銀山温泉でのんびり楽しい休暇の過ごし方

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Machi

東京都出身。もともとは転勤族で日本各地を転々と。得意なエリアはスペイン。観光地だけでなく旅から現地の生活スタイル・文化コンテンツを探し出すことが大好き。

一緒に温泉さ、あいべ!

山形県尾花沢市にある、最上川の支流銀山川沿いにある銀山温泉。NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台になった土地として有名な、山村にあるコンパクトな温泉街です。木造多層建築の旅館が建ち並び、秘湯とされた風情が感じられる景観を残しています。そんな銀山温泉を紹介していきます。

ゆっくりのんびり温泉旅行

奥州街道から約10kmと離れ、ドラマの舞台となるまでは秘湯とされた銀山温泉。大正から昭和にかけての木造建築が並ぶ街並みは、まるでタイムスリップしたような気持ちになる風景です。そのレトロな雰囲気の中で浴衣を着て食べ歩きをすれば、より都会の喧騒を忘れられるでしょう。

家族でいけば穏やかな時間が、恋人と一緒の旅行であればロマンチックな雰囲気と、ともに過ごす相手によって景色の見え方も変わるといわれる温泉街です。

温泉街の位置情報とアクセス

所在地は山形県ですが、宮城県との境に位置しているため、県の中心地の山形市からでも車で約1時間かかります。関東近郊から向かう場合は、新幹線とバスを乗り継いで向かう事になります。交通機関利用の場合は、運行本数が限られているので事前に調べておきましょう。

便利とは言い難い場所にありますが、だからこそ大正モダンが感じられる街並みが残っているともいえます。秘境へ向かう事を楽しんでください。

旅程の立て方

名前が示すように、もともとは銀山があった場所で街からはかなり奥へ入ったところにある温泉地。電車の場合は、最寄りの駅からバスへ乗り換えさらに30分以上かかります。そのため複数の観光地を回って、それから温泉というには不向きな場所。もしいきたいところがあるなら、観光をしてから温泉街へ着く予定を立てましょう。

温泉街は1時間もあれば、徒歩で一回りできるような規模です。風情のある建物や景色が楽しめる、散策をするにも魅力的な土地。昼間と夜とでは、感じ方も違うのでぜひ時間をずらして散歩をしてみましょう。

温泉街までの道のりで見つけられるものとは

ベトナムのイメージのある菅笠に山形を代表する紅花をつけて、街を練り歩く花笠音頭の発祥の地である尾花沢市。銀山温泉へ向かう車窓から見える小さな池で、大正時代に土木作業をしていた人たちが、暑さを紛らわすために笠を脱いで踊り合ったのが始まりです。

現在では、多くの観光客が集まる東北五大祭のひとつに数えられ、尾花沢市にとって最大のイベントとなっています。

宿は早めに抑えよう

秘湯と呼ばれたころのイメージを残すのは、木造建築の街並みだけで、現在は人気の温泉地となっている銀山温泉。ホテルや旅館は限られているだけに、計画を立てたら2カ月ぐらいまでには予約を入れるようにしましょう。旅館によっては送迎バスがでます。交通アクセスを考えると、利用したいサービスなので予約の際に確認をしておきましょう。

特徴ある気候

銀山温泉は、盆地にある季節によって気温差が激しい土地。夏は暑く、冬は豪雪地帯となるほどで、3月末でも雪が残り軒下にはつららもあるぐらいです。

ただこの気温差がある土地が、名産になっているスイカを生み出しています。フルーツ王国といわれる山形は、桃やさくらんぼのイメージが強いですが、夏に銀山温泉へいく場合は名産のスイカをいただきましょう。

温泉街で食べ歩き

温泉へ入るだけでなく、地元の食材を使った料理を食べるのも旅行の楽しみのひとつです。食べ歩きをしながら、散策をするのは旅先ならではの行動パターンといってもいいでしょう。まずおすすめなのが、山形代表と名付けられた果汁100%のジュース。その年の果物の出来次第で味が変わるという、8種類のジュースは濃厚な味わいです。

どこか懐かしい味のカレーパン

続いて紹介するのは、レトロな雰囲気のするピンク色に塗装された、はいからさんのカリ―パンのカレーパン。もちもちした食感とひき肉がたっぷり入った具の相性が良く、食欲を増す効果があり小食の人でもひとつでは足りなくなるほどです。テイクアウトも可能で、食べ歩きにもぴったりの軽食。ほかにも和菓子やアイスクリームが販売されています。

