昼神温泉郷は日本一の星空と美人の湯を満喫できる山里の温泉地

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

満天の星空を眺めながらの温泉は最高なんだに~

日本一の星空が眺められるのが、長野県下伊那郡にある昼神温泉郷。南信州最大規模を誇る温泉街です。宿泊施設は自然との調和が優先されているため、灯りが極力抑えられ夜景を楽しむ事ができます。また春には花桃が咲き誇り、桃源郷となる温泉地。そんな景観と湯を満喫できる、昼神温泉郷を紹介します。

豊富な湯量を誇る南信州の山あいに佇む昼神温泉郷

川のせせらぎが心地よい環境

国内屈指の美人の湯として知られる昼神温泉郷。自然豊かな山間を流れる阿智川沿いに、大小25の宿が湯煙を上げています。1973年(昭和48年)トンネル工事の際に湧き出て開発された、南信州の阿智村に位置する比較的新しい温泉地。

中央自動車道のインターチェンジからのアクセスが良く、中京地区、首都圏からは高速バスもでている年間80万人が訪れる人気のスポットとなっています。

感動の日本一の星空

環境省から日本一の星空と認定を受けている阿智村。その星空を楽しむナイトツアーは、ゴンドラに乗り約15分標高1,400メートル地点までいき空中散歩を楽しむというものです。山頂に着くと合図により照明が一斉に消え、満天の星空を堪能できます。

地元の方とのふれあいも楽しい

昼神温泉郷の楽しみは、星空が見られる夜だけではありません。温泉街の中心で開かれている毎朝開催されている朝市には、新鮮な野菜や手作りのこんにゃくなどの特産品、いなごの佃煮や漬け物など旬の味覚がたくさん並んでいます。

澄んだ空気の中で朝市を楽しんだあとは阿智川沿いを散歩すれば、自然を感じる事ができるでしょう。

昼神温泉郷の良質な泉質を堪能できる日帰り温泉

温泉とプールを満喫

日帰り利用が可能な温泉だけでなく、プールや食事処、お土産屋と施設が充実している、湯ったり~な昼神。昼神温泉郷の中心地にある事から、どの施設からも徒歩圏内。阿智川沿いの散歩を楽しんだあとにも寄りやすいでしょう。

愛煙家にもやさしい喫煙所も

喫煙所もあり、男湯に向かう左手にある小さな坪庭を眺めながら一服というくつろぎ方もできます。温泉以外にも、運動プログラムも用意されているのが特徴。水中運動を行える運動浴槽や歩行浴槽ゾーンがあります。ゆったりするだけでなく、アクアテラピーによって筋力づくりもできる工夫がされています。

さらさらとした肌ざわりの湯

美人の湯として名高い温泉は、PH9.5のアルカリ性単純温泉で無色無臭。さらさらとした肌ざわりは、触れただけでやさしい湯と伝わってくるものです。大浴場やアイクロナノブルの露天風呂、座湯に寝湯にサウナも完備しています。

住所|〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里370-1
営業時間|AM10:00~PM9:30 (最終受付PM8:30まで)
定休日|毎週火曜日 (火曜が祝日の場合は翌日)
電話|0265-43-4311
公式サイトはこちら

充実したレジャー施設ひるがみの森

山間にある宿泊施設を兼ね備えた、レジャースポットひるがみの森。昼神温泉の中心街から、約600メートルと自然散策をしながら向かうのに適当な距離にあります。温浴施設やプールが楽しめる施設で、80メートルのスライダーがあるレジャープールは、屋内なので雨の日でも楽しめる人気の施設。

日本庭園の情緒たっぷり

天然温泉のお湯が満喫できるのは、大浴場と庭園風の岩の露天風呂。大浴場も単なる湯船ではありません。中央の湯口から勢いよく湯が吹き上がり、子供たちの楽しんでいる声が聞こえてきます。温泉の湯は独特のぬめり感があり、肌をしっとりとさせてくれます。

住所|〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里567-10
営業時間|AM10:30~PM9:00(日帰り温泉) ※最終受付PM8:00、AM10:30~PM8:00(プール)
定休日|なし
電話|0265-43-4321
公式サイトはこちら

昼神温泉郷のほっこりぜいたく気分な無料の足湯

2007年(平成19年)、新源泉の発掘記念に阿智川沿いへ造られた足湯あひるの湯。4月なら花桃の花と湯浴みを満喫できる、最大でも4名と広くはありませんがぜいたくさを感じさせる足湯です。朝市広場の奥にも、ふれあいの湯という足湯施設があります。

