スペイン国立ソフィア王妃芸術センターを徹底ガイド

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Machi

東京都出身。もともとは転勤族で日本各地を転々と。得意なエリアはスペイン。観光地だけでなく旅から現地の生活スタイル・文化コンテンツを探し出すことが大好き。

首都マドリード観光では世界の巨匠ピカソとダリやミロの名画鑑賞をしよう

歴史的な建物と新設されたエリアと近現代美術が人気の国立ソフィア王妃芸術センター。世界的な名画ピカソのゲルニカやダリ、ミロなども必見。美術館内の基本情報やおすすめ絵画の見どころや注意点などもご紹介しています。マドリードに訪れたなら見逃せないスポットです。

近現代美術の宝庫ソフィア王妃芸術センターを訪れよう

スペインの首都であるマドリード三大美術館の一つで、巨匠ピカソの代表作品・ゲルニカが常設展示されている事で有名な人気観光スポット。開館は1992年で、近現代のスペイン美術品を2万点以上も所蔵し、プラド美術館と比較するとミロやダリといった名画を短時間で鑑賞できます。

スペイン国王と美術館の歴史を解説

スペイン国王カルロス1世の王妃ソフィアの名前が由来。18世紀にカルロス3世の命により、マドリード市内の再開発の一環でインフラが整備され始め、本館のサバティーニ館を病院から改築しています。コレクションの増加と共に、2005年に南側へ新館のヌーベル館が増築されました。

現代アート美術館の楽しみ方

まず建物の前面にある2本のガラスのエスカレーターを印象的な作品の一つとして堪能してみてください。本館の建物はクラシカルな造りで、石張りの床や大きな柱も重厚感があり、天井がアーチ型の廊下も美しく見どころ。サバティーニ館はイタリアの建築家、フランチェスコ・サバティーニ氏が、新館のヌーベル館はフランスの建築家、ジャン・ヌーヴェル氏が設計しています。近現代美術ファンでなければ、メインのサバティーニ館だけで見たい絵画を決めてまわるのがおすすめ。

世界的画家ピカソのゲルニカは大人気の観光スポット

ピカソのゲルニカは、横777cm、縦349cmの大きさを誇り、パリ万博のスペイン館の壁画のために1937年に製作されました。スペイン内戦のゲルニカ爆撃をテーマに、戦争の悲劇と平和の大切さのシンボルとなって世界中に影響を与えています。スペイン国内が落ち着くまでは、ピカソの意思でアメリカのニューヨークMoMA美術館で保管。

ゲルニカを描くまでの過程

作品を描いた当時のピカソは、パリ万博のスペイン館に展示する絵画について長い間何を描くかを思案していました。そんな中、フランスの新聞でスペインのバスク地方がドイツ軍に空爆されたことを知り、その衝撃的な写真からスケッチが描かれました。写実的な絵ではなく、戦争に対する恐怖や怒り、やり切れなさといった感情をストレートに表現したのです。

ゲルニカの完成に向けて才能を輝かせる

女性の肖像画が多数あるピカソの作品には、泣いている人がよく描かれています。それらの作品は、ゲルニカ空爆がきっかけになっているもので、それぞれテイストが異なり多彩な感情表現が見られます。全体的にバックは淡白な色で統一しシンプルで、スケッチには無かった涙を描き加えたところにセンスを感じます。

画家ミロは日本文化に影響された

画家のミロはピカソと同じ時期に活躍し、独特なタッチや日本文化を取り入れたテーマが有名。ミロが日本旅行をした際に、茶の間などの文化にインスピレーションを受け「間」を意識した作品を描きました。点や線でまとめられた構成は、日本文化の一息つくといった間の影響です。

個性派ダリも同じカタルーニャ出身

スケッチから絵が飛び出しそうな立体的な作風が人気で、ピカソやミロと同時期に活動していた天才画家ダリ。バルセロナ北東のフィゲラスで生まれ、不思議な作品を描くことで知られています。各テーマにトピックが加えられ、個性的で豊かな表現力が魅力。

