ヨーロッパの美しいお城・宮殿TOP20。ウィンザー城からエカテリーナ宮殿まで

ドイツのノイシュヴァンタイン城をはじめ、ヨーロッパには童話の世界から飛び出したような美しいお城や宮殿が数多くあります。今回は、そんなヨーロッパにある数あるお城や宮殿の中から美しい20個厳選。wondertripのアクセスランキングやinstagramいいね数、独断の美しさからランク付けし、ランキング形式でご紹介します。

20位 ウィンザー城/イギリス

 

ウィンザー城/イギリス

image by iStockphoto

エリザベス女王の公邸のひとつであり、現在もなお使われている居城としては最も古く、世界最大級とされているウィンザー城。
ロンドンから日帰りで行ける距離にありアクセスがいいです。
このお城には、約900年にわたる英国王室の歴史が凝縮されているといわれています。

10.5ヘクタールの広大な土地には様々な建造物が美しい姿のまま残されており、日々多くの観光客を魅了しています。
ウィンザー城内は貴重な歴史的美術品で飾られ、また色使いがとても可愛らしいですね。
英国のゴシック様式の建造物として最高峰の一つに数えられる聖ジョージズ礼拝堂には多くの貴族が眠っています。

また、夏季に訪れると華やかな衛兵交替式を見ることができます。

世界最大・最古の居城がここに!イギリス「ウィンザー」の魅力 | wondertrip

 

Windsor Castleの住所・アクセスや営業時間など

名称 Windsor Castle
名称(英語) Windsor Castle
住所 23 Francis Street, Windsor SL4 1NJ, England
営業時間・開場時間 9:30-17:30(3月-10月), 9:45-16:15(11月-2月)
利用料金や入場料 大人20.00ポンド 60歳以上/学生(要証明書)18.20ポンド 17歳未満6.80ポンド 5歳未満無料
参考サイト https://www.royalcollection.org.uk/visit/windsorcastle/plan-your-visit?language=ja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

19位 エディンバラ城/イギリス

 

エディンバラ城/イギリス

image by iStockphoto

スコットランドの首都であるエディンバラの最大の見どころがこのエディンバラ城です。
城全体がキャッスルロックと呼ばれる岩山の上に建てられており、その岩山が天然の要塞として機能していました。
最も古い建造物は1110年に建てられた小さな石畳の聖マーガレット礼拝堂。」小さいながらに存在感があります。

対して1511年に建てられた広々としたグレートホールはルネッサンス様式建造物です。
落ち着いた来い色合いのエディンバラ城の外観はとても美しく、また内装も魅力的です。
お城からは新市街が一望でき、ちょっとした優越感に浸ることができます。

また、エディンバラ城入口にはスコットランドの民族衣装を着た衛兵がしっかりガードしています。

エディンバラ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 エディンバラ城
名称(英語) Edinburgh Castle
住所 Castlehill, Edinburgh EH1 2NG United Kingdom
営業時間・開場時間 9:30-17:00(4月-9月), 9:30-17:00(10月-3月)
利用料金や入場料 大人16.50ポンド, 子供9.90ポンド, 5歳以下無料
参考サイト http://www.edinburghcastle.gov.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

18位 フレデリクスボー城/デンマーク

 

フレデリクスボー城/デンマーク

デンマークのヒレレズにある、スカンディナヴィアでは最も大きなルネサンス様式の建造物とされているフレデリクスボー城。
現在は宮殿内にある、別名勲位のチャペルといわれる教会が国立歴史博物館として使用されており、肖像画などの貴重なコレクションが展示されています。

また、教会の壁にはデンマーク王室の勲章の紋章がふたつ掲げられています。
宮殿は国王一家が集めた芸術的コレクションの保管庫として使用されていたため、国家的記念館として重宝されています。

