世界一高い東京スカイツリー。展望台から東京の眺望を楽しもう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: hide

出身地:東京 海外20数か国を旅した経験から海外、特にヨーロッパ記事を書いていきます。国内も全都道府県の主な観光地を旅したので、いずれこちらも記事にできればと考えています。

展望デッキに昇って東京を一望しよう

2012年(平成24年)に開業した高さ634メートルの東京スカイツリー。東京タワーに代わる新たな電波塔としての役割はもちろん、世界的な観光地浅草エリアのランドマークとして期待されて開業しそれに応えている、首都東京の新たなシンボル。そんな東京スカイツリーを紹介します。

美しい現代的な外観をもつ東京の新たなシンボル

いろいろなところから見る事のできる巨大なタワー

高さ634メートルと都内でも断トツに高いタワーだけに、天気の良い日は、かなり離れた土地からでもその現代的でスマートな外観を見せてくれる東京スカイツリー。

これまで電波塔の役割を担っていた東京タワーや新宿都庁の展望室からも、ひと際大きさを感じさせる姿を見せてくれます。都内のどこからでも、ビルの隙間から突然見えて驚かされる事もあるぐらいです。

東京スカイツリーはいつ頃どうして建てられたのか

それまで電波塔の役割を担ってきた東京タワーは、1958年(昭和33年)に完成した333メートルの塔。オープン当時は十分な高さがあったものの、時が経ち都心部に高層ビルが乱立。携帯電話やデジタル放送の開始のために、より高い電波塔が必要になり建設されたのが東京スカイツリーです。

2012年(平成24年)に竣工。高さの634メートルは、東京の旧国名である武蔵に合わせたもの。電波塔としてはもちろん、世界一高いタワーとしてギネスの世界記録の認定も受けています。

東京タワーと比較してみる

東京スカイツリーが竣工するまでは、日本一高い自立式タワーだった東京タワー。現在は電波塔としての役割を東京スカイツリーに譲ってはいるものの、観光名所としてはいまだ健在。都心部に近く、季節ごとに合わせたライトアップは立地に合う華やかさをもっています。

東京東部に位置する東京スカイツリーは、もともとのタワーの色もあって落ち着きのあるシックなイメージで、それぞれの個性を表しています。

住所|〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目2−8
営業時間|9時00分~23時00分
定休日|年中無休
電話|03-3433-5111
公式サイトはこちら

展望台から東京を一望できるインパクトは絶大

第一展望台(天望デッキ・フロア340-350)

4階部分からエレベーターに乗り約50秒で到着。地上350メートルと第一展望台の高さが、すでに東京タワーの高さを超えています。フロアは340、345、350の3つ。ガラス床と呼ばれる真下が見えるのはフロア340。

3フロアともにカフェやショップが併設され、フロア350には、東京時空ナビと呼ばれる大型モニターの案内板があり、展望の説明をしてくれます。

第二展望台(天望回廊・フロア445-450)

第一展望台から、別のエレベーターに乗り約30秒で到着するのが地上450メートルにある第二展望台です。より高いところから360度の展望を楽しむための、展望回廊があります。フロアは445と450のふたつ。フロア450には、最高到達点451.2メートルを表すソラカラポイントがあります。

東京の地図を思い浮かべながら展望台から都内を一望

東京の地理を頭に思い浮かべながら、東西南北それぞれに備えられている時空ナビを頼りに見ていくと360度ビューはより楽しむ事ができます。東は千葉方面、西には都心部が広がり、南には東京湾が見えて北側は千住方面。

都心部と海が見える西側、南側は人気があり混雑しています。ゆとりをもってみるなら、東側、北側から見ながら時空ナビを操作すると楽しめるでしょう。

最初に目につくのはタワーの真下に見える隅田川

東京を流れる代表的な河川、隅田川の流れを東京スカイツリーからだと真下に見る事ができます。船が移動する姿は、まるでジオラマを見ているよう。隅田川花火大会が行われている場合は、花火を上から見下ろすという珍しい体験もできます。

南西側の東京タワー方面を眺めてみる

東京スカイツリーができて、高さでは差をつけられたものの、まだ高層タワーであることに変わりはない東京タワー。南西側から展望すると、近代的ビル群の中で昭和の温かさを感じさせるオレンジの塔をしっかり見る事ができます。

