城好き注目の日本100名城の小谷城を巡ろう!行く前の注意点や行き方も紹介

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

きぃつけながら巡ろうな!

滋賀県には2つの山城が選ばれており、小谷城もその一つです。浅井亮政が築いた小谷城は、日本100名城・日本五大山城に指定されていて、城好き・歴史好きのなかでは注目されているスポット。ここでは、小谷城へ行く前に知ってほしい情報やどんな感じの城跡なのかをご紹介していきます。

小谷城に行く前にチェックしておきたいこと

想像して楽しめるのが城跡の魅力

小谷城は廃城となったので、彦根城みたいに立派な城があるわけではありません。城の形は残っていませんが、石垣や土塁などが現在もそのまま残っている城跡です。なので、当時を想像しながら観光できる楽しみ方ができます。

山全体が城!小谷城本丸跡への山道

序文でも書いてある通り、小谷城は山城なので山道を登っていくことになります。ハイキング装備にし、女性はスカートやおしゃれな服は避けるのがいいです。飲み物の持参も忘れずに。

小谷城の観光時間はどれくらい?

小谷城はすぐ気軽に見に行ける場所ではないので、観光時間は最低でも3時間は見積もっておきましょう。なので、ほかのスポットと一緒に1日で観光に行くなどはやめておいた方がいいです。写真撮りたい方や、城跡をじっくり見たいという方は4時間ぐらいだと思います。

駐車場とショートカットルートはあるのか

小谷城跡の駐車場は、山麓駐車場と中腹駐車場の2か所あります。山麓駐車場は山の入り口にあり、中腹駐車場は山麓駐車場よりも小谷城跡と近い距離にあります。できるだけ疲労を少なくしたいなら、中腹駐車場に車を停めて行くのがおすすめですが、中腹駐車場の方が停めれる数が少ないので注意。

気をつけて巡ろう!熊との遭遇注意の看板

途中で野生動物と遭遇するのは山城観光ではたまにあります。小谷城の山には熊が出るそうなので要注意です。夏から秋は動物が活動しているので、その時期に巡ろうと思っている方は気を付けながら進んでください。

準備ができたら出発!登山中に見れる数々の歴史ポイント

小谷城の貴重な水場だった馬洗い池

駐車場から歩いて行くとまず見えるのが馬洗い池です。今はもう放置されていますが、昔はもっと水が沸いていた場所だったそうです。看板には馬を洗う場所とされていますが、小谷城の貴重な井戸だったという説もあります。

登山中にも見どころがたくさん

本丸跡に向かう途中には、礎石が見つかっている桜馬場や、井戸跡や蔵趾が発掘された大広間跡などが見れます。跡なので何もない場所で、小谷城跡の案内に書かれているだけです。ここらにはかつて建物や門があったのかとイメージできます。

城跡の魅力ポイント!小谷城の石垣

石垣は城跡の見どころの一つです。城が無くなってしまっていても石垣は当時のまま残されており、本丸跡と並んでメインと言ってもいいぐらいです。安土城跡や観音寺城跡も石垣が崩れずに残っていて見る価値あり。

歴史の空気を感じる小谷城の本丸跡

View this post on Instagram

. . . . 小谷城跡? ガイド付きで凄く勉強になり面白かったです! 小谷城の戦いはすごく有名なのに詳細はあまり知らなくて、 話を聞いてこんなに悲しい戦いだったんだと知りました? 何より浅井長政の凄さです 後世に深く爪痕を残したのはこの方なんじゃないでしょうか? この城巡りで浅井氏の凄さを知りました それと信長がどれだけ恐れられていたかが感じられます 織田信長の脅威故の崩落だったと思います . 語彙力がなくてすみません? . . . #過去pic #一人旅 #一人旅女子 #お城 #お城好き #お城巡り #お城好きな人と繋がりたい #滋賀 #小谷城 #日本100名城 #日本五大山城 #山城 #石垣 #浅井長政 #織田信長 #戦国時代 #戦国武将

A post shared by お だ さ ん (@o_da_stagram_) on

小谷城跡のメインスポット、本丸跡です。鐘の丸とも呼ばれています。現在は小さなキャンプ場みたいな感じになっていますが、戦国時代では激しい戦いや浅井亮政が指揮とっていたのかと想像すると、平和についても考えさせられます。

本丸跡に着いたら終わりじゃない!大堀切も必見

本丸跡の後ろ側には大堀切という、敵軍を通させないために掘られた遺構です。大堀切も見ておきたいポイントの一つです。小谷城を攻める時、ここを渡ったのではと思います。

小谷城に行く前に!資料館で小谷城の歴史を知るのがおすすめ

ここは見に行って!小谷城戦国歴史資料館

小谷城に巡るなら、まず小谷城戦国歴史資料館に行くことをおすすめします。小谷城に向かう道は疲れるからというのもありますが、先に小谷城の歴史を知ってから見に行った方が倍楽しめますよ。小さな資料館ですが、貴重な資料が展示されていて、小谷城の戦いなど詳しい話が聞けます。

資料館で小谷城の100名城スタンプゲット

小谷城戦国歴史資料館で小谷城の100名城スタンプが貰えます。100名城スタンプとは、日本全国にある100名城のスタンプを集めると、日本城郭協会から認定書がいただけます。スタンプが貰える場所は、城跡の受付だったり資料館だったりするので事前に調べておくとスムーズです。

日本100名城のスタンプ台帳の入手方法

100名城スタンプを押印するにはメモなど何でもいいわけではなく、専用のスタンプ台帳が必要になります。日本100名城公式ガイドブックに付いています。本屋さんに売っていますが、もし見つからない場合はネット通販にもありますのでぜひチェックしてみてください。

裏切られた小谷城の悲しい戦い

1520年代初期、浅井亮政が築いたと伝えられていますが正確は不明です。亮政・久政・長政の浅井氏三代が居城していました。浅井長政は織田信長の妹「お市」と結婚しましたが、朝倉攻めによって織田信長に攻められ、浅井氏は滅亡し小谷城は落城しました。

残された小谷城のその後の話

浅井氏が滅亡後、小谷城は羽柴秀吉に与えられました。ですが、羽柴秀吉は新たに長浜城を築いたため、小谷城は廃城となってしまいました。そのため、長浜城を建てるために小谷城が使われたとされています。

住所|〒529-0312 滋賀県長浜市小谷郡上町139
営業時間|9:30 am - 17:00 pm
定休日|毎週火曜日および年末年始(12月28日~1月4日)
電話|0749-78-2320
公式サイトはこちら

小谷城へのアクセス

車でのアクセス

長浜市の湖北町伊部にある戦国ガイドステーションに向かいます。小谷城まで一番近い中腹駐車場までの道が丁寧に書かれているので、スムーズに行くことができます。戦国ガイドステーションから駐車場まで約5分です。

電車でのアクセス

最寄り駅はJR北陸本線河毛駅で、駅からバスかレンタサイクルで小谷城へ行きます。バスなら小谷城歴史資料館に乗りますが、本数が少ないので気長に待ちましょう。レンタサイクルは河毛駅を降りて改札くぐってすぐにあります。

住所|〒529-0313 滋賀県長浜市湖北町伊部
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0749-82-5909
公式サイトはこちら

まとめ

小谷城の見どころはたくさんありますが、時間がない方はせめて資料館だけは行ってみてほしいところです。裏切られ滅亡した浅井氏と、残され廃城となった小谷城跡は歴史の凄さや悲しさなどがありますね。小谷城に行く際はしっかり準備して、そして気を付けて行ってきてください。