城の外壁はレンガ造りになっており、屋根はエメラルドグリーン色で統一されていてアンティーク感漂う可愛いお城です。
内装はとても豪華で芸術的で、壁の装飾や模様が見る人を魅了します。

RPGに出てきそうな清廉なお城、デンマーク、フレデリクスボー城の魅力に迫る | wondertrip

フレデリクスボー城の住所・アクセスや営業時間など

名称 フレデリクスボー城
名称(英語) Frederiksborg Castle
住所 Frederiksborg Slot 10, 3400 Hillerød, Danmark
営業時間・開場時間 10:00-17:00(4月-10月) 11:00-15:00(11月-3月)
利用料金や入場料 大人75クローネ 子供20クローネ
参考サイト http://www.dnm.dk/UK/Forside.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

17位 コカ城/スペイン

 

コカ城/スペイン

image by iStockphoto

15世紀に建てられた城塞で、コカにあることからコカ城と呼ばれています。
スペインのゴシック・ムデハル様式の建造物としては最も保存状態がいいとされています。
城の周りには幅が広くて深い堀がめぐっており、まさに城塞といった雰囲気を醸し出しています。

建物や装飾にはレンガが使われており、中庭など装飾には石灰岩が使われています。
お城の一階は四角形で角にはそれぞれ塔があり、その党の中は螺旋階段になっていて、各階と礼拝堂、中庭などに行けます。

また、武器庫には、色鮮やかなモザイクを使っている幾何化学模様のゴシック式リブのヴォート(穹窿)が備えられています。
コカ城には当時の最新技術が多く取り込まれており、探索するだけで楽しめます。

コカ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 コカ城
名称(英語) Castillo de Coca
住所 Ronda del Castillo, s/n, 40480 Coca, Segovia, Spain
営業時間・開場時間 平日10:30-13:00, 16:30-18:00 土日祝11:00-13:00, 16:00-18:00
利用料金や入場料 大人2.70ユーロ 子供2.00ユーロ
参考サイト http://www.castillodecoca.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

16位 ノイシュヴァンシュタイン城/ドイツ

 

ノイシュヴァンシュタイン城/ドイツ

ディズニーランドのモデルになったともいわれる、ノイシュヴァンシュタイン城。
まるでおとぎ話に出てきそうな美しい白いお城は、絵画や音楽が好きなバイエルン王ルートヴィヒ2世が生涯かけて建築したファンタジー感溢れたお城です。

しかし、ルートヴィヒ2世が亡くなり、お城は現在も未完成のままです。
とはいえども、外観内装どこをとっても素晴らしいまでに美しく、ルートヴィヒ2世のこだわりが伝わってきます。

19世紀に建てられたこのお城は中世がテーマだったらしいですが、当時の最先端がたくさん詰まったお城で、最近に建てられたものではないかと疑うほど住み心地がよさそうな造りになっています。
館内の見学はツアーでしか見ることができないので、お忘れなく。

シンデレラになった気分で訪れてみませんか?白亜の城ノイシュヴァンシュタイン城の歴史 | wondertrip

 

ノイシュヴァンシュタイン城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノイシュヴァンシュタイン城
名称(英語) Schloss Neuschwanstein
住所 Neuschwansteinstrase 20, 87645 Schwangau, ドイツ
営業時間・開場時間 9:00-18:00(4月-9月) 10:00-16:00(10月-3月)
利用料金や入場料 12ユーロ 18歳以下無料
参考サイト http://www.neuschwanstein.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15位 ホーエンツォレルン城/ドイツ

 

ホーエンツォレルン城/ドイツ

image by iStockphoto

ドイツ3大名城の一つであり、天空の城と呼ばれているホーエンツォレルン城。
標高855mの円錐形の山の頂上に建てられており、まさに天空の城と呼べる美しさを放っています。

