オーミマリンの船旅!琵琶湖に浮かぶパワースポット島に行こう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

デートにも観光にも勉強にもええなぁ

オーミマリンは滋賀県彦根の港で、琵琶湖に浮かぶ島をクルーズ船で観光できます。歴史好きや寺・神社好きにはもちろんですが、夏の夜のデートにもおすすめです。ここでは多景島や竹生島、おすすめポイントをご紹介していきます。

オーミマリンでしか体験できない琵琶湖の船旅へ行こう

オーミマリンでどんな旅するのか

クルーズ船に乗り琵琶湖に浮かぶ島々、多景島と竹生島を巡る船旅です。それぞれの島には深い歴史スポットが詰まっている神秘的な島々です。琵琶湖を肌で感じながら琵琶湖の島の歴史を観光できます。

今津・長浜の港からでも乗船可能

オーミマリンの港は彦根のほかに、今津と長浜にも位置していて、どちらからでも乗船できます。船旅時間は行く島によって異なりますが、長くて往復で約80分なので、気軽に行ける時間だと思います。それぞれの観光と一緒に行ってみるのもおすすめ。

歴史好きにはたまらない直政の赤船

乗る船は赤い船や白い船があり、赤い船は井伊直政の赤い鎧をイメージしていて、名前は「直政」。井伊氏第17代または24代当主で、戦国武将・大名として歴史上の有名な人物ですね。歴史好きには早速興奮させてくれる船に乗り、琵琶湖の旅へ!

竹が生い茂る多景島を紹介

オーミマリンから多景島へ

多景島か竹生島、どちらかの船旅ができるオーミマリン。まずは多景島を紹介します。オーミマリン彦根港から出発して約20分、自然の緑に覆われている島が多景島です。見るからに深い歴史が眠ってそうな雰囲気を出しています。

住所|〒522-0057 滋賀県彦根市八坂町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

竹島といわれていた多景島

竹が茂っているため、多景島は元々「竹島」と呼ばれていましたが、眺める角度によって島影が多彩に見えることから多景島と名前が変わったと言われています。

見る方向を変えてみると確かにそれぞれ違う島に見えてきます。なんとも不思議な島で、神秘の湖島ともいわれています。

寺巡りに最適!島全体が寺領

多景島は弥生時代からご神体として崇められています。島に入ってみると、「南無妙法蓮華経」と彫られている題目岩や日蓮上人像、霊夢山見塔寺など寺を中心とした歴史スポットが見れます。島全体が寺領で、寺巡りが好きな方は興奮間違いなしです。

パワースポットの竹生島と都久夫須麻神社

琵琶湖八景の竹生島

彦根港から約30分にある竹生島は、「深緑・竹生島の沈影」として琵琶湖八景の一つ。琵琶湖から浮かぶというより、生えるようにこんもりとした島です。近づいてくると、神社やお寺がひょっこりと見えてきます。

住所|〒526-0124 滋賀県長浜市早崎町
営業時間|9:00 am - 17:00 pm
定休日|なし
電話|0570-052-105
公式サイトはこちら

パワースポットで深呼吸

古くから「神様が棲む島」として信仰を集め、名前は「神の斎く(いつく)島」に由来されています。そのため島内には、国宝に指定されている唐門、重要文化財の観音堂などがあり、現在ではパワースポットとしても人気の島です。ゆっくり深呼吸すると悩みなどが息と一緒に抜かれていきそうです。

都久夫須麻神社のかわらげ投げ

竹生島にあるこちらの神社は、「つくぶすまじんじゃ」と読み、「竹生島神社」とも呼ばれています。日本三大弁財天の一つです。

素焼きの皿に願いを書き、鳥居に向かって皿を投げ、上手く鳥居をくぐることができれば願いが叶うと言われている「かわらげ投げ」があり、竹生島に訪れた人のなかでも人気です。

