県立相模原公園で、童話に出てくるおとぎの国のような景色を楽しむ

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Lily

出身地は東京都。得意なエリアは東京・神奈川、スノーボードが好きで東北方面もよく行きます。海外ならベトナム、トルコが好きで何回でも行きたい!美味しいものも大好きで、行く先々で美味しいお店を探すのが得意です。海外旅行は女友達、家族と、国内なら一人旅も。

フランス式庭園で癒されにきてねー

神奈川県相模原市南区にある県立相模原公園は、広大な敷地に美しい花壇や噴水、温室などがエリアごと並んだ美しい公園です。どのエリアも隅々まで整備され、花や草木を眺める人、噴水に癒される人など多くの人の癒しのスペースです。

県立相模原公園はフランス式庭園の緑豊かな公園

四季を通じて花が楽しめる公園

県立相模原公園は、1979年に開園した都市公園です。23.8haと広大な敷地面積を誇りながらも、花壇や芝生は隅々まで美しく整備されています。1992年(平成4年)10月に行われた、第9回全国都市緑化かながわフェアの会場にもなった場所です。

メタセコイアの並木は中世に迷い込んだかのよう

特に見どころといえる、フランス式庭園をイメージしたゾーンでは、2本のメタセコイアの並木が列をなしています。春から夏にかけては緑に、秋になるとレンガ色に色づき辺りを彩ります。隣の麻溝公園のグリーンタワーからは、その景色を俯瞰で眺められるので、そちらから見学するのおすすめです。

まずは公園ナビステーションへ行ってみよう

2017年には公園ナビステーションがリニューアルされ、さらに便利になりました。新たに建設されたみどりの図書室では、公園の事や自然についてや、園芸などに関する本が閲覧できます。また、みどりの相談コーナーでは、同園の職員に相談もできるのでぜひ活用してみては。

公園のシンボル サカタのタネグリーンハウス

サカタのタネグリーンハウスは相模原公園内の大温室

サカタのタネグリーンハウスは、大規模な温室で熱帯植物が観賞できるほか、シアターやギャラリーなど多彩な施設を併設した大温室です。館内には、大人から子供までそろって緑の大切さや尊さなどを楽しみながら体験できるコーナーがたくさん用意されています。こちらの大温室は、熱源として隣接する相模原市南清掃工場のごみ焼却熱を利用しており、エコにも配慮された施設です。

中には約300種類の植物が栽培されている

大温室は、熱帯観葉植物・熱帯の花木・主要な国内園芸品種・果樹園の4つのエリアに分かれています。なんと約300種類もの植物が栽培されている、本格的な温室です。立体的な植物のモニュメントや、魅力的な映像が訪れる人の興味をそそります。中にはカフェも併設されているので、見学後に休憩できます。

2階のアクアテラスからの眺めもおすすめ

2階にあるアクアテラスには、展望室もあるのでぜひ足を運んでみてください。アクアテラス内の展望室では、心地のよい音楽を聴きながら噴水広場を一望できます。噴水を眺めながら、ゆったりした時間の流れを楽しめる場所です。

フランス式の噴水が並ぶ広場

フランス式の噴水は思わず見とれてしまいそう

噴水広場には4つの噴水があり、両サイドに植えられたメタセコイヤの並木やグリーンハウスを中心に、シンメトリックな景色が広がっています。季節ごとに、美しい花で辺りを演出していて、噴水のシャワーがとてもロマンチックにきらめいてみえます。時間ごとに噴水の噴出し方が変わるので、長い時間見ていても飽きません。

芝生広場ではお弁当を広げる人たちも

広々とした芝生エリアでは、レジャーシートを広げてお弁当を食べる人たちの姿も多々見られます。天気の良い日になると、お昼寝を楽しむ人もいる癒しのスポットです。芝生エリアを拠点とし、子供広場や噴水広場へと散策に向かってもより楽しめます。

森の木展望台は子供に人気

おとぎの国に迷い込んだかのような遊具は子供に大人気

森の木展望台は、絵本の中のようなメルヘンチックな展望台となっていて、上からの眺めも楽しめます。周辺にあるのがカラフルな2基のコンビネーション遊具で子供たちから大人気。ここは休憩棟も隣接しており、のんびりと子供を遊ばせておく事ができます。