美術館巡りのアドバイス

スペイン王家が集めた作品が多いプラド美術館や、個人では世界2位とエリザベス女王の次に所蔵数が多いティッセン・ボルネミッサ美術館などがマドリードにあります。芸術に興味があるならぜひ数日かけて見学しましょう。ソフィア王妃芸術センターは、本館2階のゲルニカや同じエリアのミロやダリといった有名作品だけを見学するなら1時間が目安。本館と新館をすべてまわるなら3時間以上かかります。本館中庭の彫刻もミロなどがあって休憩できるためおすすめ。

カメラを持って行く際の注意点

ピカソのゲルニカは撮影が禁止されていて、数m近くまでは接近して鑑賞できますが監視員が常に見張っています。多くの作品は長期保存のためにフラッシュや三脚を使わなければ撮影が可能。もし撮影が許可されているかわからない場合は、近くにいる係員に必ず確認をしましょう。

無料入場方法やチケット割引情報

入場チケットはネットと当日窓口で購入でき、ネット予約は日付指定のため割引価格。支払方法は、クレジットカードのみとなっています。また、マドリード三大美術館は無料開館日時が決まっているので公式サイトでチェックしてみましょう。ソフィア王妃芸術センターは、平日の19時以降と日曜日の13時半以降は無料なのでおすすめ。65歳以上18歳未満は、パスポート提示で無料になります。

無料開館時間に行ってみよう

無料開館前には正門前に大行列ができる日もあえため、開館40分前に並び始めるか、開館時間の15分あとに時間を変えて行くのもおすすめ。また、穴場の裏側の新館入口からも入場可能。冬の平日は暗くなるのがはやいため、帰りはタクシーを利用するのが無難でしょう。夜は外を歩く時間を短くするように、アトーチャ駅周辺や美術館の隣にホテルを取り安全に観光するように心掛ける必要があります。

メインステーションのアトーチャ駅は植物園のよう

美術館の最寄り駅は、マドリード主要駅の一つであるアトーチャ駅。マドリード南やバルセロナ方面の東へ向かう列車が多く、スペインの新幹線AVEの発着地。駅の構内は植物園のような造りで、池があって明るくレストランやカフェ、ギフトショップでちょっと買い物もできる規模。スーツケースが入るサイズのコインロッカーもあります。

マドリード観光おすすめスポット

レティーロ公園は、マドリード市民の憩いの場で休憩や散歩したい時にはおすすめ。周囲はおよそ4km、東京ドーム26.7個分の125haもの大きさがあり、噴水や池、彫像や記念碑の佇む公園は美術館のようになっています。映画やドラマの撮影の舞台で知られ、土日はイベントもあって人が多く賑やかです。

ガラスの宮殿に入ろう

公園内にあるガラスの宮殿は1887年に熱帯植物を育てるためにつくられたようで、マドリードで開催されたフィリピン万博の一環で建設されました。現在は無料で入場ができ、イベントが開催されることも。11月~3月の期間は18時で閉館するため、時間に注意。

ソフィア王妃芸術センターへのアクセス

徒歩でのアクセス

マドリードのスペイン国鉄アトーチャ駅からは、徒歩で約7分かかります。

住所|〒28012 Calle Santa Isabel, 52 Madrid
営業時間|AM10:00 - PM21:00
定休日|毎週火曜日、祝日
電話|+34 91 774 1000
公式サイトはこちら

まとめ

新館出口右のヌーベルレストラン、本館入口横にあるアルサバルカフェのガーデンテラスも時間があれば立ち寄ってみたいポイント。また、公式グッズや書籍など種類が豊富な本館ミュージアムショップや、新館の図書館もライトアップの雰囲気が美しく景観を楽しめます。現地の治安情報を事前にしっかりチェックしてから、ソフィア王妃芸術センターでピカソやダリの絵画を満喫してみてください。