上海といえば東方明珠電視塔!上海の発展を見守り続けるシンボルに会いに行こう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: MIKOTO

大阪出身。中国人の父の影響で上海と大阪を行き来して育ちました。中国、香港、マカオなどアジアを中心に紹介いたします。アジアひとり旅や、秘島でのんびりが大好きです。

温かみのある東方明珠電視塔でオールド上海を感じよう!

上海の浦東新区にある東方明珠電視塔は、上海のシンボル的な存在のテレビ塔です。世界第5位の高さを誇るその塔からは、上海の美しい景色が見渡せます。複数ある展望台はそれぞれ違った魅力があるので、比べながら楽しむ事もできます。また、景色以外の魅力もたっぷり。そんな東方明珠電視塔についてご紹介していきます。

東方明珠電視塔とは

市民から愛される上海の象徴

東方明珠電視塔は、上海の象徴ともいわれるレトロなデザインが特徴のテレビ塔です。日本の東京タワーと同様に、テレビ塔としての役割だけでなく展望台からの眺望や、美しくライトアップされた観光名所となっています。浦東新区の開発に先駆け、1991年に建設が始められ1995年に完成しました。対岸から見た場合、高層ビルが建ち並んでいるためそこまで大きくは見えませんが、だんだんと近づくにつれ、その大きさと迫力に驚かされます。

温かみが愛される理由

東方明珠電視塔は全長468mの高さで、塔の中では世界で第5位、アジアでは第3位の高さを誇る高層建築物。わかりやすく言うと、スカイツリーの634mより低く、東京タワーの333mより高いイメージです。のちに建設された上海タワーや上海ヒルズに高さでは抜かれてしまいましたが、東方明珠電視塔の魅力は高さだけではなく、オールド上海の風格や温かみを味わえるところです。

魅力は景色だけではない

球体部分の展望台からは、上海の街を360度全て見渡せます。近代的で力強い上海を知るには絶好の場所です。塔には展望台やお土産ショップのほか、レストランやカフェ、天空の郵便局やVRジェットコースターまでラインナップ。子供を連れていっても飽きる事なく、一日たっぷり楽しめます。上海の都心に位置し、広い敷地内には免税のショッピングモールもあるので、観光の際などに空き時間ができた場合もぜひ利用してみては。

展望台に登ってみよう

東方明珠電視の塔展望台は三か所

展望台は、90mのところにある下球体、263mのところにある上球体、そして350mのところにある太空艙の三か所があります。360度パノラマの景色に加え、ガラス張りになった床から見るスリル満点の景色は、東方明珠電視の目玉スポットです。東方明珠電視は、雲の上まで突き抜けるほど高くはないので、天気には注意が必要です。曇りの日や黄砂が多い日になると、景色がかすんでしまいあまり遠くまで見えません。訪問の前には天気のリサーチは忘れないようにしましょう。

上海の空を空中散歩

展望台を見学する場合、料金は少し高めになりますが、263mの上球体まで行くのが断然おすすめです。こちらは上空から手紙が出せる郵便局や、カフェなどのお店も充実しています。上球体の床は、ガラス張りが特徴です。展望台の床に小さなガラス張りの窓がある仕掛けは、多くのタワーで見かけますが、ここはガラスの面積が違います。なんと展望台の外周をぐるりと一周ガラス張りにしているこだわり。そのため、混雑していてる際でも、周囲を気にする事なく足元に広がる上海のビル群を満喫する事ができます。

デートには太空艙からの夜景を

350m地点にある太空艙は、チケットの値段が高額なので観光客で賑わう時間帯であっても比較的すいています。上海にはこちらの塔以外にも夜景が楽しめる高層ビルがたくさんありますが、デートなどの際、静かに景色を楽しみたい場合は東方明珠電視がおすすめです。太空艙は宇宙船をイメージした内装が施され、望遠鏡もあります。しかし、窓部分が少し小さいので、夜景の雰囲気を満喫したい時以外は物足りないかもしれません。

チケットを買って登ろう

チケットは四種類

東方明珠電視塔では、上海歴史陳列館まで、地上90mまで、263mまで、350mまで行けるチケットと分かれており、それぞれ値段が違います。地上350mの展望台まで行けるチケットは、かなり高額です。普段から高層ビルの景色を見慣れている日本人からすると、あまり満足できない可能性も。260mの展望台は、床がガラスになっており、スリル満点の工夫がされていて充分楽しめます。上海に訪れた記念に260mの展望台まで上ってみるのがおすすめです。

