クリーランド・ワイルドライフパークで動物と触れ合おう!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: yui

出身地は北海道札幌市。得意なエリアは東南アジアです。世界遺産と写真とグルメが大好き。世界の海でダイビングもしています。

アデレードのコアラやカンガルーと近づける自然保護区

できるだけ自然に近い環境で動物を飼育しているクリーランドワイルドライフパーク。エミューやディンゴ、ウォンバットなどのオーストラリアにしかいない動物を観察できる施設です。コアラを抱っこできるので、動物好きにはたまりません。今回はクリーランドワイルドライフパークの魅力に迫ります。

クリーランド・ワイルドライフパークとは


クリーランドワイルドライフパークとは、オーストラリアのアデレードから、車で20分ほど離れた自然動物保護区です。この保護区では、カンガルーやコアラなど、オーストラリア特有の動物たちが、自然に近い環境で飼育されています。コアラが抱っこできるオーストラリア国内では珍しい場所です。動物が好きという方は、ぜひ一度足を運んでもらいたい施設です。

クリーランドワイルドライフパークで見られる動物たち

まるでぬいぐるみのようなコアラが間近に

クリーランドワイルドライフパークの目玉はやっぱりコアラ。コアラは1日に22時間も眠っているので、起きている時に出会えたらラッキーかも知れません。入場料とは別料金になりますが、コアラを抱っこしている写真を撮影してもらえます。コアラは寝ていても起きていても、ほわほわの毛に包まれているぬいぐるみのようで飽きることがありません。

まるで自然の中のカンガルーに出会ったよう

できるだけ自然に近い環境を保っているクリーランドワイルドライフパークでは、実際に自然のの中で生活しているようなカンガルーを観察できます。カンガルーはジャンプをしながら移動したり、木陰で寝ていたりしています。園内ではカンガルーの餌が販売されているので、カンガルー好きならぜひ餌付けしてみましょう。自分の手から直接餌をあげられます。

エミューも放し飼いされている

こちらはダチョウに次いで大きな鳥として知られるエミュー。園内をのんびり散歩している姿を楽しめます。エミューはオーストラリア特有の飛ばない鳥で、オーストラリアの先住民であるアボリジニの神話にもたびたび登場します。エミューは広い園内に数羽しかいませんが、かなり目立つ鳥なので、遠くからその姿を見つけることができるでしょう。

ペリカンは餌付けの時間をチェックしよう

オーストラリアに生息しているペリカンは、腰の周りが真っ黒のコシグロペリカンです。せっかくクリーランドワイルドライフパークまで来たなら、Feeding Timesに訪れるのがおすすめ。園内の動物に餌をあげるイベントです。詳しい時間はホームページに掲載されているので、お出かけ前に確認するようにしましょう。大きな口を開けて餌をおねだりするペリカンの姿は貴重です。

貴重なディンゴも見ることができる

オーストラリアに生息している野犬のディンゴ。ただし、主としては狼に分類されるようです。決まった時間に飼育員さんからディンゴについて解説を受ける事ができます。英語だけでの説明だけなので注意してください。外見はどこから見ても犬ですが、オーストラリアのみに生息する貴重な種の一つです。まるで秋田犬のようなルックスに夢中になってしまいそう。

ブサ可愛いで人気!愛らしいウォンバットも

こちらもオーストラリアにしか生息していないウォンバット。かなり近くで観察できるのがうれしいポイントです。ちょうど餌の時間にぶつかると、餌が入っているタライに一心不乱となって顔を突っ込むウォンバットの姿が楽しめます。ウォンバットは基本的に夜行性なので、ナイトウォークに参加すればウォンバットの活動的な姿を見れるかもしれません。

クリーランドワイルドライフパークへのアクセス

車でのアクセス

アデレートしないからおよそ20分です。

バスでのアクセス

823番のCrafersからクリーランドワイルドライフパーク行きのバスが運行されています。

住所| 365 Mount Lofty Summit Road, Crafers, Sa 5152
営業時間|AM9:30-PM17:00
定休日|12/25
電話|(08)83392444
公式サイトはこちら