ペーナ宮殿は魅力が爆発!多国籍なデザインは一見の価値あり

トラベルパートナー: Asami

埼玉県出身、現在はドイツに住んでいます。 ふらりと無計画に旅行に出てしまうことがよくありますが、現地での出会いとインスピレーションを大切にしています。 飛行機や電車が好きで、旅行をしつつ現地の乗り物も楽しんでいます。

カラフルで可愛らしい見た目はインスタ映え確定です!

・ここに序文を記載してください

リスボンから日帰りでペーナ宮殿へ行こう

リスボン中心部から電車で1本!

・リスボンから日帰りで行ける距離にある。リスボンのロシオ駅から直通で終点がシントラ駅。シントラ駅からはバス434番でペーナ宮殿のすぐ目の前まで行ける

・ペーナ宮殿があるシントラの街は、街全体が世界遺産になっている

・ポルトガルらしいタイルの装飾だけでなく、ゴシック様式やイスラム風の装飾があるところも。見る角度や切るとるサイズによって全く違う場所に見える不思議。

 

異世界への入り口へようこそ

入り口の門は甲冑の装飾がされている

・まず一番最初にくぐる門には甲冑とスタッズのようなトゲトゲした装飾で守られている。

・ドイツなどの西洋風に見えるが、周りの植木が南国感のある木でそのコントラストが異色。他では見ない光景に期待が高まる

・19世紀に立てられたこの宮殿は、元は当時のポルトガル国王・フェルナンデス2世が建てた。

ポルトガルならではのアズレージョも圧巻!

・アズレージョとはポルトガル語でタイルのこと。ポルトガルの建物ではアズレージョで装飾された建築物が多くある。ペーナ宮殿もその一つ

・1755年のリスボン大地震の後に建築された建物には、このタイル装飾が多く見られる。このペーナ宮殿も、もともとはリスボン大地震で廃墟となった修道院を立て直したもの。

・日本では見かけないこれらのタイル装飾は可愛らしく、非常にフォトジェニック

細やかなゴシック調の彫刻

・ヨーロッパの華美な宮殿に比べて質素で大雑把な作りに見えるペーナ宮殿ですが、装飾の一つ一つはとても細やかで見る価値あり。

・このトリトンの装飾は有名。海の守り神が宮殿を支えている

・他にも、宮殿の装飾には海のものと山のものが入り混じっていて見つけながら見学するのも楽しい

ポルトガル全土が見渡せる!?

・丘の上にあるので、地平線まで見える。もしかしてポルトガル全土が見えてしまうのでは?!

・眼下にはムーアの城壁、ペーナ公園が見える。これから行く人や、行った後に来ると上から眺めることが出来て別の楽しみ方ができる

・赤茶色の屋根が広がっており、日本には無いこの色合いと景色につい見入ってしまう。

 

 フォロワー急増!SNSで差がつくオススメの自撮りスポット

古代ギリシャ風

・ポルトガル?ギリシャ?どこにいるの?とつい聞きたくなってしまうシチュエーション

・色や彫刻が落ち着いていて、シンプルなところもまた素敵

・ゲートをくぐるとあちら側はどこの国に繋がっているのか?と想像しているだけでも楽しい

これぞポルトガル!

・青いタイルのかわいらしさにシャッターが止まらない

・海の神様トリトンに見守られて。入り口を覆っている装飾は貝やサンゴを模したもの

・日本では見ない、壁一面に貼られている青いタイルはSNSでも人目を引くこと間違いなし!

アニメに出てきそうな色と装飾に溶け込んで…

・おとぎの国に入り込んだようなデザインは夢の世界に入り込んでしまいそうなほど可愛らしい

・思わず写真撮影のために作られたスタジオなのでは?と思ってしまうくらい写真映えする

・鮮やかな黄色も、暖かいポルトガルの気候を表しているよう

 

 

全部見て回るのにどのくらいかかる?