他にも見所がたくさん

水無月園は毎年6月には菖蒲が見ごろに

水無月園は、菖蒲を中心とした四季折々の花々・草木に囲まれた場所です。菖蒲田や池、あずま屋など風情たっぷりの空間が広がります。観察デッキもあり、6月にはしょうぶ祭りも開催され賑わいをみせます。

緑の街エリアはアジサイの名所

緑の街エリアでは、白い紫陽花やカシワバアジサイが美しく咲いています。カシワバアジサイは、北アメリカ原産のアジサイです。葉の形が柏に似ている事から、そのような和名が付けられました。独特な円錐状の花が一番の特徴です。真っ白な清楚な雰囲気が辺り一面に広がっています。

近隣スポットも豊富

相模原市立麻溝公園

相模原公園と道路を挟んだ向かいにあるのが、相模原市立麻溝公園です。こちらにあるグリーンタワーは高さ35mあり、上からの眺めは最高です。無料のちびっこ動物園もあり、大人も子供も楽しめるでしょう。

住所|〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台2317-1
営業時間|グリーンタワー相模原 4月から9月まで:午前9時~午後4時30分 10月から3月まで:午前9時~午後4時 ふれあい動物広場 4月から9月まで:午前9時30分~午後5時 10月から3月まで:午前9時30分~午後4時
定休日|管理事務所休所日 2・5・8・11月の第4月曜日(国民の祝日の場合は翌平日) ふれあい動物広場休園日 年末年始(12月29日から1月3日まで) 月曜日(国民の祝日の場合は翌平日)
電話|042-777-3451(相模原麻溝公園管理事務所)、042-778-3900(ふれあい動物広場管理事務所)
公式サイトはこちら

相模原ギオンアリーナ(相模原市立総合体育館)

相模原ギオンアリーナは、相模原市南区に位置する総合体育館です。1981年11月から使用されていたものを、2009年10月にリニューアルしました。トレーニングルームやプールなどが気軽に利用できます。平成31年4月には、現在の「相模原ギオンアリーナ」の愛称が生まれ、市民からより親しまれるようになりました。

住所|〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台2284-1
営業時間|8:30~22:00
定休日|毎月第1月曜日
電話|042-748-1781
公式サイトはこちら

相模原ギオンスタジアム

相模原ギオンスタジアムは、相模原市立麻溝公園の敷地内にある第2種公認の陸上競技場です。1周400mの全天候型舗装トラックや、サッカーやラグビーなどの試合が行える天然芝のフィールドがあります。スタンドは、最大15300人の収容が可能です。夜間照明設備もあるので、夜でもイベントや競技会では盛り上がれます。

住所|〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝4169
営業時間|8:30~19:00
定休日|なし
電話|042-777-6088
公式サイトはこちら

県立相模原公園へのアクセス

電車での行き方

小田急線 相模大野駅下車、相武台前駅よりバスに乗車し、女子美術大学にて下車します。また、JR相模線 原当麻駅よりバスに乗車する場合は、相模原公園前にて下車してください。JR横浜線 相模原駅を利用する際は、古淵駅よりバスに乗車し、女子美術大学、または相模原公園入口にて下車となります。

車での行き方

首都圏中央連絡自動車道の相模原愛川インターより、県道52号線を道なりに走ります。中央駐車場は有料ですが、公園西駐車場は無料です。休日は混雑するため満車になる事も多いので、車を利用する際は早めの到着をおすすめします。

住所|〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝3277
営業時間|9:30~16:30(サカタのタネグリーンハウス)
定休日|月 祝祭日の翌日(土日、祝祭日は除く)、12月28日~1月4日(サカタのタネグリーンハウス)
電話|042-778-1653
公式サイトはこちら

まとめ

県立相模原公園は、自慢のフランス式庭園を彩る噴水や、シアターやギャラリーを併設した大温室などを備えた美しく整備された公園です。フォトジェニックな景色に癒されたり、広々した芝生広場でくつろげるほか、子供たちが楽しめる遊具広場もあるので、あらゆる世代で楽しめるでしょう。季節ごとに違った色合いを楽しめるので、一度だけでなく何度も訪れてみてください。