外国人でも安心

チケット売り場は、発券機ではなく有人による販売をおこなっています。案内板もあり英語表記も記載されてので、料金も分かりやすく安心です。スムーズに入場したい場合や、言葉の問題が不安な場合には日本のウェブサイトから事前にチケットを購入しておく事も可能です。また、事前予約は割引もあります。支払いは現金でもクレジットカードでもできるので外国人も安心です。

高所恐怖症でも一緒に楽しめる

高い所が苦手といった理由で展望台まで行かない人でも、チケットがないと塔の内部には入れないので注意してください。上海歴史陳列館展望台まで行かない場合は、地上にある上海歴史陳列館までのチケットの購入がおすすめです。地上部分のみの見学なのでチケット価格は最安。上海歴史陳列は紙面での展示に加え、中国の歴史的な人物や人々の生活を蠟人形やジオラマを使って再現しており、興味深い展示です。エアコンも完備されているので、楽しみながら快適に待つ事ができます。

お得に楽しもう

チケット売り場は、地上一階入り口付近にあります。敷地内の散歩や、ショッピングモールのみの入場も可能です。ただし、セキュリティチェックは受けなくてはなりません。塔の中に一切入らないで敷地内を散歩しながら東方明珠電視塔を見学する場合や、敷地内のショッピングモールのみを訪れる場合は、チケットは必要ありません。展望台に興味がない場合は、買い物のついでに真下からの撮影するのもおすすめです。

入り口では手荷物検査が

東方明珠電視塔の敷地に入る時にもセキュリティチェックはありますが、エレベーターに乗る前に再度荷物の検査があります。その際、ハサミなどの危険物は没収されてしまうのでご注意を。係員がひとりひとりチェックするのではなく、機械を通す方法で、空港さながらのセキュリティなので安心です。スーツケースやベビーカーといった荷物が多い場合には、ここで預ける事もできます。

上海一夜景が綺麗なbarから見よう

東方明珠電視塔のためにあるような景色

東方明珠電視塔の夜景を存分に満喫したいのであれば、ザ・リッツカールトン上海浦東のbar、フレアルーフトップがおすすめです。夜景を楽しむためのルーフトップバーは、たいてい街中の夜景を見おろせる高層階にある事が多いのですが、こちらは58階にあります。ちょうど高層ビルの夜景に混ざりあいながら楽しめる、程よい高さが自慢です。一面ガラス張りになった室内からは、東方明珠電視塔の球体部分から先端までをちょうど見る事ができます。

テラス席から東方明珠電視塔をひとりじめ

特におすすめなのが、天気がよい日には遮るものが何もないテラス席です。夜景を撮るのに最高のスポットなので、中国人インスタグラマーらからも人気となっています。リッツカールトンは東方明珠電視塔に隣接しており、東方明珠電視塔の夜景が最も間近で見られる場所です。夜風を感じながら夜景に酔う事ができるベストスポットとしても人気を集めています。また、ここでしか飲めないオリジナルのカクテルなどもたくさん。おすすめメニューは「東方明珠」です。

世界各国の美男美女と飲もう

バーは、ホテルの宿泊者以外も利用する事が可能です。美しい夜景を求め、観光客だけでなく世界各国からの滞在者や、現地のオシャレな若者たちも集まる人気のホットスポットになっています。現地の人と交流したい人や、友達を作りたい人たちにもおすすめの場所です。バーの予約は、宿泊者のみする事ができます。公式サイトでは日本語での予約も可能です。テラス席や室内の窓際の席は大人気となっているので、事前の予約がおすすめです。また、席のリクエストもできます。

住所|〒200120 中国上海浦东新区世纪大道8号上海国金中心丽思卡尔顿酒店58楼
営業時間|17時半~2時
定休日|なし
電話|(86 21) 20201717
公式サイトはこちら

東方明珠電視塔へのアクセス

電車での行き方

地下鉄2号線 陸家嘴駅より徒歩約3分の場所です。

住所| 上海市世紀大道1号
営業時間|8:00〜21:30
定休日|年中無休
電話|(021)58791888
公式サイトはこちら

まとめ

上海の象徴的な塔である東方明珠電視塔。360度見渡せるパノラマビューや、美しい上海の夜景を満喫できるおすすめスポットです。特に、ガラス張りの床は迫力満点。立地もよく、敷地内には免税のショッピングモールなどもあるので、観光の際にはぜひ訪れてみてください。