気候によっては雲を突き出て、まるでお城が雲海に浮いているかのようなファンタジー感溢れる絶景を魅せてくれます。
天気がいい日のお城から見る景色はもちろん絶景です。
城内にはレストランがあり、暖かい時期に訪れると中庭に野外カフェが開き、絶景を眺めながら食事をゆっくり楽しむことができます。
また、結婚式を挙げることもできるそう。

城内一番の見どころは伯爵の大広間。
鮮やかで豪勢な金色の空間に心を奪われてしまいます。
他にも見どころ満載の美しい天空の城です。

ホーエンツォレルン城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホーエンツォレルン城
名称(英語) Burg Hohenzollern
住所 Burg Hohenzollern, Bisingen, Deutschland
営業時間・開場時間 10:00-17:00(夏期), 10:00-16:30(冬期)
利用料金や入場料 大人7.00ユーロ 子供5.00ユーロ
参考サイト http://www.burg-hohenzollern.com/startpage.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14位 リヒテンシュタイン城/ドイツ

 

リヒテンシュタイン城/ドイツ

image by iStockphoto

ドラゴンクエストに出てきそうなリヒテンシュタイン城。
ドイツのシュヴァーベンアルプの海抜817mの断崖絶壁に建てられているお城です。
崖下の谷底からおよそ250mの位置にあります。
現在のリヒテンシュタイン城は1200年前に建てられたものを19世紀に再建したものです。
岩山の一部化のような灰色とカクカクした外観がおもちゃみたいで可愛いお城ですね。

お城は一般公開されており、城内の武器コレクションが大人気なのだとか。
本当ゲームの世界に出てくるお城みたいですね。
ツアーの内容が面白く、ただお城を見学するだけでなく、バーベキュー料理教室なんてものもツアーに組み込まれているようですよ。
その他にもいろいろなイベントが行われているそうで、なんだかそれだけでとても楽しそうなお城に思えますね。

リヒテンシュタイン城の住所・アクセスや営業時間など

名称 リヒテンシュタイン城
名称(英語) Schloss Lichtenstein
住所 Schloss Lichtenstein, Lichtenstein, Deutschland
営業時間・開場時間 9:00-17:30(4月-10月), 10:00-16:00(2月-3月,11月,土日祝のみ), 12月-1月は閉館
利用料金や入場料 大人2ユーロ 子供1ユーロ ガイドツアー8ユーロ
参考サイト http://www.schloss-lichtenstein.de/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

13位 モーリッツブルク城/ドイツ

 

モーリッツブルク城/ドイツ

image by iStockphoto

ドイツのドレスデン近郊にあるモーリッツブルク城。
15世紀に狩猟用の館としてゼクセン公モーリッツにより建てられたバロック様式のお城は、まるでその周囲の湖の上に浮いているかのように見えます。

外観の落ち着いた色合いと可愛らしい造りが湖や木々の景色とよく合っていて、内装には当時を代表する工芸師が手によりをかけて作ったものが数多く使用されており、4つの大広間を飾る皮革製の壁紙や豪華な家具がとても魅力をはなっています。
日本や中国のマイセンの陶器などもあり、中でもひときわ目を引くものが、大型の鹿の角のコレクションで、ヨーロッパでも有数のものとされています。

城内で最も美しいといわれる礼拝堂は白と金で飾られておりとても美しい建造物です。

モーリッツブルク城の住所・アクセスや営業時間など

名称 モーリッツブルク城
名称(英語) Moritzburg Castle
住所 Schloßallee, 01468 Moritzburg, Deutschland
営業時間・開場時間 10:00-18:00 月曜休館
利用料金や入場料 大人8.00ユーロ 子供4.00ユーロ
参考サイト http://www.schloss-moritzburg.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12位 デル・モンテ城/イタリア

 

デル・モンテ城/イタリア

image by iStockphoto

丘の上の黄金の王冠と呼ばれるデル・モンテ城。
13世紀に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって建てられたお城です。
お城の形はもちろんいたるところに八角形を用いた設計をされている不思議なお城でもあります。
八角形のお城の中心部の8つの角にはそれぞれまた8角形の塔が建っています。

