世界遺産!赤と白の圧巻のアーチ!メスキータを生でみよう!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Naoko

東京出身、ロンドン在住。ヨーロッパを中心に見どころをお伝えします。電車でのひとり旅が好きです。

アラブとヨーロッパの文化の融合 異国譲渡あふれるコルドバ観光

スペインアンダルシア地方にあるメスキータは、イスラム教のモスクであった場所が、長い歴史を経て大聖堂へと変化を遂げた、アラブとヨーロッパの融合した建物です。現在もそれぞれの文化が色濃く残り、独特の魅力を放っています。そんな神聖な場所であるメスキータの見学の仕方や魅力について、ご紹介していきます。

ユネスコ認定 メスキータとは

メスキータは、スペインのアンダルシア地方コルドバにある大聖堂で、世界遺産にも認定されています。スペイン語のモスクという意味のメスキータはその名前の通り、もともとはイスラム教のモスクでしたが、長い歴史を経て、現在の大聖堂へと移り変わる事に。スペインはその昔、イスラム教が覇権を握る場所でした。しかし、のちにカトリック教徒の王によりこの地が征服され、それに伴いモスクも教会へと形を変えていきました。結果、ここには2つの一神教が奇跡的に共存する事となり、世界的に見ても貴重な建物となっていったのです。

イスラム教の側面としてのメスキータ

こちらのミフラーブは、メッカの方角を示しています。何千年も経た現在でも、そのつくりの豪華さと美しさがわかります。当時、どれだけアラブの人々が覇権を握っていたのかがわかる建物といえるでしょう。注目すべきなのが、キリスト教の大聖堂の中のメッカを示す場所がある事。イスラム教にとって、メッカを示す場所は最も重要な部分であり、そこがいまだに残されている事におどろきを隠せません。

最も有名な赤と白のアーチに加えて側面の装飾なども見てみると、やはり西洋のものとは異なる雰囲気が醸し出されており、とても魅力的です。また、天井を見上げてみると、モザイクがきれいに張り巡らされた圧巻のつくりにも驚かされます。イスラム部分はとにかく素晴らしいので、こちらを中心に見学するのがおすすめです。時間がない場合は、カトリック教会部分よりも優先的にみるといいかもしれません。

赤と白のアーチは、ローマ神殿などを参考に建設されたそう。それは、この地がかつてローマ神殿があった神聖な場所だった事に由来しています。アブド・アッラフマーン1世は、そのような場所を選んでメスキータを建てようと思ったといいます。イスラム教の信者らは、このアーチの下にきて神に祈りを捧げているとの事です。

キリスト教(カトリック)としてのメスキータ

メスキータは13世紀に入ると、教会として利用されはじめます。そののち、16世紀までの間にゴシック様式とルネッサンス様式をあわせた現在の豪華な教会が完成したそうです。特徴となっている高すぎる天井と豪勢なつくりは圧巻です。ただ、よく見ていくとイスラムの雰囲気が残されているような気もするので注目してみてください。

教会の見どころであるアーチの天井は、ぜひチェックしておきたい場所のひとつ。そのきめ細やかなつくりに、多くの人が圧倒されています。大きな音を立てず、フラッシュをたかなければ写真を撮る事ができます。現在、こちらは祈りの場として使用されているので、祈りをささげる人の邪魔にならぬよう静かに、配慮しながら見学してください。

異国情緒あふれる庭にも注目

イスラム部分のパートは庭にヤシの木が植えられていて、アラブな雰囲気を醸し出しています。こちらのアーチ部分は比較的暗めなため、外の明るい庭園に出た際は余計に南国感を味わえるはず。この地域の気候は、強い日差しではあるもののからっとした暑さなので、夏でも快適に過ごす事ができます。

ナイトツアーもやっているメスキータ

メスキータでは、夜間に入場できるナイトツアーも開催しているのでぜひ参加してみてください。ライトアップされたメスキータを厳かな雰囲気の中でまわる事ができます。こちらのツアーは100人までのキャパしかないので、予約が必須です。チケットは公式サイトにて入手できます。

メスキータに入る際の注意事項

イスラム教もカトリックも、どちらも戒律の厳しい宗教です。その方たちの神聖な場所へと入る際には、服装など多少気を使っていきましょう。具体的には、露出の多すぎる服装は避けてください。また、カメラの三脚の使用は禁止です。また、スーツケースの持ち込みはできず、入場を止められるのでご注意を。リュックなどの軽めの荷物を持参しましょう。

