片倉館はステンドグラスや彫刻が素敵な千人風呂が自慢のスポット!

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

美術館みたいにめた綺麗で感動するよ

・ここに序文を記載してください

レトロな洋風建築が素晴らしい!国の重要文化財の片倉館

大正ロマン漂う佇まい

・昭和3年(1928年)創業の温泉保養施設「片倉館」は諏訪湖畔に位置する

・映画「テルマエ・ロマエⅡ」のロケ地としても知られている場所

・レトロな洋風建築の建物は、国の重要文化財に指定されている

2つの棟で構成

・片倉館は浴場棟と会館棟に分かれている

・駐車場を挟んで隣には「諏訪市美術館」があり、こちらもお風呂とともにオススメなスポット

・夏の諏訪湖祭湖上花火大会や秋の全国新作花火競技大会の際には、要予約にて有料で観覧席が設けられる

豪華な大理石のお風呂が見事!片倉館の千人風呂

どこか懐かしい雰囲気

・千人風呂の受付は、浴場棟の入口を入ってすぐの場所にある

・千人風呂という名前だが、元々は女工さんの浴場で、立ったまま入浴すると千人一度に入れたという例えからきている

・こちらで片倉館の写真や来館記念グッズ等を購入する事ができる

美しい装飾に囲まれた空間

・片倉館のお風呂は大理石造りの浴槽で、深さ1.1m・幅4m・長さ7.5mあり、何と100人が一度に入浴できるという広さ

・高い天井にステンドグラスや古代ローマを彷彿させる彫刻、美しい装飾と一つ一つが素晴らしく、見応えがある

・タイル張りの浴場の浴槽の底には玉砂利が敷き詰められていて、足に刺激があり、疲労回復が図れた

テルマエ・ロマエⅡの撮影も!片倉館の食堂と休憩室

クラシックな雰囲気

View this post on Instagram

何か綺麗 #温泉 #長野県

A post shared by Shinichi Hasegawa (@shinichi2059) on

・2階には無料の休憩所があり、ゆっくり休憩する事ができる

・途中の階段もクラシックな良い雰囲気

・休憩所の階段を少し上がった場所から、外のテラスに出る事ができ、諏訪湖を眺める事ができる

柱の彫刻も素晴らしい

・2階の休憩室も「テルマエロマエⅡ」のロケ地となっていて、柱の彫刻など、レトロな内装ながらモダンでもあると感じた

・映画の中では、こちらの休憩室で、卓球したりモグラたたきをしていたゲームセンターでのシーンが撮影される

・3~10名まで有料で利用できる個室も用意されていて、Aコース(休憩+入浴)とBコース(休憩のみ)が有り

湯上りのひと時にオススメ

・コイン式の下駄箱が備わっている場所に、牛乳や珈琲牛乳などが入ったガラスケースが設置されている

・八ヶ岳乳業の牛乳だけあって、濃厚で美味しい!

・湯上りに飲んでいる方が多いが、外の風に当たって飲むのも格別だった

信州の珍味を味わう

・売店には信州名産のいなごやわかさぎ、鯉など珍しいおつまみがある

・ビールは注いでくれるが、その他はセルフシステムとなっている

・信州味噌かつ丼やソースかつ丼、ざる蕎麦など、長野県らしいメニューもあり

館内見学が可能!歴史を感じる片倉館の会館棟

国の有形文化財に登録

・昭和3年に建てられた片倉館の「会館棟」は、「浴場棟」と「渡り廊下」と併せて国の有形文化財に登録(全3ヶ所)されている

・非公開だった会館棟が見学可能となり、ガイド付きorガイド無しで観覧する事ができる

・館内は、窓や切妻、レリーフなど、当時のままの細工が現存している

置物がインパクト大

・切妻屋根に尖塔をたてるなど、変化に富んだ外観の会館棟

・浴場棟は鉄筋コンクリートだが、会館棟は木造となっている

・チケットは、見学と見学・入浴セットの2種類から選べる

約100年前の中が拝観できる

View this post on Instagram

館内見学〜

A post shared by shinmaruko115 (@shinmaruko115) on

・1階は小和室と事務所、2階は大広間と展示室で構成されている

・大小の広間(和室)があり、画像は204畳の大広間だが、有料にて催事や会合や休憩などにも使える

・大広間に柱が無いのは興味深かったが、天井を上から吊り下げる方式なのだそう

絵になる風景

・浴場棟と会館棟の入口前は中庭となっている

・レンガ敷きの中央には池があり、ベンチが配されているので涼む事ができる

・池の周りには天使の像の彫刻があり、美術館に来た様な気持ちになった

彫刻作品は見応えあり!片倉館の隣に位置する諏訪市美術館

元々は片倉製糸の懐古館

・1956年に長野県最初の公立美術館として開館した「諏訪市美術館」

・建物は1943年に建てられた片倉製糸の懐古館で、帝冠様式の古い建物

・諏訪市出身の彫刻家「細川宗英」の初期から晩年の作品を主に常設展示していて、日本画や洋画、版画や彫刻など色んな分野の作品を収蔵している

新鮮野菜が人気!片倉館で行われる上諏訪温泉朝市

地元客や観光客で賑わう

・日曜日の早朝に、片倉館で行われる上諏訪温泉朝市

・諏訪産に拘った野菜や果物、花やパン、クラフトなどが販売される

・諏訪湖畔の散策時にさっと寄ったり、宿泊時に訪れるのも楽しい場所

片倉館へのアクセス

車での移動

・新宿から中央道諏訪インターまで最短で2時間20分

・名古屋から中央道諏訪インターまで最短で2時間20分

・中央道諏訪インターから約10分

電車での移動

・JR新宿駅からJR上諏訪駅まで特急で最短2時間10分

・JR名古屋駅からJR上諏訪駅まで特急で最短2時間30分

・JR上諏訪駅から徒歩で約8分

住所|〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-9
営業時間|AM10:00~PM9:00(受付はPM8:30まで)、AM10:00~PM6:00(浴場棟2階休憩室の利用時間)、AM10:45~PM5:00(食堂オーダー時間)
定休日|毎月第2・第4火曜日
電話|0266-52-0604
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。