大阪府立中之島図書館は100年以上愛されるナニワの宝庫!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

レトロな建物がほんまいい味だしてるわ~!

レトロな建築が美しい大阪府立中之島図書館は、専門書や貴重な資料を蔵書している図書館で、雑貨や小物を販売するショップや、デンマークをイメージしたカフェも営業しています。大阪府立中之島図書館の魅力やポイントを詳しく紹介していきます。

大阪府立中之島図書館はどんなところ

レトロモダンな建物が素敵な図書館

悠久の歴史を感じさせる近代建築物が数多くある中之島エリアでもひときわ大きな存在感を放っている中之島図書館。明治に建設された図書館で、その重厚感のある建物は今も現役。もちろん現在も図書館としての役割を全うしています。中之島図書館が普通の図書館と異なるのは、ビジネス専門の資料や書籍が充実しているという点。館内にはカフェやギャラリーもあるため、読書に疲れたらちょっと一休みしましょう。

中之島図書館の中に入ってみよう

格調高い雰囲気を味わおう

レトロモダンでハイセンスな外観はもちろん、建物の内側も格調高い雰囲気を感じさせます。正面の玄関にある階段を上った入口から入れば、建物のメインである2階から見学する事ができます。図書館の歴史について説明された大きなパネルがホールにあるため、図書館への理解をより深めたいという方はぜひチェックしてください。

大階段を上って3階へ

時間が止まったように感じさせるこちらの大階段はまるで教会に来たかと錯覚させるような作り。階段の左右には2つの銅像が立ち、それぞれ野生・知性を表現したものです。階段の上は吹き抜けになっていて、最上部を見上げれば天井がドーム状になっていることがわかります。これだけレトロな雰囲気を感じさせる建物は貴重ですね。

雰囲気を楽しみながら自由に見学しよう

次は大階段を上って3階へ行ってみましょう。3階には大阪に関する古典籍室や記念室があるほか、イベントスペースが設けられています。館内は自由に見学する事が可能ですが、読書や調べごとに集中している人もいるので、その人達の邪魔にならないよう静かに見学してください。毎週土曜日にはガイドツアーが開催されているので、中之島図書館の歴史や建築についてより理解を深めたい方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

ここでしか読めない貴重な資料も

中之島図書館が普通の図書館と違うのは、ビジネス資料や情報誌が充実している点。大阪に関する地理や歴史の本も取り扱っています。他の図書館では所蔵されてないような貴重な資料もあり、専門書が数多く並びます。パソコンが使える部屋では無線LANを利用できるため、パソコンでの作業が捗るでしょう。利用者の多くが利便性の高さを証明しています。

中之島図書館をとことん楽しもう

おしゃれなグッズを手に入れよう

正面玄関から右手に曲がったところにあるのはライブラリーショップ。このお店は雑貨や文具を取り扱い、シンプルなデザインのものを数多く取り扱っています。また、子供向けの商品も販売し、中之島図書館の外観を模したグッズも販売しているため、ちょっとしたお土産を買うのにもおすすめです。トートバッグなどの実用性の高い商品も並んでいます。

図書館の中にカフェがオープン

読書で疲れたらちょっと休憩していきましょう。図書館内にはデンマークの郷土料理をテーマにしたカフェがあり、看板メニューはライ麦パンにさまざまな食材を乗せたオープンサンド。見た目が可愛くSNS映えもバッチリです。カフェの場所は正面入口の右側通路を突き当たった所。休日は特に込み合うので、受付名簿に名前を記入し順番待ちをする必要があります。

大阪府立中之島図書館へのアクセス

車でのアクセス

阪神高速12号の守口線南森町出口から車でおよそ5分です。図書館に駐車場はないため、周辺のコインパーキングを利用するか、公共交通機関でおでかけください。

公共交通機関でのアクセス

京阪本線、もしくは地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅から徒歩4分です。

住所|〒5300005 大阪府大阪市北区中之島1丁目2-10
営業時間|AM9:00-PM20:00 土曜日は17:00まで
定休日|日曜日、国民の祝日、年末年始、3月、6月、10月の第2木曜日
電話|06-6203-0474
公式サイトはこちら