クヒオ通りにはハワイの魅力がいっぱい!通りの魅力を徹底解説

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Yuma

はじめまして。Yumaです。海外旅行が好きで、ヨーロッパや東南アジアなどを巡って絶品グルメを探しています。インスタグラムもやっているので、思い出に残るポイント探しも得意です。

クヒオ通りに行く前に知っておきたい情報をまとめました。

南の楽園ハワイのオアフ島にあるクヒオ通りは、近年になって再開発が進む注目の観光スポットです。メインストリートのカラカウア通りとはまた違う、新しいハワイの魅力が楽しめる場所。スタイリッシュな雰囲気で、流行最先端のお店も並びます。そんなクヒオ通りの魅力をご紹介します。

開発が進むクヒオ通りの魅力

ワイキキを貫く大通り

ハワイ観光の代名詞と言えばオアフ島ワイキキ。美しいビーチやショッピングにグルメと、人気の観光スポットが揃います。

そのワイキキのメイン通りと言えば、有名ブランドショップも立ち並ぶカラカウア通り。クヒオ通りは、カラカウア通りから一本山側に入った場所にあります。もとは何もない土地でしたが、近年になって開発が進み、新しいハワイの魅力を見つけられる観光スポットに変貌を遂げました。

さまざまな最先端が集まる

きらびやかな大型有名店が立ち並ぶカラカウア通りに対し、クヒオ通りはやや小規模な印象。しかし、並んでいる店舗をよく見れば、小さくても流行最先端のお店や、上質でセンスの良い手作りの品物が並んでいる事が分かります。カフェやレストランでも、上質でフォトジェニックなメニューが揃っています。

朝食でエネルギーをチャージ

ふわふわホイップとパンケーキ

ハワイといえばパンケーキ、という人も多いはず。クヒオ通りにも完全天然素材を使った上質なパンケーキが食べられるお店が並んでいます。海外の料理は、日本と比べるとどうして量が多いもの。店員に頼めば少なめの量で注文できる事もあるので、少食な方はぜひ確認を。

アサイーボウルで朝から綺麗になる

アサイーボールは、美容と健康に良いと日本でも大人気。発祥の地であるハワイで、本場の味を楽しんでみるのも良いですね。ハワイのアサイーボールは、日本のものよりかなり大きめ。小さめサイズを注文する選択肢もあります。それでも量が多いと感じる場合は、スムージーもおすすめです。

高級ブティックが立ち並ぶ

本場の物を安く買う

ショッピングは海外旅行の楽しみの一つ。アメリカ領であるハワイでは、やはりアメリカのブランド品がお得に購入できます。人気ジュエリーブランドのティファニーなど、日本のおよそ半額で購入できる事も。

ですが、購入しすぎにはご注意を。もしも免税範囲を超えてしまえば、帰国時の税関で思いがけない税金の支払いが待っているかもしれません。

スーパーでハワイならではの日用品を購入する

安価で手軽なお土産を探したい場合は、スーパーもおすすめ。クヒオ通りには、フードパントリーというスーパーがあります。ハワイは物価が高くそれなりの値段になってしまいますが、お菓子やお酒といったお土産が豊富。

ハワイならではの小物や日用品を探したいなら、インターナショナルマーケットプレイスに多くの店舗が集まっています。

個性派な店舗を回る

ハワイの定番お土産の一つがTシャツ。クヒオ通りには、ハワイの人気Tシャツ専門店88TEES(88ティーズ)をはじめ、洋服のお店もずらりと並びます。普段使いできそうな手作りアイテムも豊富。せっかくハワイに来たなら一度は着たい、ビーチティストのリゾートドレスも売っています。

昼には屋台で買い食いもできる

屋台というよりフードトラック

以前はクヒオ通りのスーパー、フードパントリーの裏に屋台が出ていたのですが、残念ながら今はなくなっています。

その代わり、クヒオ通りにはいくつものフードトラックが出ています。メニューも豊富なので、ショッピング途中のランチや休憩にぴったり。ただし、どれも一個が日本の二人分ほどの量なので、購入する際にはご注意を。

ガーリックシュリンプとステーキが人気

香ばしい風味のガーリックシュリンプは、ハワイ定番の人気B級グルメ。フードトラックでも人気メニューです。上質な肉を手ごろな値段で食べられるステーキもおすすめ。

フードトラックでは日本とは違う白いパックで渡され、外国気分が楽しめます。

クヒオ通りの夜

日本人シェフがいるお店に行ってみる

ハワイには行きたいけど、海外は食事が口に合うか心配、という人におすすめなのが、日本人シェフのいるお店。日本人の口に合う、マイルドなハワイ料理が食べられます。ハワイに惚れ込んで移住した人たちなので、ハワイならではの味わいも、しっかりと感じられます。

ローカルアワーを利用する

観光地のハワイは、全体的に物価が高め。長期滞在をした場合、食費だけでもかなりの出費になってしまいます。そんな時におすすめなのがローカルアワー(ハッピーアワー)。お店がすいている時間帯限定で、カウンター席のみで楽しめるお得な特別メニューです。実施時間は店舗によって違います。

クヒオ通りの治安

物取りと暴行に注意

ハワイはアメリカでも比較的治安の良い地域ですが、あくまでも海外。南の楽園のイメージでついつい気が緩んでしまいますが、日本の常識や防犯意識のままでは危険です。

日本人が襲われやすいのは、どこへ行っても同じです。ハワイでも、日本人がホテル内で暴行事件の被害者になった事例も。安全には十分気をつける必要があります。

時間帯には気を付けよう

どんな観光地でも避けるべき事は、暗くなってからの一人歩き。日没後は、犯罪に巻き込まれる確率が一気に上がります。クヒオ通りも、店舗も多く賑やかなエリアは比較的安全。ただし、動物園よりも東側は店舗がまばらになるため、人通りも少なくなり、注意が必要です。

クヒオ通りのホテル

ワイキキ・トレード・センター跡のホテル

クヒオ通りには、以前はワイキキ・トレード・センターというショッピングモールがありました。しかし空き店舗が増えたため、再開発が行われる事に。今ではブティックが一階と中二階に、それより上層階がホテルになっています。

小ぢんまりとしたスタイリッシュなホテルが多い

大手のリゾートホテルが多いカラカウア通りに対し、小規模なホテルが多いのがクヒオ通りの特徴。カラカウア通りと違い、ビーチに直接面していない事も影響しているかもしれません。日本人の宿泊客も少ないので、外国気分を味わいたい方におすすめです。

クヒオ通りへのアクセス

バスでのアクセス

ワイキキの多くのホテルから徒歩圏内のクヒオ通りですが、バスを使っていく事もできます。オアフ島の公共路線バス、ザ・バスを利用する場合は、150から154番のバス停で降ります。ホノルル空港からも同じバスが出ています。

住所|〒なし Kalakaua Avenue, Honolulu, Oahu
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

まとめ

ハワイの中でも、穴場観光スポットと言えるクヒオ通り。再開発が進み、見逃せないお洒落な店が並びます。日本人観光客が比較的少ない一角ですが、可愛らしい雑貨や洋服、フォトジェニックな朝食が堪能できます。ハワイ観光の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。