くぢら餅ってなに

温泉街で何度も目にする、くぢら餅の文字。山奥に似つかわしくない名前と感じますが、海にいるのはクジラでこちらはくぢらです。日持ちする事から、久持良餅といわれたのが平仮名になったという説はありますが、はっきりした事はわかりません。

わかっているのはおいしいという事。もち米とうるち米を使用していて、この地方では桃の節句に食べる風習があるといいます。とくにくるみ入りは、優しい味わいで栄養価が高く、小腹が空いた時にぴったりのおやつです。

立ち食いとうふ屋さん

立ち食いとうふ屋があるのは、温泉街の入り口です。滑らかな口当たりのとうふで、リピーターも多い人気のおとうふ。ただ個人店であるため、数が限られ昼過ぎには完売してしまう事もあるそうです。確実に手に入れたいのであれば、午前中に買っておきましょう。

山形のB級グルメ 芋煮

グルメフェスでも登場する、山形の郷土料理芋煮。醤油味がベースで、里芋やネギ、ごぼうと肉が入ったシンプルな鍋料理です。この地方では祝いの席で振る舞われていたという料理で、収穫した芋を供え物として神々に献上したという伝説も残っています。腹持ちが良いので、観光する前に食べておくといいでしょう。とくに冬はその温かさに、ありがたみが感じられます。

インスタ映えするお団子

1日に1,000本のだんごを売った事がある事から、最上川千本だんごと名付けられた、もともとはとうふ屋だった店が作っただんご。新幹線の場合の最寄り駅、大石田駅から15分ほど歩いたところにお店があります。

ずんだやゴマにあんこが、だんごをサンドイッチするように盛大にかかる一品。ソースともちもちしただんごの相性の良さを感じさせるおいしいおやつです。それだけでなく、写真映えするとスマホを構える人も多くいるフォトジェニックなおだんごです。

周辺の観光スポット

銀山温泉街から徒歩20分ほどにあるのが、入り口近くに白銀の滝がある白銀公園。冬場は気温が低く凍っている場合もありますが、夏にいけばたっぷりとマイナスイオンを浴び、涼を取れるスポットです。通常は2本の滝ですが、水量が多い場合は3本落ちる姿が見られる事もあります。

山形城公園を散策

観光スポットが少ない銀山温泉周辺ですが、市内まででれば史跡を見る事ができます。その代表格が、日本百名城にも指定されている山形城。関ケ原の戦いで上杉勢が侵攻した際、霞がかった状態で位置を確認された事から、霞城の異名ももっています。現在は一部が復元されているほか、博物館や野球場など公園としてのんびりと散策できるように整備されています。

銀山温泉街からほかの観光地には、観光列車が走っているエリアもあるので調べるといいでしょう。

俳人で有名な地

松尾芭蕉が俳句を詠んだ地として知られている、山寺の愛称をもつ立石寺。海外からの観光客にも人気の山の上にあるお寺で、参拝客は1,015段の階段を登り境内を目指します。登りきって見える景色は、山に囲まれた麓の町や扇状地など絶景というだけでなく、自然とともに生活する人たちの生活感が胸に迫ってくるものです。

銀山温泉へのアクセス

電車・バスでのアクセス

JR山形新幹線で山形駅から奥羽本線大石田駅下車、バスで尾花沢へ行き乗り換えてさらにバスで銀山温泉。所要時間は山形駅より約95分です。

車でのアクセス

東北自動車道古川ICで降り、国道47号、国道347号を経由で約1時間40分。村田JCTから山形北ICで降り、国道13号、国道347号を経由で約1時間です。駐車場は各宿泊施設を利用。日帰りの場合は、無料の銀山温泉共同駐車場が温泉街中心地まで徒歩約10分にあります。

住所| 山形県尾花沢市
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0237-28-3933
公式サイトはこちら

まとめ

おいしく素朴な食べ物と、大正ロマンが感じられる街並みは、温泉とともに静けさを堪能するために訪れる場所。最寄り駅から離れ、宿数も限られているので早めに予約をしておきましょう。駅や市街地からは離れていますが、だからこそ味わえる秘湯気分を満喫できます。