奄美大島のおすすめ観光スポット18選!3年で10回以上奄美を訪れているリピーターが紹介

東洋のガラパゴスと称される自然豊かな奄美大島。世界自然遺産登録の候補地とであるほか、大河ドラマ「西郷どん」の舞台となった場所として近年注目を集めている南国の楽園です。泥染や大島紬などの伝統工芸はもちろん、島唄などの文化的魅力が沢山詰まった島です。直近3年で10回以上奄美大島を訪れているリピーターが、奄美の魅力を最大限味わえる18件のスポットを厳選してご紹介していきます。

この記事の執筆者

トラベルパートナー: Marina

鹿児島県鹿児島市出身、現在は札幌市在住。地元鹿児島を離れてもなお、鹿児島の食・人・自然をこよなく愛する。奄美大島の綺麗な海を眺める&泳ぐことが大好きです。

奄美大島のいちおし観光スポットTOP5

奄美大島で人気のスポットの中から、特におすすめの一押し観光スポットTOP5をご紹介いたします。

1.【遊ぶ】土盛海岸

PIXTA

奄美空港から北に車を10分ほど走らせると到着できる土盛海岸。ブルーエンジェルともいわれる海と白い砂浜の美しさは奄美の中でもトップクラスです。

PIXTA

浅瀬は砂地が広がっているので泳ぎやすく子連れにもOK。沖に出ると魚やサンゴ礁が色鮮やかでシュノーケリングも楽しめます。

でも、ここの沖は離岸流が発生しやすいので要注意。個人的に天気のいい日には、近くの飲食店でパンやドリンクを買ってビーチでピクニックをするのがおすすめです!

土盛海岸の住所・アクセスや営業時間など

土盛海岸
鹿児島県奄美市笠利町大字宇宿
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし

2. 【見る・遊ぶ・体験する】マングローブ原生林

PIXTA

住用町にあるのマングローブ原生林は日本国内で第2位の面積を誇る広さです。海水と淡水とが入り交じる「汽水域」と呼ばれるエリアの干潟にマングローブは生息しています。

PIXTA

マングローブの土壌の豊かさゆえ、多くの生き物の大切なすみかとなっています。日本とは思えない幻想的で美しい景色が広がっています。

ガイドがマングローブやそこに住む動物、植物の生態を説明してくれるカヌーツアーに参加するのもおすすめです!子どもから大人まで一緒になって楽しめ、家族の素敵な思い出となることでしょう。

マングローブ原生林の住所・アクセスや営業時間など

マングローブ原生林
鹿児島県奄美市住用町大字役勝
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし

3.【見る】金作原原生林

PIXTA

奄美大島の中心地である名瀬市から少し南に行くと、天然の亜熱帯広葉樹が多数残っている金作原(きんさくばる)原生林があります。生きた化石 巨大なヒカゲヘゴなどの亜熱帯植物が生い茂っています。

国指定天然記念物のルリカケスやキノボリトカゲなど稀少な動物たちも生息しています。現整理の景色は、まるで緑の間から差し込む陽光が神秘的で古の時代にタイムスリップしたかのよう。

2019年2月から、この貴重な原生林を保護するため金作原へ入る際は認定エコツアーガイドの同行が必要となりました。行かれる際は事前にガイドを予約するなどしっかり準備をしていくことをおすすめします!

金作原原生林の住所・アクセスや営業時間など

金作原原生林
鹿児島県奄美市名瀬朝戸金作原
【営業日】
なし
※ただし、金作原原生林に入るには認定エコツアーガイドの同行が必須。【定休日】
なし【営業時間】
なし

4. 【遊ぶ】あやまる岬観光公園

奄美大島の最北端に位置する、太平洋につき出した岬です。奄美十景、新鹿児島百景の一つとしても知られています。

丸い地形が綾に織りなす「まり」に似ていることから、「あやまる」という名がついたといわれています。岬の周りはサンゴ礁や、ソテツジャングルがあり、亜熱帯の風情を感じることができます。

公園内高台には、「あやまる岬公園観光案内所」と絶景が楽しめるカフェがあります。広い敷地内に多くの施設や、レジャースポット、アクティビティがあるので1日たっぷり時間を過ごすことができます。

