巨大なフレスコ画は圧巻で、豪華で迫力のある広間として多くの人を魅了します。

近年発見された 隠されたダ・ヴィンチの絵がある

こちらの絵は、ルネサンスの巨匠・ヴァザーリによって描かれたシエナ攻防戦です。なんとこの作品の下には、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のアンギアーリの戦いという下絵が存在している事が、最近になって発見されました。彼は、500人広間の東側にある絵の中に「探せ、見つけよ」という文字を残していたそうです。それが大発見へとつながるという、なんともスケールの大きな話です。

何となく落ち着く 優雅さ漂うヴェッキオ宮殿の中庭

ヴェッキオ宮殿の中庭は大変美しく、中央にはヴェロッキオ作のイルカを持つ天使の噴水の像が置かれています。実はこの像はレプリカとなっており、本物はヴェッキオ宮殿の内部にて展示中です。周囲の回廊はフレスコ画で囲まれていて、その様子からメディチ家の桁外れの権力や財力が窺えます。

アルノルフォの塔の上まで登ってみよう

アルノルフォの塔の上からは、ドゥオーモをはじめとするフィレンツェの街が一望できます。中にはウフィツィ美術館の美しい姿も見つけられます。塔に上がるには入場料が必要となり急な階段が全部で223段ありますが、それでも登る価値がある場所です。宮殿は遅くまで開いているので、日が暮れてライトアップされたドゥオーモや市街が楽しめる、夕暮れ時に訪れるのもおすすめです。

インフェルノでも出てきた 詩人ダンテのデスマスクも 

View this post on Instagram

フィレンツェ ヴェッキオ宮殿の ダンテのデスマスク。 "Maschera mortuaria di Dante" nel Palazzo di Firenze Vecchio ・ "Death mask of Dante" in the Palazzo of Florence Vecchio ・・ 映画「インフェルノ」で謎の鍵となっていたのは、ダンテのデスマスク。 これ、ラングドンが盗んじゃうんですよね。 映画とは違い、廊下に飾ってありました。 映画見なかった人達は興味無いらしく前をスルー。 私はじっくり拝見しました‼ ・・ #フィレンツェ #イタリア #ヴェッキオ宮殿 #ヴェッキオ宮 #ダンテのデスマスク #palazzovecchio #firenze #ig_frienze #best_florence_photos #italia #super_italy_channel #top_italia_photo #ig_travel #igersitaly #loves_united_italia #ig_world #ig_italy #ig_italia #italy #ind_colors#travel_awesome

A post shared by KAZUMI (@odakazumiart) on

映画インフェルノの中にも出てくるのが、13世紀の詩人であるダンテのデスマスクです。ヴェッキオ宮殿の最上階へいくと、このダンテのマスクが展示されています。マスクの裏には映画のような暗号はなく、これはデスマスクではないのではという説もあります。

秘密の通路ツアーでフランチェスコ1世の書斎を見学

View this post on Instagram

. . ずっと楽しみにしてた、 フィレンツェ、ヴェッキオ宮殿の 秘密の通路ツアー💗(secret passengeres) . 映画インフェルノを見た人ならわかるはず! ラングドン教授が通った秘密の通路を 実際に通れちゃう、なんとも素晴らしい ツアーなのです💖💗💖💗. 世界ふしぎ発見で知ってから、 ぜったい行くって決めてたから、 終始ニヤニヤしてました🤤❤️. . #イタリア #フィレンツェ #インフェルノ #ヴェッキオ宮殿 #ヴェッキオ宮 #秘密の通路 #ラングドン教授 #ロケ地巡り #メディチ家 #バザーリ #italy #firenze #inferno #vecchio #palazzovecchio #secretpassenger #世界ふしぎ発見 #ありがとう

A post shared by miyu (@mively185) on

こちらにはフランチェスコ1世の両親の肖像画をはじめとする、多くの絵画や彫刻等が並べられています。小さいながらも華やかな書斎となっており、扉には全て美しい絵がはめ込まれ、圧巻です。こちらの部屋へは秘密通路を通って向かいます。そして書斎の中にも、隠し戸棚や隠し扉といった魅力的な仕掛けがあるのでぜひ探していってください。

隠し扉や昔の地図 地図の間がおもしろい

部屋の中央にあるのが大きな地球儀です。壁には53枚にも及ぶ世界地図が飾られています。その中にある地図のうち1つが飾られた壁が隠し扉になっていて、フランチェスコ1世の妻であるビアンカ・カッペッロの部屋へと続いていきます。世界中の地図の中には、なんと日本の地図もありました。しかし、少々疑問が残る形をしています。

青色と金色のデザインが美しい部屋 百合の間

View this post on Instagram

#ceiling

A post shared by @ mikanta222 on

こちらの部屋の壁や天井には、ぎっしりと百合のマークが施されています。百合は、フィレンツェのシンボルといわれていました。青と金が強い印象の美しい部屋を見学できます。部屋の窓からはドゥオーモも見えたり、中央寄りにはドナテッロ作のユーディットとフォロフェルヌスの彫像が置かれています。

建物の周辺はどんな感じ

観光客がいつも集まる建物前に立つダビデ像

ヴェッキオ宮殿の前にあるシニョリーア広場には、ミケランジェロのダビデ像が立っています。現在はレプリカが置かれ、本物は1873年のミケランジェロの生誕400年祭の際に、アカデミア美術館へと移されました。レプリカとはいえ、こちらには常に多くの観光客が群がり、像を眺めたり写真を撮ったりしていきます。

ヴェッキオ宮殿が面しているシニョリーア広場

シニョリーア広場は、ヴェッキオ宮殿前にあるL字形の広場です。ここはフィレンツェ共和国の歴史の原点の地でもあります。広場はヴェッキオ宮殿の時計台を眺めるのに最適の場所なので、常に多くの観光客でにぎわっています。しかし、過去にはここで度々政治集会が行われており、処刑にも使われていたといわれる場所です。

ヴェッキオ宮殿へのアクセス

電車での行き方

ヴェッキオ宮殿はStazione di Santa Maria Novella(M.N)駅にて下車後、南東約1.3kmのところに位置しています。駅からは徒歩15分から20分程度で到着できます。ドゥオーモからの場合は、南に約600mほどなので、徒歩6~10分程度です。

住所| Piazza della Signoria, 50122 Firenze FI, Italy
営業時間|木曜日:9時~14時 それ以外:9時~19時
定休日|なし
電話|+39 055 276 8325
公式サイトはこちら

まとめ

ヴェッキオ宮殿は、ダヴィンチコードシリーズのインフェルノの舞台にもなった、秘密がいっぱいの奥深い宮殿です。街の中央に位置し、宮殿内にある有名な500人広間を観るためだけでも行く価値があります。他の観光ポイントを見学し、こちらの宮殿のすばらしさに気づかず素通りしてしまってはもったいないので、ぜひ足を延ばしてみてください。