バルセロナのチョコレート博物館!チョコレート好きにおすすめ

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Machi

東京都出身。もともとは転勤族で日本各地を転々と。得意なエリアはスペイン。観光地だけでなく旅から現地の生活スタイル・文化コンテンツを探し出すことが大好き。

ガウディ建築を満喫後、チョコレートの世界に行きませんか??

ヨーロッパの代表的なおやつでもあるチョコレート。旅行にも欠かせないこのチョコレートの歴史をご存知でしょうか。スペインバルセロナにあるチョコレート博物館は、アメリカ大陸からヨーロッパへとチョコレートが伝わった歴史や、そのあとの発展を知る事ができる博物館です。館内には、見ているだけで幸せになれるチョコレートがたくさん展示されています。

バルセロナのチョコレート博物館とは

チョコレート博物館は、 国際的に有名なパティスリーである非営利団体 Gremio de Pastelería de Barcelonaの協力のもと設立した博物館です。スイーツの製造とチョコレートの質の向上、そして普及を第一目的として創設されました。 スペインスイーツの価値とその美味しさを伝えたいという一心が形となり、訪問客を日々楽しませています。

なぜバルセロナでチョコレートなのか

大航海時代のころ、今のアメリカにあたる新大陸から持ち帰られたカカオ豆は、バルセロナ港へと到着しました。バルセロナはフランス国境近くに位置しており、地理的な条件が功を奏した結果、ヨーロッパ中にカカオは広まることに。そして16〜18世紀頃になると、武装商戦ガレオン船が3カ月以上にもわたる危険な航海を経て、カカオ豆を運ぶようになっていきました。

昔はとにもかくにも命懸けの航海

船は外国の海賊に狙われ、積荷を全て持っていかれたり、海に沈められてしまう事もあったといいます。船内ではプライベート空間はなく、乗組員に与えられた就寝スペースはなんとヨガマット3枚分に2人がやっと寝れるか否かの窮屈な空間だったそう。冒険と野望を持ち乗船する若者も多くいましたが、衛生状態が悪く過酷な労働が続くため、毎日のように死と向き合うのが当たり前でした。

歴史背景を知ったところでチケットを購入

チェコレート博物館に入るには入場券が必要なので、販売場所でチケットを手に入れましょう。Barcelona Cardを持っている場合は入場無料なので、係員にカードを提示してください。カウンターには、スイーツがぎっしり並んでいます。見学の際は小腹をすかせて入館し、館内見学が終わったらスイーツを楽しみましょう。

出身地を聞かれる

チケットを購入する際、スタッフから必ず聞かれる事があります。それは、自身の出身国です。チョコレート博物館では、出身国ごとに入場券の種類が分かれています。入館に必要となるQRコードがついた入場券は、ほろ苦い味のチョコレートでできていました。

スペインでのカカオの使い方とは

アメリカ大陸で発見されたカカオは、その当時とても価値の高いものでした。18世紀になると、スペインの軍事学校の食堂では、正式メニューとしてチョコレートドリンクが採用されていたという記録が残っています。現在では、チョコレートは身近なものとなりました。スペインには伝統的な朝食メニューとして、苦いチョコレートドリンクとチュロスという組み合わせがあるそうです。

館内は当時のお菓子作りの器具がいっぱい

館内では、ヨーロッパ大陸にどのようにしてチョコレートが普及していったのかが説明がされており、その歴史を学ぶ事ができます。チョコレートの型の展示を見ていくと、当時からすでにかわいらしい形が好まれていた事が伝わてくることでしょう。文化や国が違っていたとしても、美味しい食べ物を望む欲求は共通している事がよくわかります。

見応えのあるチョコ像の数々

館内にはさまざまなパティシエがチョコレートを駆使して作った、すばらしい作品が展示されています。中でも子供からから大人までが楽しめるアニメの世界を表現した作品の完成度は、圧巻の一言です。次回訪れた際にはどんな新しい作品が増えるのか楽しみになってきます。

ここはミニバルセロナ

作品には、バルセロナのメジャースポットも集められています。チョコレートで製作された黒いサグラダ・ファミリアやレイアール広場の街灯は、とにかく緻密に作られており技術の高さに息を呑むほど。グエル公園にいるトカゲは、ちょっと太り気味に作られていて可愛いので思わず写真をパチリ。

こちらは動物園のよう

こちらのコーナーでは、角から現れる臨場感のたっぷりの動物像にびっくりする事間違いなしです。どれも素晴らしい作品なので、ひとつひとつに一体どれだけの時間と労力が使われているのだろうと思わず考えさせらます。チョコレートを使って動物たちの細かい表情も表現されているので、見ていると楽しい気分になってきます。

見学が終わったらカフェで休憩

見学後は季節や天気などを考えながら、ホットチョコレート、もしくは冷たいチョコレートを選びましょう。濃くて苦い味のチョコレートは、甘いお菓子と一緒に味わうのが最適です。ほとんどのお菓子に、チョコレートで造られたMXのロゴマークが乗っているので注目してみてください。

お土産にあなたのチョコレートを選ぼう

カウンターには、板チョコからおしゃれなチョコレートまで、さまざまなスイーツが並んでいます。たくさんの種類があるので、その時の気分で味や形を選んでいけるのが楽しみのひとつです。館内を周ったその時の気分を思い出し、自分だけのチョコレートを選んでいってください。

スイーツ教室に参加しよう

チョコレート博物館では、複数のメニューのスイーツレッスンに参加する事ができます。クラスは季節や行事に合わせたものとなっていて、大人向けのアルコールを使ったレシピを使うものから、子供向けの簡単な教室までさまざまです。中には、100年以上前のレシピを使用して料理を行う教室も用意されています。

教室の予約方法とは

チョコレート教室のクラスは、子供向け・小学生向け・中高生向け・家族向け・大人向けと分かれています。予約は、博物館公式サイトから行ってください。制限人数は20人で、所用時間は1時間〜1時間半となっているので、予定など気をつけながら予約をしておきましょう。

チョコレート博物館へのアクセス

電車での行き方

Arco de Triunfo (R4)にて下車、徒歩10分となります。

メトロでの行き方

Arco de Triunfo (L1)にて下車、もしくはJaume I (L4)にて下車し、徒歩で10分です。

住所|〒08003 Calle Comerç, 36 Barcelona
営業時間|AM10:00 - PM07:00, 日祝AM10:00 - PM03:00
定休日|12/25, 26, 1/1 - 6
電話|+34 93 268 78 78
公式サイトはこちら

まとめ

チョコレート博物館は、ヨーロッパへとチョコレートが伝わった歴史と現在まで続く伝統を知る事ができる博物館です。スペインの観光地を巡る休憩をかねて訪れるのにおすすめの場所ともいえます。代表的な観光スポット巡りの合間に、スイーツに癒されに行ってみるのはいかがでしょうか。きっとヨーロッパスイーツの魅力に触れられる事でしょう。