黄大仙祠で開運祈願!香港のパワースポットに行ってみよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: yui

出身地は北海道札幌市。得意なエリアは東南アジアです。世界遺産と写真とグルメが大好き。世界の海でダイビングもしています。

香港最大の寺院を参拝して、開運を占ってもらいましょう

香港にある黄大仙は、香港屈指のパワースポットとして有名です。境内は祈りをささげる人々と、占いを求めて訪れた人でいっぱいです。また、さまざまな占いを行う多くのブースもあり、観光客であふれています。それでは、黄大仙の魅力や占いについてご紹介していきます。

香港の人々に篤く信仰される黄大仙祠

黄大仙は、広州にあったものを1921年に香港へと移した事がはじまりです。移した際、風水に基づいて気の集まる場所を選び建てられたといわれ、現在では香港の中でも屈指ののパワースポットとして知られています。最寄り駅の出口から外へ向かうとまず、お供え物の店が周囲に連なっている姿が目に入ります。

まずは黄大仙廟でお参りをしてみよう

訪れるのにおすすめする時間帯とは

黄大仙にお参りする際には、早朝の時間帯はツアー客も訪れていないので、より清らかな空気を感じる事ができます。午前中は、ツアー客でごった返す事も多いため、ゆっくりと参拝したい場合は避けた方が無難です。午後になると、季節によっては暑さが増してきますが、比較的ゆっくりと参拝する事が可能です。

まずは正面の両脇にそびえる麒麟像に触れてみよう

正面の両脇に鎮座しているのが、対になった2体の麒麟像です。この麒麟像に触れると、体の悪いところや病気が治ると信じられています。そのため、麒麟像の鼻やお腹、手足は表面の塗装がとれており、金ピカになっています。

12干支の動物がずらりと並ぶ

中に入っていくと、日本と同様の12支の干支の像が並んでいます。ただ、日本の亥(いのしし)は中国では豚なので、その像のみ注意が必要です。ここでは自分の干支の動物と、その年の干支にお祈りをしていくといいと言われています。

お線香を買ってみよう

駅から寺の入り口の間には、お線香を売るお店がズラリと並んでいます。お線香を外で買い忘れても、境内の入り口付近で購入する事ができます。店ごとやお線香の柄により、値段が違うため十分吟味し、それがいいかしっかり選んでから購入しましょう。

香港式の礼拝方法でお参りをしてみよう

周りには火の点いた燈台が並び、それで線香に火をつけます。線香を両手に持って、本殿に向かい3回礼拝をします。この際、線香を3本ずつ香炉に立てるのが一般的です。周囲には熱心に祈る香港人の姿がたくさん。観光に来ている人ばかりではないので、礼儀をわきまえお参りしましょう。

願いが叶ったらお供えをしにまた訪れよう

黄大仙では、願いが叶った際には再びお礼参りに訪れるのが礼儀となっています。そのため、境内には願いを叶えてもらった人たちからのお供え物がたくさん。果物やお酒、お菓子や鶏の丸焼きなどがお供えされています。駅から寺まで行く間には、お供え物を売るお店が多数あります。

香港式おみくじにトライしてみよう

まずは筮竹を探してみよう

黄大仙での占いに使用するのが、細長い竹の棒が入った筒・筮竹(ぜいちく)です。ここでは誰でも無料で使用する事ができます。本殿脇に置いてあるので、ぜひ探してください。使い終わったあとは元の場所へ戻しましょう。筮竹を見つけたら、本殿に向かって多くの香港人が筮竹を振っている場所に座ってみてください。

筮竹を振って占いたい事や願いを思う

周囲には熱心に筮竹を振っている香港人の姿が見られます。ぜひ一緒に振ってみましょう。筮竹を振る際は、自分の名前や占いたい事、願いなどを心の中で唱えます。そして、1本だけ飛び出したその棒を拾ってください。

出た数字を覚えておこう

筮竹の中には全部で100本の棒があり、1から100までの番号が振られています。そこから1本飛びだした棒に書かれている数字で占いを行います。数字と漢字、両方の記載があり、こちらの数字はこのあと必要になってくるので、しっかりと覚えていきましょう。

いよいよ占いへ 開運の秘訣を聞いてみよう

占いの場所は

黄大仙のすぐ隣の建物には、100軒以上の占いブースが並ぶ通りがあります。日本語を話せる占い師も多いので、日本語表記があるか確認してみましょう。通りを歩いていると中から声をかけられます。一通り歩いてから相性の良さそうな占い師さんを選ぶのがおすすめです。興味のある占いを見つけて、ぜひ行っていってください。

占いの種類は

占い師によって、占いの種類もかわってきます。おみくじで出た数字から占ってもらうものが基本形で、その他に手相や顔相などいろいろ選ぶ事ができます。まずは、値段と何を占って欲しいかを決めておきましょう。また、占いの最後に運気が上がるグッズなどを買えるお店もあります。気になるものはないかチェックしてみるのも楽しめます。

出た数字をもとに占ってもらおう

筮竹を振って出た数字は、現在の状況を表しているそうです。占いの際には赤い紙がもらえるので、紙に書かれた意味を説明してもらいましょう。過去や未来について知りたい場合は、手相や生年月日などから占ってもらうのもおすすめです。2人以上で旅行しているのであれば、話をしていない方が占いの内容をメモしていくのもいい方法です。家でゆっくりとその時の内容を見返す事ができます。

日本から占いツアーを予約しておくのもおすすめ

黄大仙は香港の中心街から少し離れた場所にあるので、交通の心配や言葉に不安がある場合は、現地発着の日本語ツアーに参加するのもおすすめです。ツアーの中には日本語での占い付きのものもあります。数あるツアーの中から内容のあったものを選びましょう。ツアーでは、お参りの作法やおみくじの引き方など丁寧に教えてもらえます。

黄大仙祠へのアクセス

電車での行き方

地下鉄 黄大仙駅にて下車、案内板に沿いB2出口へ進みます。出口を出るとすぐ目の前が黄大仙祠です。

住所| 黄大仙龍翔道
営業時間|AM7:00~PM17:00
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

まとめ

黄大仙は、風水や占いを大切にしている香港人たちの日常を垣間見る事ができる場所です。ここでは若者から老人まで多くの人が祈りを捧げています。そのため、誰もが真剣に祈りを捧げている姿を見る事ができます。観光をする際は最低限のマナーを予習してから、礼節をわきまえて向かいましょう。香港人にとって霊験あらたかな寺院を、ぜひ体験していってください。