が、どうやらこだわっているのは八角形ではなく8という数字に対してのようで、よく見ると細かいところまで8の数のものばかりです。
形やこだわりは独特ですが外壁や内装はいたってシンプルな作りで、まるで教会のような静けさと神秘的な感覚になります。

デル・モンテ城、実は天文学的にも数学的にも黄金比が用いられた設計になっていて、とても深く、面白いお城です。

デル・モンテ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 デル・モンテ城
名称(英語) Castel del Monte
住所 Castel del Monte, 76123 Andria BT, Italy
営業時間・開場時間 10:15-19:45(4-9月) 9:00-18:30(10-3月)
利用料金や入場料 大人5ユーロ, 18-25歳2.5ユーロ, 18歳未満無料
参考サイト http://www.casteldelmonte.beniculturali.it/index.php?en/1/home
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11位 シュノンソー城/フランス

 

シュノンソー城/フランス

image by iStockphoto

ベルサイユ宮殿に次いでフランスで最も多くの観光客が訪れるシュノンソー城。
サントル・ヴァル・ド・ロワール地方にあるお城で、16世紀から19世紀の間、城主が女性だったため6人の奥方の城ともよばれています。

シュノンソー城は15世紀の城塞の名残が残る独立塔と16世紀に建てられた初期のルネッサンス様式の棟と、お城の周りを流れるシェル川に架かっている橋に建てられた3層からなる回廊を持つ棟で構成されています。
この建造物はゴシック様式と初期のルネッサンス様式、さらにイタリア風の装飾が美しく合わさって出来ています。

内装はとてもシンプルで独特。
また、シュノンソー城の庭園はとても広くきれいに整備されていて、夏場はお城と庭園がライトアップされます。

シュノンソー城の住所・アクセスや営業時間など

名称 シュノンソー城
名称(英語) Château de Chenonceau
住所 Château de Chenonceau, Chenonceaux, France
営業時間・開場時間 9:00-17:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 大人13.00ユーロ 子供10.00ユーロ
参考サイト http://www.chenonceau.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10位 ペレシュ城/ルーマニア

 

ペレシュ城/ルーマニア

image by iStockphoto

ルーマニアで最も美しい城といわれるペレシュ城。

ルーマニア人に最も愛されている国王といわれる、初代国王カロル1世が夏の離宮として建てたお城で、ヨーロッパで初めてセントラル・ヒ-ティングと電気を備えたお城とされています。
城内には160もの部屋があり、どの部屋も素晴らしいもので、世界各国の政治家の隠居場所になっていたともいわれています。

内装は王妃のエリザベータが監督したもので、色合いも装飾も落ち着いた色合いのシックでエレガントな空間となっています。
また、カルパチアの真珠といわれるシナイヤの街が近く、穏やかな雰囲気と美しい景色がたくさん見られる観光スポットです。
ペレシュ城の外観も落ち着いた色合いが美しく、可愛らしい造りで見ているだけで目の保養になります。

ペレシュ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ペレシュ城
名称(英語) Castelul Peles
住所 Aleea Peleșului 2, Sinaia 106100 Romania
営業時間・開場時間 9:15-16:15, 水曜11:00-1615, 月曜休館 冬期は月火休館
利用料金や入場料 大人20ルーマニアレイ 学生5ルーマニアレイ
参考サイト http://peles.ro/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9位 ブタ城/ハンガリー

 

ブタ城/ハンガリー

ハンガリーの首都のブダペストにあるブダ城。
12世紀に建てられたこのお城は、今に至るまで何度も破壊されその都度その時代の様式で再建されてきたお城で現在は世界遺産に登録されています。

お城へは丘の上に建てられているため、街からケーブルカーか徒歩で丘を登って向かいます。
お城からは美しいブダペストの街が一望でき、それだけで絶景といえる満足感が得られます。
ブダ城の姿は壮観で、とても美しく、見る人を魅了します。

