ヨーロッパの美しいお城・宮殿TOP20。ウィンザー城からエカテリーナ宮殿まで

公開日:2019/3/16 更新日:2020/3/6

3位 スワローズネスト/ウクライナ

 

スワローズネスト/ウクライナ

image by iStockphoto

ツバメの巣城と呼ばれるスワローズネスト。
黒海に面したクリミア半島の、丁度黒海の中心部あたりの岬にある断崖絶壁の崖の上に建てられている、今にも落っこちてしまいそうで危なっかしいスワローズネスト城。

崖からお城の底面部分がはみ出していて滑り落ちてしまいそうです。

元々はロシア将校の別荘で名前もラブ・キャッスルと随分ロマンチックなお城だったそうですが、1911年に黒海の石油産業により進出してきたドイツ人の手により今の崖っぷちのお城に建て替えられたのだそう。
以前はレストランとして使われていたのですが、1900年代半ばに地震により破壊されてしまって立ち入りができなくなり、そのままレストランは閉店。

現在はお城の側にカフェがオープンして観光客に人気のスポットになっています。

スワローズ・ネストの住所・アクセスや営業時間など

名称 スワローズ・ネスト
名称(英語) The Swallow’s Nest
住所 Alupkins\’ke Hwy, 9, Haspra 98300, Ukraine
営業時間・開場時間 8:00-18:00, 月曜休館
利用料金や入場料 100フリヴニャ
参考サイト https://discover-ukraine.info/places/crimea/yalta/39
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2位 プラハ城/チェコ

 

プラハ城/チェコ

image by iStockphoto

世界で最も大きく最も古いとされるプラハ城。
全長580mの広大なプラハ城は完成までに6世紀かかったといわれています。

敷地内にはお城だけでなく、ゴシック様式の大聖堂やロマネスク様式の教会や修道院など様々な建造物があり、その多様な様式の建築から先の千年のあらゆる建築を実体的に表す城といわれています。

一番の見どころは聖ヴィート大聖堂。
大聖堂内ではチェコの巨匠ミュシャが造った美しく輝くステンドグラスを見ることができます。

プラハ城内で最も古いイジー協会は赤い外観が可愛らしい建物です。
その奥へ入ると、使用人や職人、錬金術師が暮らしていたとされる黄金路地があったりと見どころ満載です。
また、天文時計も必見です。

ヨーロッパの城って好きなんです…チェコ「プラハ城」に見とれてしまう絶景10選 | wondertrip

プラハ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 プラハ城
名称(英語) Prague Castle
住所 Prague Castle 119 08 Praha 1, Czech Republic
営業時間・開場時間 5:00-24:00(4-10月), 6:00-23:00(11-3月)
利用料金や入場料 共通券A: 大人350チェココルナ
参考サイト https://www.hrad.cz/en/prague-castle-for-visitors
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1位 エカテリーナ宮殿/ロシア

 

エカテリーナ宮殿/ロシア

image by iStockphoto

エカテリーナ宮殿は、ロシアのサンクトペテルブルク中心部から南へ30kmのプーキシンにある宮殿です。
皇族の避暑地として使われていたことから夏の宮殿とも呼ばれています。

贅とはこのことかと言えるほど美しいロココ様式の建築で、外観の青と白と金の色合いが涼しげで見事です。
門の中に入ると綺麗に整えられた庭園があり、その景色は圧巻。


宮殿の中もこの美しい「琥珀の間」は必見。
美術愛好家として知られるエカテリーナ2世(在位1762-1796年)によりつくられました。
彼女の指示のもと鏡や宝石のモザイク、金メッキの装飾などを取り入れ、1770年エカテリーナ宮殿に琥珀の間が完成しました。

彼女はゴシップ話で世の中を騒がせたことでも有名で、いろいろとロシアの逸話として宮殿とともに語り継がれています。
こちらの記事もぜひ見てみてください。

大国ロシアを築いた女帝が作った華麗なるエカテリーナ宮殿の歴史 | wondertrip

エカテリーナ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 エカテリーナ宮殿
名称(英語) Catherine Palace
住所 Garden St, 7, Pushkin, Saint Petersburg, Russia, 196601
営業時間・開場時間 12:00-19:00(6月-8月), 10:00-17:00(10月-4月), 12:00-17:00(5月,9月) 火曜休館
利用料金や入場料 720ルーブル
参考サイト http://www.saint-petersburg.com/pushkin/catherine-palace/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
次のページ
最後に >>