あやまる岬観光公園の住所・アクセスや営業時間など

あやまる岬観光公園
鹿児島県奄美市笠利町大字須野682
0997-63-1170
【営業日】通年※ただし、遊泳期間は7月20日から8月31日まで
【定休日】年末年始※荒天時は臨時休業をすることもあります
【営業時間】あやまる岬観光案内所 8:30~17:00/みしょらんCAFE 9:00~17:00(16:45 オーダーストップ)
http://www.city.amami.lg.jp/ksangyo/kanko/kasari.html#aya
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5.【食べる】鶏飯 みなとや

奄美の郷土料理である鶏飯発祥のお店です。鶏飯は、元々江戸時代に奄美大島が薩摩藩の支配下にあった頃、藩の役人をおもてなしするためのお料理として作られました。

店内は、アットホームな雰囲気で居心地抜群。ご飯の上に、鶏肉や錦糸卵、椎茸、刻んだタンカンの皮などの具材をのせて鶏だしスープをかけて頂きます。

島内にもいくつか鶏飯を出しているお店があるのですが、ここは鶏だしスープが濃厚で、とても美味しい!ここの鶏皮の炙り焼きというメニューも私のお気に入りです。

鶏飯 みなとやの住所・アクセスや営業時間など

鶏飯 みなとや
鹿児島県奄美市笠利町大字外金久81
0997–63–0023
【営業日】

【定休日】
不定休

【営業時間】
11:00〜15:00頃(スープがなくなり次第、閉店)

https://minatoya.amamin.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
ぐるなびで詳細を見る・予約する ※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

笠利エリアのおすすめスポット

笠利は奄美大島北端に位置しています。奄美空港もあり、崎原海岸や土盛海岸など綺麗な海岸が多数あることが知られていることもあり、観光客にも人気のエリア。夏場には多くの人が海水浴に訪れます。

6. 【遊ぶ】崎原海岸

PIXTA

土盛海岸と同じ笠利町にあるもう一つの崎原海岸。こちらの海も空港からアクセスも良い上に、透明度が高く砂浜も大変美しいと人気です。

PIXTA

土盛海岸に比べると観光で訪れる人は少なく、島で長く暮らしている人でもなかなか来ないという穴場スポット。騒がしさを避け、ゆっくり静かに過ごしたい人にはとてもおすすめです!

崎原海岸の住所・アクセスや営業時間など

崎原海岸
奄美市笠利町大字喜瀬3622
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし

7. 【遊ぶ】笠利崎灯台

PIXTA

笠利崎灯台は奄美大島北端の地にある灯台です。灯台までは、15分程ひたすら山道を歩いて上って行きます。

灯台は、太平洋を一望できる奄美北部の絶景ポイントとなっています。山道にはあまり陰がないので夏に上ると着く頃には汗だくになりますが、海から吹く風の中、はるか彼方から押し寄せる青と白の波をのんびり見ていると、まるで心が洗われるようです。

笠利崎灯台の住所・アクセスや営業時間など

笠利崎灯台
鹿児島県奄美市笠利町大字用
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし

8.【食べる】 味の郷 かさり

Marina

「味の郷 かさり」は、産地直売所と観光案内所を兼ねた施設です。島ならではの珍しいお野菜や地元の食材を使った加工品が店内に並びます。

ここは島の女性の方たちが起業したこともあり、気さくで親切な女性店員の方がたくさんで元気をもらえます。島特産の柑橘の果物たんかんを使った、たんかんかりんとうは、素朴な味で美味しいのでおすすめ。いつもお土産に買って帰ります!

味の郷 かさりの住所・アクセスや営業時間など

味の郷 かさり
鹿児島県奄美市笠利町大字節田1717−1
0997-63-0771
【営業日】

【定休日】
年末年始、旧盆(年にもよるが、大体8/13〜8/15の期間)

【営業時間】
8:30–18:00

https://ajinosatokasari.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9.【見る】田中一村記念美術館

雨の日でも楽しめるスポットも!ということで、奄美にゆかりのある画家「田中一村」さんの作品が観覧できる田中一村記念美術館をご紹介いたします。昭和33年50歳で単身で奄美大島に移住以来、紬工場で染色工として働きながら亜熱帯の植物や動物を描き続けた田中さん。

作品はどれもとても鮮やかで、見る者の目を惹き付けます。日本のゴーギャンとも称される田中一村の作品は一見の価値ありです。

田中一村記念美術館の住所・アクセスや営業時間など

田中一村記念美術館
鹿児島県奄美市笠利町大字節田1834
0997-55-2635
【営業日】

【定休日】
毎月第1・3水曜日(祝日の場合は翌日)
※ただし、4月29日~5月5日、7月21日~8月31日、12月30日~1月3日は開園
※年末年始期間中は開館

【営業時間】
9:00〜18:00
※7月・8月は9:00〜19:00
※入館は閉館時間の30分前まで

http://amamipark.com/isson/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

瀬戸内エリアのおすすめスポット

瀬戸内は奄美大島最南端の大島海峡を隔て、本島側と加計呂麻島やその他の多くの美しい島々からなるエリアです。加計呂麻島へはフェリーや海上タクシーが運航しており本島からであれば日帰りでマリンスポーツや釣りなどを十分に楽しめると思います。時間のある方は離島へも是非!