城内にはハンガリー国立美術館とブダベスト歴史博物館があり、貴重な展示物や絵画を見ることができますので、お城の探索後は見に行かれるといいと思います。
また、ブダ城の地下にあるラビリンスも必見の観光スポットです。

東ヨーロッパ随一の都市景観「ドナウ河岸、ブダ城地区」の美しい街並み | wondertrip

ブタ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブタ城
名称(英語) Buda Castle
住所 Buda Castle, Budapest, Szent György tér, Hungary
営業時間・開場時間 国立美術館: 10:00-18:00, 月曜休館
利用料金や入場料 国立美術館: 1,800ハンガリーフォリント
参考サイト http://budacastlebudapest.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8位 シャンボール城/フランス

 

シャンボール城/フランス

image by iStockphoto

生きた文化的景観として世界遺産に登録されているロワール渓谷の一部であるシャンボール城。

古くからのイタリアの建築に中世のフランスの様式を取り入れた、フレンチ・ルネッサンス様式のお城で、その様式のお城としては最も大きく最も有名なお城といわれています。
シャンボール城には敵からの侵攻を防ぐ意図で造られたものは何もなく、壁や塔、堀の一部などは美しく装飾されています。

もともとはフランソワ1世が狩猟ように建てたもので、現在お城の周囲は森林公園となっており、禁漁区にはアカシカが生息しています。
また、城内中心部にはすれ違うことなく上り下りできる二重の螺旋階段があり、有名な画家レオナルド・ダ・ヴィンチによる設計ではないかといわれています。

シャンボール城の住所・アクセスや営業時間など

名称 シャンボール城
名称(英語) Château de Chambord
住所 Château, 41250 Chambord, France
営業時間・開場時間 9;00-18:00(夏期), 9:00−17:00(冬期)
利用料金や入場料 11ユーロ, 18歳未満無料
参考サイト http://www.chambord.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7位 カゼルタ宮殿/イタリア

 

カゼルタ宮殿/イタリア

image by iStockphoto

18世紀にヨーロッパで造られた最も大きな宮殿といわれているカゼルタ宮殿。
17世紀にナポリ王カルロ7世のお抱えだった建築家のルイージ・ヴァンヴァテッリの指揮のもと建築された宮殿です。
ヴァンヴァテッリの理想の宮殿がベルサイユ宮殿だったため、カゼルタ宮殿のほとんどはベルサイユ宮殿に触発されたような造りになっています。

ですが、典型的なバロック様式の庭園はベルサイユ庭園よりも美しいといわれるほどの美しい出来栄えとなっています。
また、街から宮殿まで伸びるヴァンヴァテッリの水道橋も美しく見事なものです。

イタリアに来たらカゼルタ宮殿を見ない手はありません。
また、映画スターウォーズのロケ地として使われたことでも有名です。

カゼルタ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 カゼルタ宮殿
名称(英語) Reggia di Caserta
住所 Viale Douhet, 2/a, 81100 Caserta CE, Italy
営業時間・開場時間 8:30-19:30 火曜休館
利用料金や入場料 12ユーロ
参考サイト http://www.reggiadicaserta.beniculturali.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6位 グアイタ城/イタリア

 

グアイタ城/イタリア

image by iStockphoto

サンタマリノ共和国にある3つの砦の一つであるグアイタ城。
11世紀に建てられたグアイタ城は3つの砦の内、最も古い歴史を持つお城です。
断崖絶壁のティターノ山の頂上に建てられているこの城は、15世紀からは牢獄としても使われていました。

サンタマリノ共和国は国土の大部分を世界遺産に登録されている歴史地区が占めているので、ほとんどの国民は世界遺産の中に住んでいることになります。

断崖絶壁の上に建つグアイタ城からの景色はまさに絶景。
サンタマリノの街を一望でき、その向こうには青々と輝くアドリア海をとらえることができます。
数百年の間、このグアイタ城は敵に侵攻されることもなく、自然災害によって崩れることなく今もティターノ山の頂上にあり続けています。

