ドロミーティで常識を超えた大山塊に足を踏み入れよう!

トラベルパートナー: Yuki

出身地は青森。得意なエリアはヨーロッパ全般、特にイギリスの津々浦々。 歴史ある古い街が好きで、文学や映画に関わる文化的なスポットの紹介が得意です。徹底的に調べ上げるタイプで、過去に訪れた都市のGoogleマップは数百個のスターでびっしり・・・。「旅行中は美味しいものしか食べない」が信条。一人旅でも楽しめる気軽なカフェから、団体でガッツリいけるローカル食堂まで、世界の穴場グルメを紹介します。

針葉樹の大森林にそびえる異形の岩山が異次元の風格で迫る!

・ここに序文を記載してください

北イタリアに広がる驚異の大自然はまさに異世界

・2009年にユネスコ世界遺産に登録された、北東イタリアに広がる山地。アルプスの一部。

・豊富な白雲石(ドロマイト)のために白い岩肌が切り立つ山々の姿はまるで異界の景色!

・スキーを始めとしたウィンタースポーツ、トレッキングのメッカとして世界的に有名。

観光のタイミングと事前準備について

ハイシーズン・オフシーズンに注意

・10〜12月、3〜4月はほとんどの施設が閉まる。オフシーズン直前直後は注意。

・初夏か9月中旬〜下旬が気候・混雑ともにちょうどいいオススメの季節。

・GPSデバイスと防寒具を忘れずに。英語よりイタリア語・ドイツ語が通じやすい。

ドロミーティを代表する名山トレ・チーメに挑む!

「3つの頂上」をその目に焼き付けよう!

・イタリア語で「ラヴァレード峠の3つのピーク」という意味。異世界のような景色!

・中央は標高2,999メートルのシーマ・グランデ (大きいピーク) 。最初に登頂された。

・シーマ・グランデの北壁はアルプスの六大北壁と呼ばれる難関のひとつに数えられる。

・東端は標高2,857メートルのシーマ・ピッコラ (小さいピーク) 。登頂が最も難しい。

・シーマ・オーヴェスト (西のピーク) は標高2,973メートル。3つ揃って三姉妹とも呼ばれる。

・バスの終点アウロンツォ小屋は、トレッキングの拠点。世界各国からの登山客で賑わう。

その日の空の色で印象が大きく変わる

・カディーニ山群から見る日の出は絶景の一言!40分ほどのトレッキングでたどり着ける。

・バスや車の駐車場からはっきり山頂が見えるので、そのまま続く道を辿っていこう。

・霧が出ると簡単に迷うので注意。写真を持っていくと周りの人に道を聞きやすい。

聖ヨハン教会は山深くにある小さな聖域

世界中の写真家を魅了するキュートな眺め!

・人里離れた山中にポツンと建つ可愛い教会。常駐する人はいないが、内部は見学可。

・ドロミーティ西部のフネス谷にあるサンタ・マッダレーナ村の近くにある。

・周辺の町や村からバスも出ており、近隣都市ブレッサノーネからはホテル直通のバスもある。

・1744年に建てられたと言われ、バロック式の建築が美しい。綺麗なドーム天井が見られる。

・教会の後ろにはガイスラー山群が見える。天気が悪い日は一面霧に覆われることも。

・冬は非常に雪深く、4月半ばまで雪景色が見られることも。夏山の緑は非常に鮮やか!

住所| S. Giovanni, 2, Funes
営業時間|なし
定休日|なし
電話|+39 0472 840506
公式サイトはこちら

トレ・チーメへのアクセス抜群!必見のミズリーナ湖

「ドロミーティの真珠」ミズリーナ湖をぐるりと散策

・トレ・チーメまでバスで40分ほど、最も近い拠点の一つ。10軒ほどのホテルが点在する。

・海抜1,756メートルに位置するこの場所で、高い標高に身体を慣らすのがおすすめ。

・トレ・チーメとソラピス山(標高3,205メートル)の雄大な姿をばっちり眺められる。

・湖を一周すると約2.6キロメートルほど。歩いて標高に体を慣らすには最適の散歩に!

・最深部は5メートルほどの深さで、魚の群れが泳ぐ姿もよく見える。渡り鳥も多い。

・湖周辺の空気は極めて済んでおり、呼吸器疾患患者のための療養所があるほど。

クインツ ロカンダ・アル・ラーゴ

・湖北側のほとりに建つホテルの1階がレストラン。バルコニーから山と湖を一望できる。

・家族で切り盛りしているアットホームなレストラン。窯焼きの出来立てピザが美味しい。

・夏の観光シーズンは大混雑するので注意。近隣のホテルからも食事客が絶えない。

住所| Via Guide Alpine, 2, Misurina
営業時間|PM12:00-PM2:00/PM6:30-PM9:30
定休日|なし
電話|+39 0435 392220
公式サイトはこちら

人気の中継地点コルティナ・ダンペッツォで泊まろう

3つの山に囲まれた「黄金の盆地」は拠点に最適!

・ヴェネツィアから北へ2時間ほどの小さな町。大通りからは山が間近に見える。

・ドロミーティ観光の優れた拠点として有名。アクセスが良く、宿泊施設も完備。

・ウィンタースポーツ目的の客も多く、リゾート地でありながら素朴な雰囲気が魅力。

サンブライト

・居心地のいいロッジのような建物、シンプルで洗練されたインテリアが特徴的。

・地元の新鮮な食材だけを使ったメニューは季節ごとに変わり、目にも鮮やか。

・持ち帰りやオーダーも受け付けるこだわりのチーズはとろける美味しさ!

住所| Località Alverà, Cortina d'Ampezzo
営業時間|PM12:00-PM3:00/PM19:30-PM10:00
定休日|毎週水曜日
電話|+39 0436 863882
公式サイトはこちら

アル・パッセット

・山小屋風インテリアのピッツェリア。オーナーは元プロのボブスレー選手!

・自家製ソーセージなどの串盛り合わせ、サラミをたっぷり使ったピザが美味しい。

・北イタリアで食べられるラヴィオリに似たパスタ「カスンチェッリ」はもちもち。

住所| Via del Castello, 53, Cortina d'Ampezzo
営業時間|PM7:00-PM10:00
定休日|毎週月・火曜日
電話|+39 0436 868102
公式サイトはこちら

草木豊かな湖の村ドッビアーコを訪ねよう

ドッビアーコ湖周辺は穴場の中継地点!

・海抜1,117メートルに位置する、南チロル地方の村。四方を山に囲まれている。

・ドッビアーコ湖は村の中心部から徒歩30分ほど。最深部は約3.5メートルの澄んだ湖。

・トレ・チーメや周辺の各湖へのアクセス良好。昔から知る人ぞ知る避暑地。

・湖の周りは2時間もあれば一周できる。夏はボートの貸出あり、水上はとても涼やか!

・春と秋は多種多様な渡り鳥が訪れ、各地からバードウォッチャーが観光に来る。

・高地にしか咲かない草花が多く、スペシャリストによるガイドツアーが楽しい!

ドロミーティへのアクセス

・マルコ・ポーロ空港からコルティナ・ダンペッツォへの直通バスが最短ルート。

・レンタカーを借りる場合はヴェネツィアで、交通機関を使う場合はモバイルカードが便利。

・周辺の町や村からはそれぞれトレ・チーメ近くの山小屋行きのバスが日に数本出ている。

住所| Rocca Pietore BL
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。