住所|〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里昼神温泉
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0265-43-3001
公式サイトはこちら

昼神温泉郷周辺でご当地グルメを堪能できる食事処

木のぬくもりを感じる店内

店内のかえでの木の柱が、自然の温もりを感じさせるうどん屋玉のゆ。昼神温泉街にあり、以前は玉乃湯という温泉旅館だった事が店名の由来です。窓から山の景色を見ながら、ゆったりとした造りの中でシンプルではあるものの、おいしいうどんを味わえます。

のど越しが良いうどんが自慢

もちもちとした食感で、のど越しの良さが特徴のうどん。豚肉やねぎ、ニンニクが入った温かいつゆにつけて食べる、神話にちなんだ昼神うどんが名物となっています。写真は、こちらも人気の香辛料のぴりっとした刺激が食欲をそそる天空カレーつけめんです。

住所|〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里395
営業時間|AM11:00~PM2:00、PM5:30~PM8:00
定休日|火曜日、月曜日夜
電話|0265-43-2880
公式サイトはこちら

ご当地グルメがたくさん

日帰りでも利用可能な湯ったり~な昼神。その館内にあるレストランRindouには、信州の郷土料理メニューが豊富にそろっています。ソースかつ丼や、遅い時間にはなくなっている事もある遠山ジンギスカン定食が人気。写真は、ご当地メニューを一度に2つ味わえる蕎麦・五平餅定食です。

住所|〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里370-1
営業時間|AM11:00~PM8:00
定休日|毎週火曜日 (火曜が祝日の場合は翌日)
電話|0265-43-4311
公式サイトはこちら

昼神温泉郷でおすすめのお土産は美肌の湯のミスト

天然温泉化粧水昼神温泉水ミストは、PH9.7の昼神温泉を元に作られたもの。ほかにも入浴剤の昼神湯紛や温泉とはちみつの美肌マスクなど、温泉の特徴でもある美肌へのこだわりを感じるものが人気となっています。湯ったり~な昼神内の売店のほか、ファミリーマート信州昼神店でも買う事ができます。

昼神温泉郷周辺の華やかな絶景スポット

絵に描いたような風景

四季折々の景色が楽しめる昼神温泉ですが、とくに美しいのは4月中旬から5月上旬にかけてです。約10,000本の花桃が咲き誇り、阿智村周辺は桃源郷となります。中でも月川温泉郷は、5,000本の花桃が集まるだけに絶景。

見ごろの時期には、屋台が立ち並び花桃も販売されます。お祭りが行われるのも春。阿智川の橋にこいのぼりがきれいな空を泳ぐ姿は、花桃と相まってため息がでるほどの景色です。

住所|〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0265-43-3001(阿智昼神観光局)
公式サイトはこちら

中には三色花桃も

赤、白、ピンクの花を咲かせる花桃。中には3色の花を一本の枝から咲かす、珍しい花桃もあるので探してみましょう。阿智村の花桃の名所は、神温泉郷と月川温泉郷そして阿智村から妻籠へと続く、国道256号線のはなもも街道の3つ。

写真は、昼神温泉郷から月川温泉郷へ向かう途中のお花見スポットを、県道477号線から映したものです。

昼神温泉郷へのアクセス

車でのアクセス

中央道飯田山本ICから国道153号線、256号線を経由して約10分、園原ICからは県道89号、国道256号経由で約8分です。150台収容可能な無料駐車場があります。

電車でのアクセス

JR新宿駅から特急でJR上諏訪駅下車、阿智昼神バス諏訪便に乗車し約1時間30分です。JR飯田線飯田駅から、信南交通バスに乗車し約30分、天竜峡駅下車の場合はタクシー利用で約20分となります。

住所|〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村
営業時間|各施設による
定休日|各施設による
電話|0265-43-3001(阿智☆昼神観光局)
公式サイトはこちら

まとめ

保湿には欠かせない、ナトリウムイオンと塩素イオンが豊富に含まれた昼神温泉。美人の湯として、女性に人気となるのは当然でしょう。また温泉だけではなく、日本一の星空と認定されている夜景、春には桃源郷となる美しさも感じさせてくれる土地。自然が優先された施設の思いやりも伝わってくる、そんな昼神温泉郷です。