ペーナ宮殿見学の所要時間

・全部見るにはスムーズに進んでだいたい1時間くらいかかる

・館内の写真撮影は禁止されているが、宮殿らしい煌びやかな装飾がされた部屋をいくつも見ることができる

・夏のハイシーズンでは、入館するのに制限がされていたり入っても人がおおくてなかなかスムーズに進めないということもある。時間には余裕を持って行くのがベスト

ペーナ公園の散策もオススメ!

・ペーナ宮殿はペーナ公園の敷地内にある。結構広く、軽いトレッキングくらい歩く

・ペーナ宮殿から公園の入り口(バス停)まではまっすぐ歩いて、女性の足で30分くらいかかった。見所もあるので、写真を撮りながら行くと1時間くらいはかかる

・公園というより森。空気が澄んでいてとても気持ちがいい。バス移動も楽で良いけれど、元気があれば散策しながらバス停まで戻るのがオススメ

ペーナ宮殿のチケット購入方法

事前にチケットを買う方法

・シントラの観光案内サイトでオンラインチケットが事前に予約できる。オンラインチケットは5%オフで購入できる。サイト右上の黄色いTicket Officeのボタンから購入できる

・5才未満のお子さんは無料で入れる他、65才以上の高齢者割引もある。

・ペーナ宮殿だけでなく、ペーナ公園とペーナ宮殿のチケットがセットになっているものもある。

当日、現地でチケットを買う方法

・窓口で購入する。週末やハイシーズンに行く場合はチケット購入に並ぶ場合もある。私が行った時は10人も並んでいなかった。日本のクレジットカードも使えた。

・自動券売機で購入することもできる。こちらもクレジットカード利用可能。

・窓口で買ったほうが、宮殿への行き方なども教えてもらえて良かった。窓口はシントラ駅からのバスを降りると目の前にある。

ペーナ宮殿と一緒に回りたい2つの宮殿

レガレイラ宮殿

・ペーナ宮殿から徒歩30分弱。道中もがたがたしているのでスニーカーなど歩きやすい靴で行こう

・元はレガイラという名前の男爵邸だった。外観はちょっとホラーな中世ヨーロッパ風

・隠しトンネルのような抜け道がたくさんあり、ゲームをしている気分になる。

住所|〒2710-567 Quinta da Regaleira, Sintra
営業時間|夏AM9:30 - PM8:00/冬AM9:30 - PM6:00
定休日|なし
電話|+351 219 106 650
公式サイトはこちら

シントラ宮殿

・ペーナ宮殿からは歩けるが40分弱かかる。時間ももったいないので、434番のバス(シントラ駅から乗ったものと同じ)の利用がおすすめ

・14世紀に完成した、王家の夏の離宮。元はイスラム教徒が建てた建物だったのを改装した

・有名なのは二つの三角の塔のようなもの。宮殿の台所と繋がっている

住所|〒2710-616 Largo Rainha Dona Amélia, Sintra
営業時間|AM9:30 - PM7:00
定休日|なし
電話|+351 21 923 7300
公式サイトはこちら

 

ペーナ宮殿へのアクセス

日本からまずはポルトガル・リスボン中心部を目指す

・リスボンはポルトガルの首都だが、日本からの直通便は出ていない。

・トランジット含めて16〜20時間ほどかかる。スペインのマドリード、フランスのパリなどで乗り換え

・リスボン空港から中心部までは直通のバスがある。乗り換えも無いのでオススメ。

リスボンからペーナ宮殿への行き方

・ロシオ駅からシントラ駅直通の電車が出ている

・シントラの駅で電車を降り、434番のバスに乗り換え

・バス停は駅を出てすぐなので見つけやすい

住所|〒2710-609 Estrada da Pena, Sintra
営業時間|AM9:30 - PM8:00
定休日|なし
電話|+315 21 923 7300
公式サイトはこちら

季節を変えて何度でも訪問したくなる!

・ここにまとめを記載してください。