グアイタ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 グアイタ城
名称(英語) Torre Guaita
住所 Salita alla Rocca, 47890 Città di San Marino
営業時間・開場時間 8:00-20:00(夏期), 9:00-17:00(冬期)
利用料金や入場料 大人4.50ユーロ, 子供3.50ユーロ
参考サイト http://www.museidistato.sm/mtg/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5位 ペナ宮殿/ポルトガル

 

ペナ宮殿/ポルトガル

image by iStockphoto

謎に満ちた色鮮やかなぺナ宮殿。
この宮殿は巨大な岩々の上に建てられているにもかかわらず、色鮮やかに存在感を放っています。

フェルナンド2世により建てられた宮殿は、マヌエル、イスラム、ゴシック、ルネッサンスなどと様々な様式を取り入れた建造物です。

まるでおもちゃの国のように、宮殿全体が赤や黄色や青や緑や紫と多彩な色遣いがされており、一歩間違えれば崩れてしまう色合いにもかかわらず、とても可愛らしい宮殿として岩山の上に存在しています。
宮殿内はアズレージョという装飾タイルがふんだんに使われており、それがまた可愛らしいのです。

また、宮殿のいたるところに不思議なシンボルがたくさんあったり、ラッキーモチーフがたくさん使われた門があったりと見どころ満載です。

ペナ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 ペナ宮殿
名称(英語) Palácio Nacional da Pena
住所 Estrada da Pena, 2710-609 Sintra, Portugal
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 大人11.50ユーロ, シニア・子供9ユーロ
参考サイト http://www.parquesdesintra.pt/parques-jardins-e-monumentos/parque-e-palacio-nacional-da-pena/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4位 アルハンブラ宮殿/スペイン

 

アルハンブラ宮殿/スペイン

image by iStockphoto

グラナダにある世界遺産のアルハンブラ宮殿。
宮殿の大部分はムスリム政権、ナスル朝の時代に建設されたとされ、スルタン王の居住となっていました。

宮殿は主にレンガや木材、粘土を建築材料として使っており、宮殿と呼ばれていますが、城塞のような役割が大きく、宮殿の敷地内には住居やモスク、学校や浴場や庭園など、様々な建造物と数多くの施設がありました。
宮殿の原型は9世紀に造られた砦だとされています。

見どころは多く、グラナダの典型的な庭園とされるアラヤネスの中庭や、12頭のライオンに支えられた噴水があるライオンの中庭があり、一番の見どころは様々なモチーフとアスレホという青いタイルで飾られた壁と、7つの惑星をモチーフに幾何化学模様に彫刻された宇宙をイメージした天井のあるコマレスの塔です。

アルハンブラ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルハンブラ宮殿
名称(英語) la Alhambra
住所 Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada, Spain
営業時間・開場時間 8:30-20:00(夏期), 8:30-18:00(冬期)
利用料金や入場料 14ユーロ
参考サイト http://www.alhambra-patronato.es/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3位 スワローズネスト/ウクライナ

 

スワローズネスト/ウクライナ

image by iStockphoto

ツバメの巣城と呼ばれるスワローズネスト。
黒海に面したクリミア半島の、丁度黒海の中心部あたりの岬にある断崖絶壁の崖の上に建てられている、今にも落っこちてしまいそうで危なっかしいスワローズネスト城。

崖からお城の底面部分がはみ出していて滑り落ちてしまいそうです。

元々はロシア将校の別荘で名前もラブ・キャッスルと随分ロマンチックなお城だったそうですが、1911年に黒海の石油産業により進出してきたドイツ人の手により今の崖っぷちのお城に建て替えられたのだそう。
以前はレストランとして使われていたのですが、1900年代半ばに地震により破壊されてしまって立ち入りができなくなり、そのままレストランは閉店。