10.【遊ぶ】 加計呂麻島

PIXTA

もし時間に余裕があるなら、さらに本島から南の島へ足を伸ばしてみることをおすすめします。フェリーや海上タクシーが定期的に運行している加計呂麻島なら、本島から日帰りで楽しめるスポットでおすすめです。

本島と加計呂麻島の間にある大島海峡は島南部のマリンスポットとしてシュノーケリングやダイビングをするにはもってこいの場所。毎年夏になると、加計呂麻島ではシーカヤックマラソンも開催されています。

加計呂麻島の住所・アクセスや営業時間など

加計呂麻島
鹿児島県大島郡瀬戸内町
0997-72-1111
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし
https://www.town.setouchi.lg.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大和村エリアのおすすめスポット

大和村は奄美大島の中でも一番小さな村で島の中西部に位置します。東側には奄美大島の中でも一番標高の高い湯湾岳、西側は綺麗な夕暮れと東シナ海を望むことが出来る夕陽の名所があります。北部に比べるとさらに深く濃い緑の山々がとても美しいエリアです。

11.【見る】マテリヤの滝

PIXTA

現地の言葉で「本当に美しい太陽の滝壺」という意味が名前の由来となっているマテリヤの滝。昔の人々はこの滝壺にうつる太陽の影を見て賞賛して崇めていたと言われています。

PIXTA

山の中ということもあり、太陽の光と樹々の緑とが合わさってとても綺麗です。駐車場から歩いて5分ほどで滝にたどり着くので気軽に散策ができます。遊歩道の道中の緑もとても気持ちいいです。

マテリヤの滝の住所・アクセスや営業時間など

マテリヤの滝
鹿児島県大島郡大和村名音 深山塔
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし

名瀬エリアのおすすめスポット

名瀬には大きな港と商店街があるので奄美大島の中でも賑やかな中心地といえるでしょう。その近くには、奄美固有の動植物を観察できる金作原原生林も。島の中でも都会的な場所なので何か旅行中必要な物が出てきた際にはここヘ来ると良いかもしれません。

10. 【見る】宮古崎

PIXTA

大和村にある宮古崎は、奄美群島国定公園ともなっていて大和村最大の景勝地です。2018年大河ドラマ「西郷どん」のオープニングの撮影地としても選ばれました。

PIXTA

リュウキュウチクと呼ばれる丈の短い笹が草原のように岬全体を覆っていて透明度の高い海が眼下に広がっています。駐車場から岬までは15km程あり、歩いて約20分程。離島ならではのダイナミックなパノラマが楽しめます。

宮古崎の住所・アクセスや営業時間など

宮古崎
鹿児島県奄美市名瀬大字根瀬部
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし

12.【食べる】 郷土料理 かずみ

名瀬で気軽に島唄と奄美の郷土料理を楽しみたいなら是非「郷土料理かずみ」へ!地元の常連の方も集う場所で店内にはいつも活気が溢れています。
奄美の名物「とびんにゃ(巻貝)」や「油ぞうめん(そうめんとお野菜の炒め物)」、豚足を作った煮込み料理など奄美の美味しいお料理をお腹いっぱいに食べられます。

居酒屋に近い雰囲気ですが、アットホームなので小さなお子さん連れのファミリーにもおすすめ。女将は歌がとても上手で、厨房で歌いながらお料理を作ってくれたり、お客さんも一緒になって三線に合わせて太鼓でリズムをとったり。初めての方でも楽しい時間を過ごせると思います。人気店なので行かれる際は予約した方が安心です!