メスキータに来たなら、歴史ある街コルドバを楽しもう

ローマ帝国は偉大だった ローマの橋

https://www.instagram.com/p/B0A4k6DBJDw/

こちらは古代ローマ時代につくられたという橋です。メスキータの目の前に広がっています。このローマの橋を渡り、かつてのローマ帝国を参考にしたメスキータのイスラム教部分を見学。そのあとに、メスキータを大聖堂へと改造したカトリック大聖堂部分を見学していくと、歴史の遍歴を肌で感じられます。美しい橋は、夕日に照らされている時間に見るのが一番おすすめです。

西洋とオリエントの融合 アルカサル城

メスキータの西側に位置しているのがアルカサル城です。こちらは中世に建てられたお城で、現在では美術館として利用され、貴重な品物の展示をおこなっています。こちらもイスラム文化の影響が残っていて、中世のお城でありながら異国情緒ただよう雰囲気が魅力です。

お城の中にある庭園も、とてもフォトジェニックです。大きな池や整備された花々で美しく囲まれています。こちらの四角い池は、全部で5つあり、それらが縦に並んでいる姿は圧巻です。写真スポットとしても人気なので、連日多くの観光客でにぎわいをみせています。

きれいな街並みが魅力のJuderia de Cordoba

このあたりはかつて、ユダヤ人たちが暮らした地区です。こちらも大変フォトジェニックな場所となっています。ローマ時代からユダヤ人たちが生活し、ムーア人征服後の8世紀ごろに、最も繁栄していたそうです。この地区は狭い小道におしゃれな家が密集しており、小さな店が並んだり、きれいな花で飾られています。

宗教が入り乱れる街コルドバにあるシナーゴク

イスラム教、キリスト教の見学が終わったら次はユダヤ教です。こちらではユダヤ教の祈禱の場である、シナーゴクへも足を運ぶ事ができます。大理石に掘られた精巧な装飾は、圧倒されるものがあります。こちらももちろん祈りの場であるので、礼儀を忘れずにいきましょう。注意事項はメスキータと同様です。

ちょっと足をのばせば、そこには圧巻の宮殿跡

View this post on Instagram

Medina Azahara podrá visitarse también por las noches este verano y será totalmente gratis. Se trata de una iniciativa que se hace por segundo año consecutivo y esta vez se añade un nuevo atractivo a las visitas nocturnas mediante la posibilidad de disfrutar de un itinerario guiado y teatralizado para las noches de los viernes y sábados, entre los días 12 de julio y 14 de septiembre, a las 21,00 horas. El objetivo es que los asistentes conecten con el yacimiento cordobés y su historia de una forma novedosa y original lejos del modelo tradicional de visita turística. Esta actividad es gratuita y no requiere reserva previa, y los asistentes podrán participar en Medina Azahara por riguroso orden de llegada, hasta completar el aforo máximo de 100 personas. Medina Azahara fue una ciudad de nueva fundación erigida a mediados del siglo X como sede del Califato de Córdoba por la dinastía Omeya de Occidente. La ciudad, considerada una de las construcciones más emblemáticas de Al Andalus, fue destruida tras un corto periodo de vida, permaneciendo desde entonces ignorada hasta su recuperación a principios del siglo XX https://bit.ly/2LlN2wG

A post shared by Europa Press (@europapress) on

Medina Azaharaには、10世紀ごろに建てられた宮殿の跡が残っています。こちらは中世ヨーロッパの雰囲気のなかに、イスラムっぽさが残る遺跡です。宮殿は3つのテラスと2階建てのタワーから成り立っています。

メスキータへのアクセス

電車での行き方

コルトバの駅に到着したのち、駅から徒歩30分強と少々距離があります。しかし、旧市街を歩いていくためあまり苦にはならないはずです。

住所| Calle Cardenal Herrero, 1, 14003 Córdoba, Spain
営業時間|季節によって変わるため公式サイトで確認すること
定休日|年中無休
電話|+34 957 47 05 12
公式サイトはこちら

まとめ

世界遺産にも認定されているメスキータは、イスラム教徒、カトリック教徒どちらの人々にとっても神聖な場所です。かつての文化や歴史が色濃く残り、建築物としての見どころもたくさん。アラブとヨーロッパが融合したからこそできたその独特の文化を、ぜひ味わっていってください。