現在はお城の側にカフェがオープンして観光客に人気のスポットになっています。

スワローズ・ネストの住所・アクセスや営業時間など

名称 スワローズ・ネスト
名称(英語) The Swallow’s Nest
住所 Alupkins\’ke Hwy, 9, Haspra 98300, Ukraine
営業時間・開場時間 8:00-18:00, 月曜休館
利用料金や入場料 100フリヴニャ
参考サイト https://discover-ukraine.info/places/crimea/yalta/39
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2位 プラハ城/チェコ

 

プラハ城/チェコ

image by iStockphoto

世界で最も大きく最も古いとされるプラハ城。
全長580mの広大なプラハ城は完成までに6世紀かかったといわれています。

敷地内にはお城だけでなく、ゴシック様式の大聖堂やロマネスク様式の教会や修道院など様々な建造物があり、その多様な様式の建築から先の千年のあらゆる建築を実体的に表す城といわれています。

一番の見どころは聖ヴィート大聖堂。
大聖堂内ではチェコの巨匠ミュシャが造った美しく輝くステンドグラスを見ることができます。

プラハ城内で最も古いイジー協会は赤い外観が可愛らしい建物です。
その奥へ入ると、使用人や職人、錬金術師が暮らしていたとされる黄金路地があったりと見どころ満載です。
また、天文時計も必見です。

ヨーロッパの城って好きなんです…チェコ「プラハ城」に見とれてしまう絶景10選 | wondertrip

プラハ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 プラハ城
名称(英語) Prague Castle
住所 Prague Castle 119 08 Praha 1, Czech Republic
営業時間・開場時間 5:00-24:00(4-10月), 6:00-23:00(11-3月)
利用料金や入場料 共通券A: 大人350チェココルナ
参考サイト https://www.hrad.cz/en/prague-castle-for-visitors
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1位 エカテリーナ宮殿/ロシア

 

エカテリーナ宮殿/ロシア

image by iStockphoto

エカテリーナ宮殿は、ロシアのサンクトペテルブルク中心部から南へ30kmのプーキシンにある宮殿です。
皇族の避暑地として使われていたことから夏の宮殿とも呼ばれています。

贅とはこのことかと言えるほど美しいロココ様式の建築で、外観の青と白と金の色合いが涼しげで見事です。
門の中に入ると綺麗に整えられた庭園があり、その景色は圧巻。


宮殿の中もこの美しい「琥珀の間」は必見。
美術愛好家として知られるエカテリーナ2世(在位1762-1796年)によりつくられました。
彼女の指示のもと鏡や宝石のモザイク、金メッキの装飾などを取り入れ、1770年エカテリーナ宮殿に琥珀の間が完成しました。

彼女はゴシップ話で世の中を騒がせたことでも有名で、いろいろとロシアの逸話として宮殿とともに語り継がれています。
こちらの記事もぜひ見てみてください。

大国ロシアを築いた女帝が作った華麗なるエカテリーナ宮殿の歴史 | wondertrip

エカテリーナ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 エカテリーナ宮殿
名称(英語) Catherine Palace
住所 Garden St, 7, Pushkin, Saint Petersburg, Russia, 196601
営業時間・開場時間 12:00-19:00(6月-8月), 10:00-17:00(10月-4月), 12:00-17:00(5月,9月) 火曜休館
利用料金や入場料 720ルーブル
参考サイト http://www.saint-petersburg.com/pushkin/catherine-palace/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヨーロッパの城を見に行こう!

 

積み重ねてきた歴史、今日まで建物が保存されている奇跡、昔の人々の建築レベルの高さ…見るものに様々な思いを巡らせる城は魅力たっぷり。
ぜひ「お城巡りツアー」を次の旅行に検討してみてはいかが。
photo by iStock