深妙寺の開創は平安時代!長野県下最大規模のあじさい寺

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

200種類2500株もの紫陽花は見ごたえがあるんだに~

長野県でも最大級のあじさい寺として知られる深妙寺には、毎年7月になるとあじさいの美しい姿をひと目見るために多くの観光客が訪れます。深妙寺のみどころとアクセス情報をまとめたので、おでかけの際の参考にしてください。

 深妙寺は歴史あるスポット

平安時代に開創された日蓮宗の寺院

平安時代に開創された日蓮宗の深妙寺は、長野県伊那市の広域農道沿いにあるのどかな雰囲気のお寺です。深妙寺は源頼朝として知られる工藤祐経の子供、犬房丸が伊那に流された後に帰依していた場所。現在ではあじさい寺として有名になりましたが、もともとの歴史が古く、日本一の石臼庭園としても知られています。

長野県最大のあじさい寺

初夏の楽しみあじさい祭り

深妙寺は長野県でも屈指のあじさい寺として知られ、境内には日本あじさいを中心とし、約200種類2,500株のあじさいが咲き誇ります。毎年7月上旬頃には深妙寺あじさい祭りを開催。祭りの会期中には茶菓サービスがあるほか、夜は数日の期間限定であじさいをライトアップします。駐車場の近くにはあじさいのほかに睡蓮や蓮も美しい花をつけるのでお見逃しなく。

涼しげに咲く紫陽花

境内はアップダウンがあるため、履きなれた靴と動きやすい服装でお出かけしてください。白や桃色、紫や青などバリエーション豊かなあじさいが花を付けます。長野県でも最大級のあじさい寺なので見応え充分。道を進んでいくと洞窟のようなトンネルがあり、散策を満喫しながら花を愛でることができます。

春にはツツジやさくらの花も

深妙寺はあじさいで知られていますが、池泉式庭園では春になるとツツジやサツキが咲き誇り、可憐な姿を参拝客に楽しませてくれます。池泉式庭園の奥には斜面があり、あじさいの時期になると斜面一面が花に覆われて壮麗です。その美しい光景をひと目見ようと、あじさいのシーズンには県内外から15,000人以上の観光客が足を運びます。

自然豊かで不思議なパワーを感じる庭園

33体の観音像が鎮座する境内

本堂前から裏山へ伸びている遊歩道を進んでいくと、観音様の石像を目にするでしょう。遊歩道全体で33体建立されている観音様の石像は参拝客を見守るような優しい笑みをたたえています。遊歩道には順路が示されているので、その通りに進めばあじさいを見落とすことなく楽しめるでしょう。穏やかな表情の観音様に見守られながらあじさいを鑑賞すれば、心が洗われるような気持ちになる事間違いありません。

耳を澄ますと音が聴こえる蛙の石

本堂の右側には石臼、お釈迦様、そして蛙の石があります。蛙の石は水をかけると音がなく仕組みで、その音が蛙の鳴き声のように聞こえるからその名前が付けられました。実際にやってみるとたしかに音が聞こえるので驚きです。境内の至るところに石臼が敷き詰められていますが、その数はなんと2,000個にもなります。

日蓮宗の御朱題を拝受

アジサイが描かれた御朱印が可愛い

一般的には御朱印と呼ばれていますが、深妙寺は日蓮宗に属しているため、御朱印ではなく御首題といいます。御首題は日蓮宗の題目である南妙法蓮華経と記され、日付やお寺の名前を書き入れます。ちなみに、深妙寺の御首題は文字がヒゲのようにはねているので、ひげ文字、もしくは髭題目と呼ばれているのだそう。右下にあじさいの花が描かれている御首題は深妙寺ならではです。

 深妙寺へのアクセス

車でのアクセス

新宿からは中央道を利用し、伊那インターチェンジで下りてください。ここまでの所要時間は約3時間です。伊那インターチェンジからは約15分かかります。名古屋からは同じく中央道を利用し、小黒スマートインターチェンジで下りてください。ここまでの所要時間は約2時間です。小黒スマートインターチェンジからはおよそ5分かかります。

電車でのアクセス

JR松本駅から最寄り駅のJR伊那市駅までは約1時間30分かかります。JR伊那市駅に到着したら、そこからタクシーに乗り換え約10分の所要時間です。

住所|〒399-4431 長野県伊那市西春近小出三区 小出三区3160
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|公式ページを要確認
電話|0265-72-5070
公式サイトはこちら