東京タワーの左側のビル群は、汐留エリア。冬の澄んだ空気で晴れている時は東京タワーの右手に雪化粧をした富士山の姿が見えます。

南側には美しく輝く東京湾方面が見える

南側からの眺めの主役は東京湾です。荒川の河口も大きく見え、都心部とのコントラストが美しく感じられるでしょう。やや日が暮れてから南側の展望エリアに立てば、東京ディズニーランドやレインボーブリッジの美しさがより映える形で見る事ができます。

夜景はまた昼と違った美しい東京を楽しめる

ここでしか見る事のできない、東京の美しさを感じさせるのが夜です。道路の街灯やビルの照明が作り出す陰影の夜景は、東京スカイツリーからでしか見る事のできないものでしょう。時期を合わせれば、展望台からスーパームーンの大きな月を眺める事もできます。

東京スカイツリーの美しい外観を眺めてみる

意外に知られていませんが、東京スカイツリーは環境に配慮されて設計された塔です。カメラの三脚のように最少の足数で安定するように建てられ、周辺に圧迫感を与えず日陰を作らないように考慮されています。

伝統的な日本建築の美も継承し、シルエットは頂部から下部に変化するしなやかな曲線。空へ伸びる姿は、ツリーの名の通り木をイメージしたものです。

東京スカイツリーに行ったついでに寄り道しよう

エレベーターを降りたらもう東京ソラマチ

東京スカイツリーの足下にあるのが、東京ソラマチ。最先端と下町文化を融合させた新しい下町をテーマにした空間です。連日外国人観光客も多く訪れるフロアには、300以上のショップが集まっています。

グルメゾーンには、全国からご当地グルメの店が集結。大衆的な店から高級感あふれるレストランまであり、夜景を楽しみながら食事をする事もできます。

住所|〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2
営業時間|10時00分~21時00分
定休日|不定休
電話|03-5302-3480
公式サイトはこちら

東京スカイツリーと同一敷地内にあるすみだ水族館

こだわりの設計で、都会的な雰囲気で自然の魚たちが鑑賞できるすみだ水族館。すぐ近くでペンギンを見る事ができるペンギンルームは、子供たちにとくに人気のスペースです。

デートにはライトアップされた水槽の中で、泳ぐクラゲが美しいエリアへいってみましょう。数十メートルにわたりクラゲたちと一緒に漂う万華鏡トンネルは、幻想的で不思議な感覚になります。

住所|〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 5-6F
営業時間|9時00分~21時00分
定休日|不定休
電話|03-5619-1821
公式サイトはこちら

隣接するコニカミノルタ プラネタリウム天空

星空とCG映像に光と音の演出が合わさり、臨場感を楽しむことができるコニカミノルタプラネタリウム。最新の3D音響やオリジナルアロマが香る、大人のためのエンターテインメントスペース。ほかのプラネタリウムでは味わえない、異次元空間を堪能できます。

住所|〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2 東京スカイツリータウン・イーストヤード
営業時間|土曜日・日曜日: 9時30分~21時00分 それ以外:10時30分~21時00分
定休日|不定休
電話|03-5610-3043
公式サイトはこちら

錦糸町方面から東京スカイツリーへ続く大横川親水公園

中からではなく外から東京スカイツリーを楽しむのなら、眺めるスポットが数多くある大横川親水公園がおすすめ。川や池、遊具が豊富で6つのエリアがテーマごとにわかれている事から、ファミリー層に人気のある公園です。春には、桜と東京スカイツリーのコラボが美しく見える美観スポットとなります。

住所|〒130-0005 東京都墨田区東駒形4丁目15−14
営業時間|24時間営業
定休日|年中無休
電話|03-3624-3404
公式サイトはこちら

東京スカイツリーへのアクセス

電車でのアクセス

東京メトロ半蔵門線、都営浅草線、京成スカイアクセス線押上駅から徒歩約5分。東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅より徒歩約4分です。

車でのアクセス

首都高速6号向島線駒形出口、または向島出口を利用。立体、地下の有料駐車場があります。ただし土曜、日曜、祝日は立体駐車場は閉鎖。かなりの混雑が予想されるため、電車でいく方が良さそうです。

車でのアクセス

東西それぞれに有料駐輪場があります。

住所|〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2
営業時間|8:00~22:00(最終入場21:00)
定休日|年中無休
電話|0570-550-634
公式サイトはこちら

まとめ

天気が良ければ、シンプルで美しい姿を都内のどこからでも見る事ができる東京スカイツリー。展望台へいけば都内だけでなく関東を一望でき、世界一の高さを実感できるでしょう。

周辺の施設も充実。ソラマチやプラネタリウム、水族館に親水公園、浅草など観光スポットがあり、デートやファミリーなど老若男女選ばず楽しませてくれる施設です。