高遠しんわの丘ローズガーデンでバラとアルプスの絶景を堪能しよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

高台から望む素敵な薔薇を見におよりて

長野県伊那市の高遠しんわの丘ローズガーテンは、2007年にオープンしたバラと景観を楽しめる施設です。約8851平方メートルの敷地を山の斜面にもち、約270種、3000本以上のバラの花を見る事ができます。

また標高830メートルの高台から、中央アルプスを望む事ができる景観スポット。そんな高遠しんわの丘ローズガーデンを紹介します。

山の斜面から望む高遠しんわの丘ローズガーデン

バラ祭りは年に2回開催

日本三大桜の名所に数えられる高遠城址公園の近くにある、標高830メートルの丘にある高遠しんわの丘ローズガーデン。敷地面積や約8851平方メートル、270種類3000株以上のバラが咲き誇る自然公園です。

毎年6月と10月上旬に開催されるバラ祭りがもっとも大きなイベント。開園時期は6月から10月末と限定的ですが、祭りの時期以外は入園無料でバラを堪能する事ができます。

整備が行き届いた歩道で安心

それぞれのエリアに名称がつけられている高遠しんわローズガーデン。もっとも駐車場に近い愛の庭の横から歩道が設けられ、車椅子でもいきやすいように整備されています。

ただし駐車場に隣接する麓のバラ茶屋から下は、足元が整備されていないところもあるのでスニーカーで出掛けた方がいいでしょう。リードにつなぎ、ほかの観覧者への配慮が可能であればペット同伴でも大丈夫です。

華やかな品種がそろうローズガーデンの愛の庭

素敵な音色が響く永遠の愛の鐘

全部で9つのエリアにわかれているローズガーデン。写真は駐車場から入り口がもっとも近い愛の庭のエントランスです。ここには、永遠の愛の鐘が設置されカップルで鳴らす方々の姿が見掛けられます。バラ祭り期間以外は入園無料なので、恋人同士で近くを通った際は少し寄って鳴らしてみるのも良さそう。

アンネの薔薇と中央アルプスの絶景

鮮やかなバラの色の向こうに見える中央アルプスという構図は、絶好のフォトスポット。画像はアンネのバラを中心に写したものですが、愛の庭にはプリンセスドゥモナコやほのか、エレガントレディなど、華麗で大きな花を咲かせるバラがありより写真を華やかにさせてくれるでしょう。

愛の庭から麓のバラ茶屋にかけての歩道に咲いている春風は、濃いピンクが鮮やかで気分を盛り上げてくれます。

バラの香り漂うローズガーデンの天使の羽

展望デッキと隣接したエリア天使の羽

展望デッキがあるのは、麓のバラ茶屋を下った先。ここからはローズガーデン全体が見渡せるようになっています。その展望デッキのすぐ下は、天使の羽エリア。フレデリック・ミストラルやノスタルジーが咲いている姿が見えます。休憩スペースも設けられているので、少しのんびりしながらバラの香りを楽しみましょう。

華麗なバラタワー

天使の羽の入り口付近にあるのが、バラタワー。支柱にバラを絡ませて、空へ伸びるように見せているものです。レオナルドダビンチやアルベルティーンの色の組み合わせが絶妙で、美しさを引き立てています。天使の羽の向かい側は小鳥の園。愛称通り鳥にさえずりが耳に響き、心を穏やかにさせてくれるようです。

ローズガーデンのバラのアーチは素敵な空間

もっともおすすめのポイントはここ

天使の羽と風の香りエリアの間にあるのが、バラのアーチ。濃黄色のツルゴールドハニーとピンクのポンポネッラのコントラストが美しく見応えがあります。ローズガーデンでもっともエレガントな雰囲気をもつ人気のあるスポットです。

必見のバラのドーム

一番人気のバラのアーチの先にあるのが、バラのドーム。濃いピンクのアンジェラの大きな房で覆われた中には、ベンチが置いてあります。空いていればベンチに座って、花に囲まれゴージャスな気分をひと時でも味わってみてください。

ローズガーデンの風に乗る日本原種のバラの香り

バラのドームと花の小径の間にあるのが、風の香りエリア。イングリッシュローズという、古い品種の珍しい交配で生まれたバラを見る事ができます。また日本原種のハマナスやネオン、花見川など純和風のバラもここで観賞する事が可能です。

ローズガーデンの花の小径は色鮮やかなエリア

風の香りからいろり広場へ続くのが、花の小径。背の低いアルケミラモリスやキャットミントが、バラの花を背景にきれいに咲いています。また緑色系の中輪花、四季咲きの珍しい緑光が見事に咲いている姿も見る事ができます。

ローズガーデンのいろりの広場は小川で涼める場所

花の小径を下っていくと、着くのがいろりの広場。せせらぎが耳にやさしい小川が流れ、おたまじゃくしや黒蝶の姿を見られる事もあります。淡桃色のヒマラヤンムンクが覆いかぶさっているのは、愛称の由来となっている囲炉裏を模したバーゴラです。

ローズガーデンのアルプスの庭から見る山の美景

山の斜面を、ゆっくりと降りていく道順になっているローズガーデン。写真はバラのドームから左手に進み、さらに奥へ進んで下った場所にあるアルプスの庭エリアです。3段の庭で構成されたローズガーデンの三角形に設計された花壇は、この場所から望めるアルプスの山々を表しています。

ローズガーデンの麓のバラ茶屋でバラを味わう

ローズガーデンのお土産にもおすすめ

中央アルプスを眺められるようになっている、2016年園内にオープンした麓のバラ茶屋。バラにちなんだ、ローズウォーターやバラのクッキーなどがそろうローズガーデンのお土産を求めるには最適な場所です。5月から10月の末まで営業しています。

ご当地絶品ソフトでほっと一息

麓のバラ茶屋で販売されているバラソフト。写真でわかるように色を表しているだけでなく、味にもしっかりバラの風味が感じられます。ほかにも、スタンダードなバニラやチョコレートミックス、ストロベリーミックスが選べますが、せっかくですバラソフトを味わってみませんか。

味と食感が絶妙のバランス

峠の茶屋の喫茶風の詩で販売されている、人気メニューチーズパンですが麓のバラ茶屋でもいただく事ができます。外はカリっとしていて、中はもちもちの食感。ローズガーデンの散策のあとに味わえばよりおいしさを感じられるはずです。

高遠しんわの丘ローズガーデンへのアクセス

車でのアクセス

中央道諏訪ICから、国道152号線を使って約45分。中央道伊那ICから、国道361号で約30分。小牧ジャンクションから中央道へ入り、小黒川スマートインターから国道361号線で約30分です。近隣には高遠城址公園の駐車場が複数あります。高遠城址公園から高遠しんわの丘ローズガーデンまでは、徒歩約15分ほど。

電車でのアクセス

JR飯田線、伊那市駅もしくは伊那北駅下車、JRバスで高遠駅下車。タクシーで約5分です。

住所|〒396-0213 長野県伊那市高遠町東高遠973-1
営業時間|AM9:00~PM4:00(6月~10月)
定休日|公式ページを要確認
電話|0265-94-2556
公式サイトはこちら

まとめ

自然の地形を活かし、バラと景色の両方を楽しめるようにしている高遠しんわの丘ローズガーデン。バラに詳しい人はもちろんの事、種類がわからない場合でも美しさがわかるだけで十分です。近隣には高遠城址公園など観光地もある事から、もしいくのであれば計画のひとつに加えてみてくださいね。