安曇野市豊科近代美術館は中世の建物にバラの庭園が絵になるスポット!

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

バラが美しい回遊庭園にぜひ寄ってくんな

・ここに序文を記載してください

美しい外観!ロマネスク様式の安曇野市豊科近代美術館

中世ヨーロッパの修道院をイメージ

・安曇野市役所に隣接されている「安曇野市豊科近代美術館」

・中世ヨーロッパの修道院をイメージしたロマネスク様式の建物で、赤瓦に白壁で美しい外観

・収蔵作品は、日本の近代彫刻の巨匠「高田博厚」の彫刻作品約200点と、森鴎外ゆかりの画家である「宮芳平」の絵画作品約2000点

バラで有名なスポット

・庭園には約500種、800本もの薔薇の薔薇が綺麗に咲き、毎年バラ祭りも行われる

・庭園は一般に無料開放されていて、市民の憩いの場にもなっている

・彫刻・絵画・文筆と複合的に楽しめる所がオススメ

宮殿風の素敵な空間!安曇野市豊科近代美術館の常設展示室

ゴージャスなエントランス

・薔薇の花に包まれたエントランスは豪華で、入口から気分も高まる

・庭園は無料、美術館には有料で入る事ができ、入館の際の割引券は安曇野アートライン公式HPからダウンロードできる

・高田博厚と宮芳平の作品の他、安曇野出身の小林邦のデッサンやスケッチブックなど約170点も収蔵している

彫刻とマッチした回廊

・1階の回廊はレンガが敷かれていて、至る所に高田博厚の彫刻作品が並ぶが、数多くの著名人の像は迫力があって圧巻!

・高田博厚は彫刻家だけど文筆家でもあり、言葉や文も展示されているので、その言葉によってより立体的に彫刻芸術の見方を知る事ができた

・詩人の中原中也や高村光太郎、宮沢賢治などの人物彫像を多く手がけているが、親交があるというだけあって、趣や雰囲気によく現れている

アトリエを忠実に再現

・森鴎外ゆかりの画家である宮芳平の「宮芳平アトリエ再現室」には、絵画が約60点展示されている

・生涯描く事を貫いた宮芳平が、晩年を過ごしたという諏訪のアトリエを再現している

・森鴎外ゆかりの作品である「椿」は深い色が綺麗な点描画だが、絵の緻密さに驚いた

鮮やかな絶筆の作品

・画像は、宮芳平が最後に描いた絶筆「黒い太陽」だが、落ち着いた色調に絵の具そのものが鮮やかで、厚塗りが特徴の美しい油彩

・晩年にかけて大胆なタッチの画や現代画が多くなっているが、見ていると宮芳平の思いがダイレクトに伝わってくる

・絵画や文筆に文や手記が添えられているので、作者自らの解説に驚きながら楽しむ事ができた

見応えあり!安曇野市豊科近代美術館の高田博厚の作品

異なる素材の彫刻作品

・日本の近代彫刻の巨匠「高田博厚」の彫刻作品は、約100点展示されている

・画像の作品は「美しきエミー」

・向き合っていて同じ人物だが、ブロンズと石膏で異なる素材で作られているのが興味深い

風景画も見事

・画像は、1978年に高田博厚が描いた「ヨーロッパ風景」

・長く過ごしたパリから離れて20年後に、ヨーロッパを訪れた時の作品

・彫刻以外のスケッチも素晴らしく、どの作品も見ごたえがある

西洋の教会の様な雰囲気!安曇野市豊科近代美術館の中庭

彫刻とマッチした素敵な空間

・美術館の一角にある中庭は、吹き抜け部分をロの字型回廊と展示室が取り囲む設計となっていて、西洋の教会の様な素敵な雰囲気

・インド独立の父であるマハトマ・ガンジーと、インドの詩人であるラビンドラナート・タゴールのブロンズ像が並んでいる

・彫刻とのハーモニーが素晴らしくて心和む空間

定期的に開催!安曇野市豊科近代美術館の企画展示

充実した展示が楽しめる

・企画展示は、2階展示室や新館大展示室、回廊などで開催される

・画像は、光と音を用いた現代アート作家「千田泰広」の企画展示

・定期的にナイトミュージアムなどのイベントも行われている

華やかなバラが美しい!安曇野市豊科近代美術館の庭園

絵になる風景

・安曇野市豊科近代美術館の美術館庭園は、四季咲きのバラが綺麗に咲くスポットとしても知られている

・優雅に咲くバラの他、ラベンダーなど四季折々の花を眺める事ができる

・重厚感のある建物とバラが絵になる風景

バラのアーチも必見

・バラの庭園の中でも目を惹くのは、つる性のミニバラを誘引したアーチ

・庭園や駐車場は一般に無料開放されているので、休館日でも敷地に入って散策したりベンチや芝生でゆったりと過ごす事ができる

・優雅なバラの香りが漂っていて、贅沢なひと時が過ごせる

美術鑑賞の合間に!安曇野市豊科近代美術館の喫茶店

手作りケーキが自慢

・美術館内にある「喫茶ロザース」は多目的ホールの場所にあり、庭園と同様、無料で入る事ができる

・珈琲やローズティーなどがあり、自分の好きなカップを選んで飲む事ができる

・パウンドケーキのみだが、スタッフの手作りで美味しい

リーズナブルなメニュー構成

・ドリンク・ケーキともにリーズナブルに提供されているので、気軽に入る事ができる

・ミュージアムショップと隣接しているので、喫茶を満喫しつつ、ハガキなど見る事ができる

・定期的にワークショップが開催される

住所|〒399-8205 長野県安曇野市豊科5609-3
営業時間|AM10:00~PM4:30(通常LO)、AM10:00~PM3:30(冬季LO) ※冬季は11月~3月(うち12月~3月は土日のみ営業)
定休日| 月曜日と祝祭日の翌日、12月28日~1月4日
電話|0263-73-5638
公式サイトはこちら

安曇野市豊科近代美術館へのアクセス

車での移動

・長野道安曇野インターから約5分

・長野道安曇野インターから長野道と中央道利用で、新宿まで約3時間15分

・長野道安曇野インターから長野道と中央道利用で、名古屋まで約2時間40分

電車での移動

・JR大糸線豊科駅から徒歩で約10分

・JR大糸線豊科駅から名古屋駅までローカル線と特急利用で約2時間35分

・JR大糸線豊科駅から新宿駅までローカル線と特急利用で約2時間55分

住所|〒399-8205 長野県安曇野市豊科5609-3
営業時間|AM9:00~PM5:00
定休日|月(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
電話|0263-73-5638
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。