季節限定!おすすめのオーミマリンイベント

海津大崎の満開の桜を鑑賞

琵琶湖八景「暁霧海津大崎の岩礁」として知られている海津大崎では、春になると樹齢80年を越える老桜に約600本の桜が咲き、鮮やかな景色が広がります。

期間限定でオーミマリンの船上から桜を楽しめるイベントが開催されます。桜の下でお花見もいいですが、船から眺める桜も素晴らしいものです。

住所|〒520-1811 滋賀県高島市マキノ町海津
営業時間|24時間営業
定休日|なし
電話|0740-33-7101
公式サイトはこちら

桜のドライブにもサイクリングにも人気

海津大崎の春はドライブコースやサイクリングコースとしても人気です。青く広がる琵琶湖の隣で、桜のトンネルを走れるこのコースは滋賀の春だけでしか味わえませんね。

春の暖かい景色を眺め、好きな音楽を聴きながら友達や恋人とお喋りしながら快適なドライブが過ごせます。

琵琶湖から夏のイルミネーション!びわ湖大花火大会

毎年夏、大津港周辺で開催される「びわ湖大花火大会」を琵琶湖の船上から鑑賞できます。約10,000発の豪華な打ち上げ花火と琵琶湖の水面に映る花火が絶景です。黄金色や彩とりどりの鮮やかな色が夜空に広がります。

食事を楽しみながら花火大会鑑賞

夕食付きで、「びわ湖大津プリンスホテル」か船内でお弁当をいただくか選べます。美味しい夕食を楽しみ、いただけるうちわを扇ぎながら豪華な打ち上げ花火を眺めるなんて贅沢な夏の夜ですね。デートにも最適です。

彦根城と彦根港旅の1dayパスがおすすめ

彦根城とのセットがお得

オーミマリンでは、彦根城と多景島・竹生島の船旅観光セットの1dayパスがあり、彦根城観光と島の観光が一般よりも料金が安くすみます。

もし、また彦根観光したい方や地元の方はこちらの購入がおすすめです。彦根城には大人気ひこにゃんがいて、お花見スポットとしても人気です。

彦根観光するなら無料シャトルバスがおすすめ

View this post on Instagram

おはようございます? 今、滋賀県の彦根駅です? モーニングで、とても美味しいハンバーガーを食べました。? 今日は、これから、三重県の辺りをまわります。 超マニアックな神社の情報を入手したので、そこに向かいます! 私が、探し求めていたような神社です。⛩ そこに、マイブームの世界樹や超巨大生物の化石の秘密が、隠されているような予感がします。⛰ 今日は、ワクワクがMAXです❣️ 詳しいことは、また旅行記に書きますね。 #彦根駅 #彦根駅前 #彦根 #彦根カフェ #滋賀県 #滋賀県観光 #三重県 #三重県観光 #世界樹 #化石 #化石発掘 #ワクワク

A post shared by トーマ イタル (@itarutoma) on

彦根駅からは、竹生島行きの船の時間に合わせて到着できる無料シャトルバスがあるので、オーミマリンに行く際は無料バスがおすすめ。船場に着いたら乗船券を買い、トイレに行ったりしているとすぐに船の時間になりスムーズです。帰りも無料バスが使え、彦根城の近くで降りることもできます。

オーミマリンへのアクセス

車でのアクセス

名神高速道路彦根ICから約10分です。最寄り駅は彦根駅で、彦根駅から車で約8分で着きます。駐車場無料で、駐車場のすぐそばが船乗り場になっています。

電車でのアクセス

彦根駅に着いたら西口に出ると、彦根港無料シャトルバスがあります。バスに乗って約15分で到着です。運行期間外の時もあるので、事前に公式サイトをチェックしてから行くのをおすすめします。

住所|〒522-0002 滋賀県彦根市松原町3755
営業時間|9:45 am - 16:30 pm
定休日|なし ※天候や気象条件などにより運航を中止する場合があります。
電話|0749-22-0619
公式サイトはこちら

まとめ

春には満開の桜、夏の夜は花火大会を琵琶湖から鑑賞できるので、ぜひ恋人と一緒に素敵な思い出にどうでしょうか。長くて約80分の船旅なので、時間が空いたから行こうかなーって時にもいいと思います。彦根城でひこにゃんに癒され、オーミマリンの船旅で貴重な島めぐりの彦根観光も検討してみてください。