郷土料理 かずみの住所・アクセスや営業時間など

郷土料理 かずみ
鹿児島県奄美市名瀬末広町15-16
0997-52-5414
【営業日】
基本17:00–23:00【定休日】
月曜日【営業時間】
17:00 – 23:00
ぐるなびで詳細を見る・予約する ※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍郷エリアのおすすめスポット

龍郷町は笠利町と名瀬のどちらにもアクセスしやすいエリア。1年を通じて手広海岸には国内外からサーファーが集まります。また、奄美独自の染色方法である泥染が体験できたり、伝統工芸品 大島紬の生産工程を見学できるスポットも。奄美の文化を知るにはおすすめのエリアです。

14. 【見る】ハートロック

PIXTA

ハートロックは、龍郷町赤尾木集落の東側に面する東海岸にあるハート型の潮だまりのことです。干潮時の時のみ現れるので、見れた人はラッキー!

PIXTA

写真映えもするため、観光客もわざわざ足を運んでいく場所として近年話題となっています。カップルの方には特に足を運んでいただきたい隠れスポットです。

ハートロックの住所・アクセスや営業時間など

ハートロック
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木
0997-62-3111
【営業日】
なし【定休日】
なし【営業時間】
なし
http://www.town.tatsugo.lg.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15. 【体験する】(有)金井工芸

Marina

時間に余裕のある方は奄美大島特有の染色方法 泥染を体験もおススメ。泥染めは、奄美大島特有の染色方法。島内に自生するシャリンバイという低木常緑樹からつくられた染料で染めた後に、泥田に浸す作業を繰り返して作られます。

引用元: instagram

金井工芸では、手持ちのふきんや洋服などを持ち込んで気軽に本格的な染めを体験出来るので一般のお客様はもちろん、服飾作家、アパレルメーカーの方にも人気!国内外のアパレルメゾンからも依頼を受け染色を行っている、金井工芸のセンス溢れる併設ギャラリーの作品を見るのも楽しいです。

(有)金井工芸の住所・アクセスや営業時間など

(有)金井工芸
鹿児島県大島郡龍郷町戸口2205-1
0997-62-3428
【営業日】
通常:10:00–17:00【定休日】
日曜日【営業時間】
10:00 – 17:00
http://www.kanaikougei.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

16.【見る・体験する】 大島紬村

ここでは奄美大島が誇る日本を代表する絹織物、本場奄美大島紬の製造工程が見学できます。案内にはすべてガイドがついて、製造工程を一つ一つ説明してくれます。

Marina

 

奄美大島紬村は約1万5千坪の敷地に本場奄美大島紬生産工場をはじめ、亜熱帯植物等を庭園内で見ることができるほか、実際に大島紬の手織り体験などもできるので興味のある方は是非足を運んでみてください。手取り足取り職人さんが優しく教えてくださいます。

大島紬村の住所・アクセスや営業時間など

大島紬村
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1945番地
0997-62-3100
【営業日】
通常: 9:00 – 17:00【定休日】
年中無休【営業時間】
9:00 – 17:00
http://www.tumugi.co.jp/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

17. 【見る・体験する】水間黒糖

Marina

 

出来立ての黒糖を食べることのできるのが、水間黒糖。なんと毎朝4時からスタートしている製糖工場と販売所は併設になっていて、午前中に行くと工場の製糖の様子を見ることが出来ます。

余計なものを使わず昔ながらの製法で手間ひまかけてつくられているので、とても美味しく地元でも人気の黒糖屋さんです。さとうきびの糖度など、その時々によって少し味が違うので試食してみるのがおすすめ。珈琲にもよく合うので珈琲好きな方へのお土産にもおススメです。

水間黒糖の住所・アクセスや営業時間など

水間黒糖
鹿児島県大島郡龍郷町中勝1400
0997-62-2431
【営業日】
通常:8:30〜18:00【定休日】
月曜日【営業時間】
8:30 – 18:00
※製糖見学が出来るのは午前中のみ

18.【遊ぶ】 ビッグⅡ

奄美大島での旅の途中、何か必要になったり、最後にお土産をまとめて買ってお得に発送したいなという時は、便利なローカルのホームセンター「ビッグⅡ」へ行くのがおすすめです。

奄美のお土産商品が比較的バランスよくそろっている上、食品やお酒、日用品、洋服、アウトドア用品に至るまで色々な商品が揃っているので何か困ったときはここにくれば一安心です。外には小さな公園と動物園があるのでお子さん連れの休憩にも是非訪れてみて。

ビッグⅡの住所・アクセスや営業時間など

ビッグⅡ
鹿児島県大島郡龍郷町中勝字奥間前580番地
0997-55-4100
【営業日】
通常: 10:00 – 20:00【定休日】
不定休【営業時間】
10:00 ~ 20:00
https://www.big2.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